プロ野球のキャンプインまで約半月となり、各球団の今シーズンへ向けての陣容もほぼ固まった印象を受ける。新戦力にどうしても注目が集まるが、球団の将来を考えるとやはり重要になるのが若手プレイヤーの上積みである。昨年もオリックスでは宇田川優希、山崎颯一郎、ヤクルトでは木沢尚文、長岡秀樹が飛躍を遂げ、チームのリーグ優勝に大きく貢献した。そんなチームの将来を担う若手選手について、充実度をランキング形式で評価してみたいと思う。若手選手の対象としては2023年の満年齢が24歳以下とし、一覧の()の選手は育成選手となっている。また、今年のルーキーについては対象として考えず、あくまで昨年の成績で評価した。今回はパ・リーグの6球団についてだ。

*  *  *

■1位:オリックス(前年のランキング1位)

一軍主力投手:宮城大弥、本田仁海
一軍主力野手:紅林弘太郎
一軍戦力投手:
一軍戦力野手:野口智哉
二軍主力投手:東晃平、山下舜平大、(椋木蓮)、(佐藤一磨)
二軍主力野手:福永奨、太田椋、元謙太、来田涼斗、池田陵真、渡部遼人

 昨年も1位だったオリックスを2年連続でトップの評価とした。山本由伸は若手の年齢を卒業したが、宮城と紅林の2人がいわゆる“2年目のジンクス”(実質はプロ3年目)に苦しみながらも、ある程度の結果を残したことは大きい。投手ではリリーフの本田、野手ではルーキーの野口がしっかりと一軍の戦力になったこともプラスだ。

 二軍を見ても投手は椋木の故障は痛いものの、シーズン後半に山下が大きな成長を見せたことは非常に楽しみだ。また野手もあらゆるポジションに将来のレギュラー候補が揃っている印象を受ける。今年は主砲の吉田正尚がメジャーに移籍したが、その穴を埋めるための若手の競争も活発になることが期待できるだろう。

■2位:ロッテ(前年のランキング3位)

一軍主力投手:佐々木朗希
一軍主力野手:安田尚憲、山口航輝
一軍戦力投手:
一軍戦力野手:松川虎生、藤原恭大、和田康士朗
二軍主力投手:土居豪人、森遼大朗、横山陸人
二軍主力野手:池田来翔、山本大斗、西川僚祐

 投手では佐々木朗希、野手ではチームトップのホームランを放った山口とルーキーの松川が存在感を示し、一軍で戦力になっている選手が多いことから2位とした。ただ気になるのは佐々木に続く投手の存在だ。数年前までは楽しみな若手が揃っていた印象だったが、故障もあって停滞している選手が目立つ。ここに名前のない投手をいかに引き上げることができるのか。吉井理人新監督の手腕が問われることになりそうだ。

 一方の野手は期待の藤原が少し停滞が続いているのが気がかりだが、山口以外にも二軍で強打者タイプが育ってきている印象を受ける。池田、山本、西川が一軍でも結果を残すことができれば、長年の課題である長打力不足解消も期待できそうだ。


■3位:西武(前年のランキング2位)

一軍主力投手:平良海馬
一軍主力野手:
一軍戦力投手:隅田知一郎、佐藤隼輔
一軍戦力野手:古賀悠斗、滝澤夏央
二軍主力投手:渡邉勇太朗、浜屋将太、赤上優人、(豆田泰志)
二軍主力野手:長谷川信哉、山村崇嘉、川野涼多、高木渉

 投手では平良が順調に球界を代表するリリーフへと成長。今年からは先発に転向するが、ボール自体の力は圧倒的なものがあるだけに、新たなローテーションの柱として期待できるだろう。ドラフト上位指名で入団した隅田、佐藤の2人も苦しみながら一軍でそれなりの成績を残している。渡邉、浜屋が二軍で停滞しているものの、全体的には悪くない若手投手陣と言えるだろう。

 一方で課題が多いのは野手陣だ。昨年は古賀、滝澤のルーキー2人が戦力になったものの、期待の大きかった渡部健人、ブランドンなどはまだ二軍暮らしが続いており、将来の中軸はまだまだ見えてこない。昨年のドラフトで指名した蛭間拓哉、古川雄大の2人をいかに早く戦力にできるかが今後のカギを握ることになりそうだ。

■4位:日本ハム(前年のランキング4位)

一軍主力投手:吉田輝星、北山亘基
一軍主力野手:清宮幸太郎、野村佑希
一軍戦力投手:根本悠楓
一軍戦力野手:万波中正
二軍主力投手:
二軍主力野手:田宮裕涼

 昨年就任した新庄剛志監督が多くの選手を起用したこともあって、主力の顔ぶれは入れ替わり、若手が台頭してきた印象を受ける。特に投手の吉田、野手の清宮と野村は早くから期待の大きかった選手であり、才能開花の兆しが見られるのは大きなプラスだ。根本、万波の2人もまだまだ若いだけに、今年はさらなる飛躍が期待できるだろう。

 一方で気になるのは二軍の主力が極めて少ない点だ。投手では達孝太、畔柳亨丞、松浦慶斗、野手では有薗直輝、阪口樂と高校卒の選手を一昨年のドラフトで多く獲得しているが、まだまだ不透明な部分が多い。昨年のドラフトは即戦力重視だっただけに、ここで挙げた選手たちを鍛えながらも、今年のドラフトでは高校生の有望株を再び多く狙いたいところだ。


■5位:ソフトバンク(前年のランキング5位)

一軍主力投手:
一軍主力野手:三森大貴
一軍戦力投手:
一軍戦力野手:
二軍主力投手:田上奏大、スチュワート・ジュニア、尾形崇斗、(三浦瑞樹)
二軍主力野手:渡邉陸、リチャード、川原田純平、増田珠、野村大樹、正木智也

 野手ではようやく三森がレギュラーに定着したが、それ以外の若手はなかなか一軍定着を果たすことができず、昨年に続いて5位という評価となった。ドラフト上位で指名した投手が苦戦することが多く、育成ドラフト出身の選手は一軍定着に時間がかかるため、どうしても一軍は若手が少なくなる傾向が強い。

 ここ数年は高校生の好素材を上位で指名し、4軍制も導入するなど将来を考えての投資は目立つものの、まだまだチームの具体的な将来像は見えてこない。ここ数年のうちに、投手も野手も太い柱になりそうな選手が出てこなければ、さらに苦しい状況になる可能性は高いだろう。

■6位:楽天(前年のランキング6位)

一軍主力投手:
一軍主力野手:
一軍戦力投手:西垣雅矢
一軍戦力野手:武藤敦貴
二軍主力投手:松井友飛、(王彦程)
二軍主力野手:黒川史陽、入江大樹

 昨年に続いて一覧に名前が挙がった選手は12球団で最少となる6人で、2年連続で最下位という評価になった。投手で名前の挙がった西垣と松井は来年には25歳となり、その下の世代は二軍でもほとんど目立った成績を残すことができていない。昨年のドラフトでは支配下指名の6人中5人が投手だったが、高校生は0であり、目先の補強に終始したという印象は否めない。

 一方の野手も武藤、黒川と高校卒の好素材がいるのは救いだが、昨年投手中心のドラフトを行ったこともあって、支配下の若手野手の数自体が非常に少ない状態は続いている。近年実績のある選手を集めてチームの成績は少し上向いたものの、もう少し若手に目を向けなければ再び低迷する危険性は高いと言わざるを得ないだろう。

(文・西尾典文)

セ・リーグも併せてお読みください→巨人&中日は選手揃ってきた印象、1位はどこ? “若手充実度”ランキング【セ・リーグ編】

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。