プロのアスリートには、身体能力が優れた選手が多い。その中でも「プロ野球の投手」は最も身体能力が抜きん出ていると言われる。二刀流・大谷翔平(現エンゼルス)はその最たるものだが、中には俊足の投手も存在する。

 まず思い出されるのが、NPBで通算7年間プレーしたドミンゴ・グスマンだ。

 188センチ、102キロの巨体ながら、野球を始める前にやっていたバスケットで鍛えた俊足が売りだった。

「グスマン」の登録名だった横浜時代の2002年10月1日の広島戦で来日初盗塁を決めているが、ファンに鮮烈な印象を残したのが、中日時代の04年7月29日の阪神戦だ。

 5対3とリードの6回1死一塁で打席に立ったドミンゴは送りバントを試みたが、投ゴロで2死一塁となった。走者が投手に替わったので、井川慶−矢野輝弘の阪神バッテリーは警戒を緩めた。

 ところが、次打者・荒木雅博のとき、ドミンゴは大きな体を躍らせながらスタートを切ると、怒涛の勢いで二塁にヘッドスライディングを決め、セーフになった。投手の盗塁は、シーズン初めての珍事だった。

 そして、荒木も安打で続き、2死一、三塁とチャンスを広げたあと、ドミンゴは井端弘和の右前安打で6点目のホームを踏んだ。

 投げて、走って、勝ってとくれば、最高の“ドミンゴ・デー”になるところだったが、7回に金本知憲の3ランなど2被弾で逆転され、チームも延長12回サヨナラ負けという皮肉な結果に。

 ドミンゴは「金本に打たれた2本(1回の2ランと7回の3ラン)は失投だった。これ以上は何も話したくない」と悔しがり、盗塁については触れずじまいだった。

 投手にとって大事な手を負傷することを案じた森繁和コーチは、足から滑り込むことを教えようとしたが、ドミンゴ本人に覚える気がなかったため、以後、盗塁はご法度となった。

 前記の阪神戦でも送りバントを3度失敗し、バントを苦手としていたドミンゴだが、うまく決まったときは、「荒木より速い」と評された俊足で、内野安打も何度か記録している。

 投手ながら50メートル6秒1の俊足だったことから、楽天・星野仙一監督からポストシーズン用の“秘密兵器”と期待されたのが、福山博之だ。

 13年10月12日のシーズン最終戦のオリックス戦、すでにリーグ優勝を決めていた楽天は、7回1死一塁で4番・ジョーンズが四球で出塁すると、「代走・福山」が告げられた。

 福山は前日の練習の30メートル走で、盗塁王を3度獲得した松井稼頭央に勝つほどの俊足ぶりを披露。5日後にCSを控えていた星野監督が、試合終盤に野手を使いはたしたときの代走要員として、福山を実戦でテストしてみたくなるのも、もっともな話だった。

 しかし、1死一、二塁で、次打者・岩崎達郎は三ゴロ併殺に倒れ、自慢の快足は披露できずじまい。

「明日からベースランニングさせないと」となおも意欲を見せた星野監督だったが、残念ながら“投走二刀流”は、CS、日本シリーズともに、本職の投手も含めて出番なしで終わっている。

 野手顔負けの走塁でチームの勝利に貢献したのが、楽天・石橋良太だ。

 19年6月20日の阪神戦、2対2の7回、石橋は1死一塁で送りバントを試みたが、投ゴロで一塁走者・太田光が二封されてしまう。一塁に残った石橋は続投予定のため、代走を送ることができない。

 その後、石橋は茂木栄五郎の安打で二進し、2死一、二塁で島内宏明が中前安打を放つ。投手の走者が二塁から本塁を狙うのは、一か八かの賭けだったが、笘篠誠治三塁コーチは、迷うことなくゴーサインを出した。

 三塁を回った石橋は、微妙なタイミングながら、捕手・梅野隆太郎のタッチを間一髪かわすと、左足から果敢にスライディングして、見事ホームイン。値千金の1点をもたらした。

 実は、石橋は明徳義塾高時代に二塁手として甲子園に出場し、拓大でも投手兼内野手の二刀流だったので、走塁もお手のものだったのだ。

「試合でスライディングしたのは、大学以来。10年ぶりです」という石橋は、8回途中から3投手のリリーフを仰ぎ、自らの足で稼いだ得点で勝ち投手になった。

 一方、全力疾走がアダになって、投手生命に影響するアクシデントに見舞われたのが、大洋のエース・遠藤一彦だ。

 87年10月3日の巨人戦、14勝を挙げ、3年ぶり3度目の最多勝を目前にしていた遠藤は、この日も巨人打線を4回まで1安打無失点に抑えた。

 そんな矢先、1対0とリードした5回に思わぬアクシデントが起きる。この回、先頭の遠藤は二ゴロエラーで出塁。次打者・高木豊も左翼線に安打を放った。投手なら二塁で止まってもおかしくない場面だったが、足に自信のある遠藤は、レフト・吉村禎章が打球処理にもたつくのを見ると、一気に三塁を狙った。

 ところが、二塁を回った直後、右足に「後ろから蹴飛ばされたような」異状を感じる。それでも、左足だけでケンケンしながら、倒れ込むようにして三塁に到達したが、激痛のあまり、起き上がることができない。

 そのまま担架で搬送され、病院で検査を受けた結果、右足アキレス腱不全断裂で全治3カ月と診断された。最多勝を逃したばかりでなく、投手生命も縮めてしまった。

 俊足であっても、走塁中に何があるかわからないことを考えると、やはり投手は本職第一を旨とすべきかもしれない。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」(野球文明叢書)。