7月1日から、自転車レース「ツール・ド・フランス2017」が始まった。自転車先進国のフランスでは、自転車でのんびり旅をする人も多い。



 フランスでは、自転車は「ベロ」と呼ばれて格段に愛されている。天気の良い週末には、そこらじゅうで自転車乗りの姿を見かけるし、自転車専用道の整備も日本とは比較のしようもない。さすが、ツール・ド・フランスの国。

 ツール・ド・フランスを走る選手の平均時速は45キロぐらいだが、今回のブルゴーニュ運河沿いを行く240キロの旅は時速約10キロ、1日6時間あまりをのんびりと走るだけ。そのうえ、平坦なルートだから、ママチャリでも大丈夫なぐらいだ。

 自転車は、1週間単位で借りられるレンタサイクルでも、気張って買ってしまってもいい。鮮やかな緑に輝く大地、豊かな自然が待っている──。

●迷うことない自転車道

 出発地はブルゴーニュ地方の中心都市ディジョンの港。19世紀の政治家であり、フランス近代詩の祖でもある抒情詩人アルフォンス・ドゥ・ラマルチーヌの詩のように、聞こえてくるのは小鳥のさえずり、動物の啼(な)き声、せせらぎ、木々の梢を風が揺らす音だけ。スタート直後こそ、高速道路と並走しているが、やがて、山の中に運河は進む。

 視界に広がるのは、緑の牧場。フランスはワイン同様に世界最高クラスの肉牛の産地でもある。そこにはたったひとつの看板もない。文明社会の究極の自然とはどんな風景なのかを、考えさせられる。何とも目に優しい。

 1832年に完成したブルゴーニュ運河は、大西洋へと流れるセーヌ川と、地中海に向かうローヌ川の支流ソーヌ川とを結んでいる。初日の目的地プィイリー・アン・オクソワまで運河は堰ごとに上っていくが、後はずっと下りだ。

 運河の脇を走る自転車専用道は、150を超える運河堰、運河を横切る一般道と交差しているところで上り下りがあるが、時に横断する道路の前でストップ、「左見て右を見る」(日本とは逆!)さえ気をつければ、道に迷うことも、事故の心配もない。

 犬を連れて散歩する人、釣り人、自転車に乗る人、行き交う人々と目が合ったら、「ボンジュール」とアイサツすれば、笑顔が返ってきて、なんだか、自分がフランス人になった気にさえなるだろう。

 運河沿いには見どころも多い。初日、40キロほど走ったあたりで右手の山頂に見える城はシャトーヌフ。プィイリーの港には、日本人建築家・坂茂(ばんしげる)設計の屋根の下、昔の船が飾られている。

●直近に世界遺産も

 2日目は、20キロほど走ったところにサン・ティボーの教会、山をググッと上れば、映画「ショコラ」の舞台にもなったフラブニー村。空港でも販売されている飴「アニスのボンボン」を作っている。

 さらに進むと、右手にローマ皇帝カエサルがゴール人と戦った古戦場跡、博物館前にはゴール人の要塞も復元されている。目的地モンバールの手前3キロで、必見ポイントのひとつ、世界遺産フォントネーのシトー会修道院への道案内。運河から5キロほどだが、どのスポットに行くにも運河から「上ら」なくてはならないのが、この旅唯一の泣きどころ。余力十分ならば! う〜む、泣く泣く断念。

 モンバールの博物館は、世界中から収集された鳥のデッサンが見事だ。ホテルで夕食、骨付き羊肉の煮込みが豪勢で感激!

●ミステリアスに霧の中

 3日目、出発して10キロほどの、運河脇にあるフォルジュの水車小屋は美しい。10時の開館時間に合わせてスタートすることをおススメする。

 4日目、シャブリの入り口に位置する、美しい「泉」のあるトネール発。朝からミステリアスな濃霧。霧の多いブルゴーニュならではの天気だ。この日は、途中3キロぐらい、タイヤ一本ほどの道幅の区域があるものの、あとは快適。堰と堰の距離が長くなり、下界に降りてきているなあ、という気分になる。

 終着点まで残り20キロほどのところにあるサン・フロランタンのカフェで休憩。山上に教会、小さな山に人々が暮らす、フランスの典型的な田舎の町は、一泊したい魅力に溢れている。

 トネール同様に美しい泉のあるブリアノン村で教会の正午の鐘を聞きながらサンドイッチの昼食、3ユーロ。安くて旨い! やがて、セーヌの支流である、豊かな水量のヨンヌ川との合流地点にあるミジャンヌの町に。「水豊かな地」に人あり、だ。

 しばし、旅の余韻に浸った後は(私の場合はパイプを一服)、鉄道でディジョンに。列車なら4日間の旅がわずかに1時間半。

 車窓を眺めながら、「あのあたりは──」と、まるで、誰も知らない秘密を持ったようで、ちょっと楽しい。フランスでは、自転車をそのまま持ち込んで電車に乗るのは一般的だ(無料/TGVに限って持ち込み料金10ユーロ)。

 日程に余裕があるのなら、ワイン街道も巡ってみよう。目指すのは、世界中のインポーターが毎秋集まるボーヌ。ディジョンから45キロほど、中間点のニュイ・サン・ジョルジュまで電車で行くという手もある。これなら約20キロ。

 黄葉の季節が美しいワイン街道だが、極上のワインを生む「ぶどう畑」は、やはり必見!(フォトジャーナリスト・大津慎一)

※AERA 2017年7月17日号