「趣味は何ですか?」。会話の糸口に聞かれることは多いもの。だが、これといって趣味がないと、この質問はプレッシャーだ。SNSにはリア充趣味に興じる様子がてんこ盛り。趣味界は、なんだかんだと悩ましい。インスタ映えを重視して「趣味偽装」する人、趣味仲間から抜けられずに苦しむ人もいるらしい。AERA 7月31日号ではそんな「趣味圧」の正体を探る。



 インターネットの進化で、趣味はより一層人付き合いのツールになり、「軽量化」していった。「趣味を持たなければ」という強迫観念は、そんな意識の変化から生まれたのかもしれない。

*  *  *
 7月初旬、まだ日も高い午後6時前。東京・池袋の居酒屋「はなの舞」で女性2人組の席に黄色いチョコバナナカクテルと、鶏肉のグリルと太いソーセージ、丸く盛られたご飯が三つというがっつりプレートが運ばれてきた。同店では8月6日までアニメ「おそ松さん」とコラボしたイベントが開かれ、主役の六つ子にちなんだメニューが展開されている。こちらは野球好きで黄色がイメージカラーの「十四松」メニューだ。

「ほかでも『おそ松さん』のイベントをやっていたんですが、メニューが可愛くてSNS映えするのでこっちの店に来ました」

 神奈川県から来たという20代女性は、持参のおそ松さん人形と自分とメニューをスマホでパシャリ。ツイッターに上げると、「いいね!」や「こんど一緒に行きましょう」というリプライが続々と寄せられる。

 企画を立てたはなの舞の運営会社「チムニー」の堀澤明子さんは、ファンを引き寄せるイベントのポイントは「色」にあるという。写真映えがするためだ。特に女性ファンは写真をすぐにSNSにのせるなど拡散力が強いともいう。

●人間関係に引きずられ

 趣味とは本来、きわめて個人的な営みだが、社会の変化とともに流行(はや)りすたりが存在する。

 漫画『サザエさん』には、盆栽や釣りなどを楽しむ波平、バイオリンにレコード鑑賞と時々の流行りに手を出すマスオらが趣味に興じる様子がたびたび登場する。趣味は生活に余裕が出てきたことの表れでもあり、憧れでもあった。時代が進むとマスオの麻雀、サザエのコーラスのように、趣味は人付き合いの要素として生活に浸透してくる。

 現代で静かに進行しているのが、特に若年層にみられる趣味の「ライト化」だ。博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平さんは、その背景にあるのは、「一つの趣味にのめりこむのは割に合わない、という意識です」と語る。

 経済的な制約に加えて、スマホとSNSの普及でコミュニケーションに割く時間が圧倒的に増えた。以前から趣味は人付き合いに便利な手段だったが、人とのつながりが浅く、広範囲になったことで、趣味のあり方がより人間関係に引きずられるようになっている。

「レジャー白書」2013年版では余暇活動を始めたきっかけについて調査しているが、若年層ほど「周囲同調型」(周囲の人がやっているから)、「助言重視型」(周囲の人に勧められたから)という割合が高まる。

●数カ月で変わる興味

 多数の交友関係を保ちつつ埋没しないために、「アニメ」「車」など、趣味を軸にした自分の“キャラ付け”が必要になっている、と原田さんは見る。

「そうなると、趣味を追求しすぎれば周囲から浮き、コミュニケーションが成り立たなくなる。理想は、普通の人もついていける、『アメトーーク!』程度の“ライトさ”。永続的に興味を持ち続けるのではなく、数カ月単位で変わっていくぐらいでいい、という傾向が強まっていると思います。また、モノを集めるような趣味は、どんどん弱くなっています。いいものを作れば若い人でも買ってくれるという考えは古い。いま大切なのは『インスタ映え』」(原田さん)

 ライト化の流れの中で、かつての勢いを失った趣味もある。例えば二輪車。月刊専門誌「オートバイ」によれば、現在の読者のメインは50代だ。二輪ジャーナリストの太田安治さんはこう語る。

「昔は友人や先輩、家族がバイクに乗せてくれたり、バイク乗りが女子にモテるなど、自然とバイクに興味を持つようなコミュニティーがあった。今は、そういう機会自体がなくなった」

 免許取得やバイク、ヘルメットなどのウェア等をそろえる費用が高額ということもあり、ライト化時代には参入障壁が高い趣味になってしまったのだ。

 切手などを集める郵便趣味(郵趣)。日本郵趣協会によれば、ピーク時の1980年に4万人だった会員が今は8千人に、ジュニア会員は2万人から100人を切った。希少で高価な切手を集める人が減る一方、風景をあしらった消印(風景印)と切手をあわせて集める郵便局めぐりが、仲間と一緒にスタンプラリー、小旅行気分であちこち回れると人気らしい。

「趣味は、仲間がいないと続かないものなんです」(郵趣協会)

 深み、高みを求めず、「連帯」を求める──そんな現代にマッチしたイベントが「ヘボコン」だ。技術力のない人が見よう見まねで作ったロボットで競うコンテストで、14年夏にスタートしてからファンが増え続け、今や25カ国以上で開催されている。考案者はニフティの読み物サイト「デイリーポータルZ」編集者の石川大樹さん。

「電子工作って、店でもウェブでも結構初心者に厳しかったりしてハードルの高い世界でした。『ヘボコン』はどんなロボットでも出られるし、コンテストに遅刻しても許される。その緩さに助けられています」

●交流が「主」で趣味は「従」

 YouTubeを通じてコンセプトは共有され、コミュニティーは世界中に生まれた。ネット時代、ライト時代の申し子ともいえるムーブメントだ。

 人付き合いが「主」で趣味は「従」となることで、意に沿わないことをする局面も増える──それが本特集で取り上げている「趣味圧」なのかもしれない。だが、時代の流れに逆行する動きも存在している。年6千講座、約60万人が受講する様々な趣味講座を提供している「朝日カルチャーセンター」では、発足後まもない70〜80年代に比べて「概説」「入門編」といった講座が減り、より深い各論講座が増えたという。

「趣味を人との交流の手段にしようとする人は減ったと感じます。団塊の世代、特に男性にその傾向が強く、教室内でのノートの貸し借りや飲み会みたいなものも減りました」(担当者)

 コミュニケーションが必要な趣味の講座も減っている。

「趣味が『個』のものになっていると思います」(担当者)

(編集部・福井洋平)

※AERA 2017年7月31日号