さまざまな思いを抱く人々が行き交う空港や駅。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界の空港や駅を通して見た国と人と時代。下川版「世界の空港・駅から」。第32回はインドのカニヤクマリ駅から。

*  *  *
 インド最南端の街、カニヤクマリ。この街の駅が、インド最南端駅になる。

 最南端、最北端といった表現は、“その国の”という但し書きが必要になる。

 以前、沖縄の波照間島を訪ねたとき、どうもそのあたりがしっくりこなかった。たしかに人の住む島の最南端は波照間島だが、それは日本の最南端である。南には、国は違うが、まだまだたくさんの人がいるはずだ。とくに違和感をもったのは星の話を聞いたときだった。

「最南端だから南十字星が見えます」

 といわれても、さらに南にある国に行っても南十字星は見えるわけで……と思ってしまう。ひねくれ者とは僕のような男をいうのかもしれないが。

 だから最南端とか最北端という場所はローカルな観光地になる。カニヤクマリもそうだった。インド人の観光地なのだ。

 駅に着き、ホテルを探したが、軒並み満室だった。ホテルの前にはインド人のツアー客を乗せてきた大型バスが何台も停まっていた。なんとか部屋を確保するまで1時間もかかった。

 カニヤクマリはヒンドゥー教の聖地である。市内にあるコモリン岬に立つと、インド洋、アラビア海、ベンガル湾が一度に見えるからだという。海からのぼる朝日を拝むことが、インド人のスタイルだった。

 翌朝の5時。コモリン岬にでかけてみた。インド人たちがぞろぞろと岬に向かって歩いている。沿道には貝細工やヒンドゥーの神の絵を並べた土産物屋がすでに店を開いていた。チャイ屋も灯がついている。

 海に沿って広場があった。そこから階段状が海まで続く。皆、そこに座って朝日を待っている。

 しかしその日は曇り空だった。太陽がのぼってきたことはわかるが、ぼんやりと雲の向こうが明るいだけだった。

 インドの聖地といえば沐浴である。しかしその朝、海に浸かって沐浴をしているのは数人だった。

 隣に20歳前後に見える青年がいた。沐浴はしないの? と声をかけてみた。

「汚くてできませんよ。ここは海だからまだいいけど、川の沐浴はね。両親に連れられてきたんだけど、ここあまり面白くないね」

 新しい世代のインド人である。水道の水でシャワーを浴びてきたインドの若者は、沐浴を避けるようになってきているという話は聞いたことがあった。

「昨日、駅前にできた蝋人形館へ行ったんです。そこのほうが面白かった」

 インドも急速に変わりつつある。それは宗教も巻き込んだ動きでもあるらしい。

 僕は列車でカニヤクマリに着いた。終着駅だが、降りた客は少なかった。街で聞くと、多くがトリバンドラムまで飛行機を使い、そこから車でやってくるのだという。

 宗教と鉄道──。ともに大きな変革を求められているということか。

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)
1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など