日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

*  *  *
 南無妙法蓮華経……というお経と「ポクポクポク」と響く木魚の音。「チャッチャッチャッ」というかけ声と手の動きが特徴的なバリ島の民族舞踊ケチャックダンス。この両方に共通するものは何か。規則的に繰り返される音とリズムの「シンクロ(同期)」だ。

 アンドロイドやロボットを使って人の心の研究に取り組む大阪大学大学院基礎工学研究科特任講師の高橋英之さん(37)による実験で、「音とリズムのシンクロ」が本来はそこにないものが見える「錯覚」を起こしやすくすることがわかってきた。

●神様を感じやすくする

 実験用のパソコン画面には、ロボットハンドと3台の太鼓。ロボットハンドは「ポン、ポン、ポン……」と規則的なリズムで1台の太鼓をたたく。さらにほかの2台の太鼓も、同じリズムでたたいていく。リズムに乗った状態で、2次元バーコードのようにランダムなドットが集まった絵を見ていると、そこに人や動物が浮き上がってくる、というのだ。

 調べてみると、この実験中に活発に動いていた脳の部位には、実際に何かを見ているときに活動が活発化する視覚野が含まれていた。

 高橋さんは言う。

「なぜそうなるのか、仕組みはわかっていませんが、リズムがシンクロすることで錯覚が起きやすくなり、脳も人や動物の絵を見たと認識しているのです」

 お経を唱えて木魚をたたくのも、もともとは死者の霊を呼び出すための宗教的儀式だったケチャックダンスも、錯覚の効果を利用していたのではないか。

 だから、高橋さんは一歩進んでこんな仮説も立てている。

「コンピューターを使って音とリズムのシンクロ状態を作り出すと、『神様』の存在を感じやすくすることができるのではないか、と思っています」

 宗教の成立過程でも、意識的にシンクロ状態を作り出し繰り返し錯覚させることで「神様」を感じさせていたのではないか、と高橋さんは考えている。

 だとすれば、ロボットや人工知能(AI)が神様を作り出し、新たな「宗教」が生まれる、という事態も起こり得るのかもしれない。

「AIはむしろ、それ自身が神様になりやすいんじゃないでしょうか。最近のAIブームでも、AIに対して過剰に期待をしたり、勝手に畏敬の念を抱いたりする人がいますよね。今後、人が勝手にAIを神格化して信仰していくんじゃないかと見ています」(高橋さん)

●科学と宗教の境界線

 高橋さんの研究室が、夏目漱石や桂米朝など人間そっくりの姿で人と対話もできるアンドロイドを開発していることはよく知られている。これらのアンドロイドを使った実験をしているうちに、人間らしさや属人性がないロボットやAIは、逆に崇拝の対象になりやすいのではないか、と懸念するようになったと高橋さんは言う。

 テクノロジーが進化、複雑化してわかりにくくなっていくと、これまでも不可解な現象を説明する役割を果たしてきた宗教に、説明を求める事態は想像しうる。アニミズムが自然を崇拝するように、普通の人には説明できないもの、「畏敬」の対象としてAIが崇拝されるようになるというわけだ。

 科学と宗教の境界があいまいになりつつある昨今、私たちは、それぞれが扱うべき領域を再定義する必要に迫られている。

 神様としてAIを頂く世界は人間にとって幸せなのか。

 AIが権力を持ち、人々を支配する様子は、SFでは繰り返し描かれてきた。手塚治虫の漫画『火の鳥 未来編』は「電子頭脳」の計算が支配する世界、士郎正宗の『アップルシード』では、ガイアと呼ばれる人工知能が人工島オリュンポスを統治する世界を描く。

 科学技術と社会のあり方について詳しい東京大学特任講師の江間有沙さん(32)はこう話す。

「AIは人間が作るものですが、AIを神格化する行為はそれを人間の手から離したがっているようにみえます。しかし、現実にはAIの目的は人間が設定します。目的設定のために人間は、AIをどう使いたいか、これからの社会をどうしたいかを考える必要があります」

(編集部・長倉克枝)

※AERA 2017年8月7日号