ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。アマゾン、グーグル間で起きた“対立”について解説する。



*  *  *
 テレビに接続することで、ネットフリックスやフールーといった映像配信サービスやユーチューブなどの動画サイトを、パソコンなしで簡単に楽しむことができるスマートテレビデバイスがじわじわと家庭に浸透してきている。アップルの「アップルTV」やアマゾンの「ファイアTV」、グーグルの「クロームキャスト」などだ。しかし、競争が激化するなかアマゾンとグーグルが「場外乱闘」を始めている。

 2017年12月5日、グーグルはファイアTVへのユーチューブサービスの提供を停止すると発表した。18年1月1日以降、ファイアTVのユーチューブアプリから動画を視聴できなくなるという。グーグルはその理由について、アマゾンがグーグルの製品やサービスを不当に扱っており「信頼関係が失われている以上、ユーチューブを提供できない」と説明している。

 アマゾンは自社のネット通販で、ネットとテレビをつなぐ「クロームキャスト」やスマートスピーカー「グーグルホーム」などのグーグル製品、グーグル子会社のネストのサーモスタット製品などを取り扱っていない。アマゾンマーケットプレイスでの第三者による販売も許可していない。アマゾンがプライム会員向けに提供する「プライム・ビデオ」も、グーグルのクロームキャストでは利用できないようにしているという。つまり、アマゾンが自社プラットフォームで競合している製品やサービスを扱っていないというわけだ。

 ユーチューブサービスの提供停止に対し、アマゾンは強く反発。「グーグルはオープンであるべきウェブサイトへのアクセスを選択的に遮断する悪(あ)しき前例を作ろうとしている」との声明を発表した。

 アマゾンは声明から10日後に態度を軟化させ、クロームキャストの取り扱い再開の方針を明らかにした。一方で、ファイアTV向けにウェブブラウザーを提供し、ユーチューブアプリが使えなくなっても、ブラウザー経由で視聴できるようにした。このあたりは、グーグルとの交渉を優位に進めるため、あるいは交渉決裂に備える側面もあるのだろう。

 なぜこれほどまでに関係がこじれているのか。グーグルは検索エンジンから、アマゾンはネット通販から成長を遂げ、事業の拡大・多角化によって、次第に事業領域が競合するようになってきている。もっとも競合している最前線がスマートテレビデバイスやスマートスピーカーなのだ。とりわけグーグルはスマートスピーカーでアマゾンに大きく後れを取っており、挽回(ばんかい)に躍起になっている。そうした状況を背景に、アマゾンの競合排除的なやり方に意趣返ししたのが今回の措置と言えそうだ。

 しかし、それまで使えたり、購入できたりしたものが企業の都合で制限されるというのは利用者にとっては迷惑な話。適切な競争はサービスの向上や価格の適正化につながるが、今回の件は消費者の選択肢を奪うという点でデメリットばかりが目立つ。このまま泥仕合を続けるのではなく、どこかで“手打ち”にしてもらいたいものだが……。

※週刊朝日 2018年1月19日号