大学入試は2〜3月、大学入学は4月―――というこれまでの慣習が、来年は崩れるかもしれない。



 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの地域で教育機関の休校が2カ月以上続いた。受験を控えた高校生や保護者、教員からは、大学受験の勉強が進んでいない状況で来年の入試に間に合わないのではないかという声が、少なからずあがっている。

 文部科学省も入試時期への対応について検討している。たとえば、総合型選抜(旧AO入試)は、休校の長期化で学習に差が出かねないので、少なくとも2週間後ろ倒しする方針を打ち出した。 萩生田光一文部科学相はこう話している。

「個人的には少し余裕をもたせたい。現場の声を聴き早急にまとめたい」(朝日新聞2020年5月30日)

 大学入試センター試験に代わって新しく導入される大学入学共通テストや、大学個別の一般入試の実施時期も、先延ばしを検討する議論が文科省内でなされている。

 高校の現場からはこんな声があがっている。東京都立八王子東高校の宮本久也校長はこう訴える。

「全体の入試日程を1〜2か月先送りにし、大学入学も今回に限り5月頃になれば、授業時間が確保できる。生徒も納得して入試に臨めるだろう」(読売新聞2020年5月29日)

 また、昨年末に発足した「大学入試のあり方に関する検討会議」のメンバーで、日本大学教授の末冨芳(すえとみ・かおり)さんは、臨時的な対応を提言する。

「コロナが、ぶり返す恐れもありますから、大学入試は冬だけでなく、来夏にも行うのも一案です。夏入試に合格した学生たちを入学させる臨時的な措置としての9月入学は、あり得ると思います」(朝日新聞2020年5月30日)

 大学入試を5月、6月、あるいはそれ以降に実施しようという提案である。そうなれば、大学入学時期は6、7月にずれ込んでしまう。こんなことは今までにあっただろうか。

 大学入試の歴史をさかのぼると、国立大学はその発足時から入試時期が先送りされていたことがわかる。戦後、新制大学の制度がスタートしたのは1949(昭和24)年のことだ。同年の入試日程は、私立大学と公立大学で2〜3月、ところが国立大学はなんと6月8日以降だった。これは国立学校設置法(新制の国立大学の根拠を示す法律)の制定が、大幅に遅れたことによる。国は当初、同法を1948年度内に制定し、3月入試、4月入学を進める予定だった。しかし、国会での審議が滞り法案が年度内に通らなかったため、入試スケジュールが先送りされてしまったのである。

 当時の東京大の入試日程について、大学史、受験雑誌はこう記している。

「新制第一回の東京大学入試は、昭和二十四年六月八日から十日にかけて行われた。入学式が挙行されたのは七月七日である」(『東京大学百年史 通史三』1986年)

「試験合格発表、六月二十三日、午後一時とある。ほっと瞼をなぜ下す者、ガッカリする者、またかと万年浪人あるやも知れぬ、待遠しい日ではある」(『螢雪時代』1949年8月号)

 国立大学1期生の入学式は7月から9月の間に行われた。授業開始は9月以降というところが多い。7月に入学式を行った大学もすぐに夏休みとなったからだ。いくつかの大学を見てみよう。

*岩手大学=「第1回入学式は昭和24年7月18日に講堂で行われたが、学生は直ちに夏季休暇に入った。開講は9月5日以降である」(『岩手大学五十年史』2000年)
*茨城大学=「7月20日には、第1回入学式が本部構内で挙行されたのであった。(略)入学式は炎天下の野外で行なわれたため、アロハ姿の学生もあったという。入学式ののち8月21日まで全学休講となり、各学部とも8月22日からいっせいに講義が開始された」(『茨城大学五十年史』2000年)
*埼玉大学=「7月16日に第1回入学式が教育学部講堂で挙行された、(略)本格的な初授業は1949(昭和24)年9月5日より行われた」(『埼玉大学五十年史』1999年)
*島根大学=「昭和二四(一九四九)年七月二〇日午前一〇時から、松江市川津キャンパスにある文理学部講堂で第一回入学式を挙行した。(略)入学式をすませて、大学が直ちに夏季休業に入り、九月一日から授業が開始された」(『島根大学史』1981年)
*大阪大学=「入学宣誓式は医学部大会堂で1949年6月28日午前10時から挙行された。開講は夏季期間の8月22日におこない、遅れを取り戻そうという予定であったが、結局9月1日から開講の運びとなった」(『大阪大学五十年史 通史』1985年)
*熊本大学=「かくして昭和24年9月1日、熊本大学第一回入学式が挙行される運びとなった」(『熊本大学三十年史』1980年)
*九州大学=「新制九州大学の教養部は、七月中旬に教職員だけで開学式を行って、ただちに夏季休暇に入り、第一回入学式は、夏季休暇が明けた九月十日に医学部中央講堂で行われた」(『九州大学七十五年史』1992年)

 入学時期が遅れたからといって、1期生の卒業が先に延びたわけではなかった。入学してだいたい3年半後の1953年3月にきっちり卒業している。なお、2期生、つまり、1950年の国立大学入試は3月に実施され、4月から授業がはじまり、4年後の1954年3月に卒業していた。

 新制大学制度はスタートしたばかりゆえ、どの大学もスムーズに事が進まず多少の混乱があったようだが、これ以降、国立大学は3月下旬までに入試を行い、4月入学式で授業を開始するというスケジュールが今日まで続いている。

 しかし、この間、例外はあった。

 1970年代前半、国立の新設大学、新設学部で4月にスタートできなかったところがある。1973年に誕生した旭川医科大、山形大医学部、愛媛大医学部の入試は10月に行われた。旭川医科大の資料には次のように記されている。

「当初は1973(昭和48)年4月開学の予定であったが、設置の前提となる『国立学校設置等の一部を改正する法律』の国会審議が大幅に遅れたため、開学は9月にずれ込み、授業開始は11月であった」(旭川医科大学研究フォーラム7:Suppl.2006)

 三つの大学の学校史によれば、入学式は11月5日に行われている。当時、1県1医大政策が進められており、国立大学の医学部新設ラッシュで、当然4月開校をめざしていた。だが、国会審議をめぐって与野党間で荒れることが多く、新設大学、学部はその犠牲になってしまう。

 翌年も同じようなことが起こった。1974年に設置された浜松医科大、宮崎医科大(現・宮崎大医学部)、広島大総合科学部の入試は6月に行われている。国会審議の遅れによって、大学、学部が正式に認可されたのは6月7日だった。入試は6月22、23日(宮崎医科大は23日のみ)に実施。 合格発表は6月末で、入学式は7月上旬にずれ込んでしまう。受験雑誌はこう伝えた。

「やっと国会を通過して新設なった浜松医科大、宮崎医大、広島大総合科学の入試がこのほど実施された。季節はずれの入試とあって、受験生の表情もゆったりしていて、受かればもうけものと言った感じであった」(『螢雪時代』1974年8月号)

 1973年11月、74年7月に入学した六つの大学、学部の学生については、1949年入学者と同様、卒業時期を先に延ばしてはいない。3月で学士課程を修了し卒業している。帳尻を合わせるため、とくに医学部は5年と数カ月で6年分のハードなスケジュールを課したのは想像に難くない。

 大学入試の歴史を眺めると、大学にとって不可抗力の事態が起こって入試がスケジュールどおりにいかなくても、案外、柔軟に対応していたことに気づく。

 2021年の入試時期について、とくに高校サイドから延期論が出ている。これは制度としての「9月入学」の議論とは切り離された主張である。2021年入試に限って受験生を救済することを目的とした臨時的、例外的な措置を求めたものだ。入試に関する時限立法といえようか。

 今回のようないわば非常事態が起こったとき、大学入試は2〜3月、大学入学は4月にこだわらず、入試スケジュールを見直すなど柔軟に対応してもよい。たとえば、6月あるいは7月入試、7月あるいは8月入学を考えていいのではないか。

(文/教育ジャーナリスト・小林哲夫)