「〇〇行きは1番線乗り場から発車します」

 日常的に聞き慣れた鉄道駅のアナウンスだ。一部に例外はあるものの、駅では数字順どおりに乗り場・ホームが並んでいるのが一般的。しかし、なかには数字が飛ばされていたり、「0番線」というちょっと不思議なホームがあるのをご存知だろうか。



*  *  *
■0番線のつぎは2番線? 京都駅に見る駅番線の摩訶不思議

「0番線物件」の代表格といえそうなのが京都駅だろう。東海道新幹線と東海道本線のほか、山陰本線や近鉄京都線などが乗り入れ、JRだけでも11面18線(在来線9面14線、新幹線2面4線)という大規模な駅だ。順番に並べると在来線は1番線から14番線、新幹線が15番線から18番線となるハズだが、実際には34番線まであり、15番線から29番線がスッポリと欠番状態(新幹線は11〜14番線)。しかも、正面玄関にあたる中央改札が面しているホームは0番線で、その隣は2番線。つまり、0があるだけでなく1が抜けているのである。

 京都駅に0番線ができたのは、駅ビルを含む大規模な駅改修がきっかけだった。改修に伴い、1992年10月に番線の改定が実施されることになったが、東海道新幹線(JR東海)で使われている11〜14番線に影響を及ぼすのを避けるため、11本ある在来線(JR西日本)を10番線までにする必要に迫られたのである。そこで白刃の矢を立てられたのが0番線だった。当初は1〜10番線となったのだが、ホームのない線路が1本あることから業務上の番線は0〜10番線とされ、旅客案内上の番線との間に差違が発生。2002年に1番線を0番線と改めたのである。では1番線はいずこにというと、0番線と2番線との間にあるホームのない線路がその正体で、業務上の番線と案内上の番線とを一致させるために現在のような姿になったワケだ。

 類似の例は東京都の日暮里駅などで見ることができる。日暮里駅はJRが3面6線、京成が3面2線(地上1面1線、高架2面1線)からなり、京成側から順に12番線までのホームがある。ところが、5〜8番線はJR通過線のためホームを持っていない。さらに、京成が高架ホーム1面を増設したさいに地上ホームを0番線と改めた結果、0番線と中抜け番線というスタイルになったものだ。

 では、京都駅で15〜29番線が欠番となっているのはなぜだろうか。30〜34番線は0番線ホームの西のはずれに位置し、どこか間借りしたような雰囲気がある。これは山陰本線の京都〜園部間が私設鉄道の京都鉄道を前身としていた名残りで、現在は関西空港とを結ぶ京都始発の特急「はるか」と山陰本線特急の一部(30番線)と山陰本線(31〜33番線。34番線は降車専用)が発着している。以前は「山陰1〜4番線」が割り当てられていたが、1994年12月に呼称を変更する際、「山陰」にかけて30番台が採用されたという。

■0番線はなぜできる? 身近なところにも0番線が……

 0番線そのものはじつは珍しい存在でもなく、すでに廃止や改番された駅を含めればおよそ100カ所にのぼっていた。なぜ0番線があるのだろうか?

 例外はあるものの、駅の番線は駅長室のある「本屋」に最も近いホームから順に昇順で番線を割り当てるのが原則。仮に1番線側にホームや線路が増設されると、すべての番線を変更することになってしまうが、その作業を避けるために0番線が誕生するケースが多いようだ。

 常磐線の綾瀬駅は1979年に営団(現・東京メトロ)千代田線の支線にあたる綾瀬〜北綾瀬が開業したのち85年に同支線ホームとして0番線が開業。総武本線の成東駅は1897年に開業ののち、1911年に東金線が乗り入れ、現在も0番線が用いられている。

 一風変わっているのが総武本線の四街道駅で、2面3線ホームにも関わらず、本来なら1番線となるべき番線が0番線となっているのだ。同駅は15両編成の快速停車駅だが、0番線のみは10両までとなっており、おもに特急の通過待ちや同駅始発列車に用いられている。同駅0番線は上り線の左側に位置するものの、上下方向に関係なく列車が発着しているのも特徴といえるだろう。この0番線にあやかってか、四街道市民ミュージカルが「0番線の汽車に乗って〜四街道駅ものがたり〜」を上演(2019年)しており、明治期の同駅などが物語の舞台となっている。

■さらに変わった番線も?

 いまひとつ変わった例では、鹿児島本線の熊本駅にあった「0A、0B、0C」番線が知られている。鹿児島本線ホームからやや外れた位置にあり、1面2線のうち0A番線側の先端側に欠取式の0C番線があった。豊肥本線の発着に用いられていたが、2018年3月の高架化に伴い姿を消している。類似例は北陸本線の金沢駅でも見られ、こちらはおもに七尾線列車の発着に用いられていた。

 意外なところでは、東海道新幹線の岐阜羽島駅に0番線がある。かつて同駅を訪れたさいに「おや?」と訝ったのを思い出すが、同駅〜米原間には冬期の難所である関ヶ原越えがあり、異常時に備えて設けられたと考えられる。通常は使われていないものの、旅客列車が入線した実績はあるようだ。

 現在、0番線は盛岡、北上、越後湯沢、高崎、辰野、米子などで現存。すでに改廃された例では、長崎や函館、姫路などを挙げることができる。

 このほか、0番線ではないがユニークな番線として、大阪駅には通常の1・2番線のほかに「環状1・2番線」があった(のちに「環状内回り・外回り」、2005年に1・2番線に変更)。また、姫路駅には西1番線(のちに0番線。姫新線)と東1〜3番線(のちに31〜33番線。播但線)など全国的にも珍しい番線が用いられていた。

 さらに「番線なし」の例も。JR・京成成田線の空港第2ビル駅はJRが1面1線、京成が1面2線ホームを持つが、JR側は番線なしとなっているのだ。京成は1面2線を成田空港側と上野側とで二分して運用しており、1〜4番線がつけられ、両社の対照が面白い。

 ちょっと不思議な感じもする0番線だが、そのいわれをひも解くと、駅の歴史が垣間見られて興味深いものがある。ひょっとすると、さらに不思議な駅物件を見つけることができるかもしれない。(文・植村 誠)

植村 誠(うえむら・まこと)/国内外を問わず、鉄道をはじめのりものを楽しむ旅をテーマに取材・執筆中。近年は東南アジアを重点的に散策している。主な著書に『ワンテーマ指さし会話韓国×鉄道』(情報センター出版局)、『ボートで東京湾を遊びつくす!』(情報センター出版局・共著)、『絶対この季節に乗りたい鉄道の旅』(東京書籍・共著)など。