列車には、特急、急行、快速、各駅停車などといった「種別」がある。各駅停車や普通列車は各社でほぼ「Local」に統一されているが、なかには日本語と英語が一致しない列車種別もある。日本人は気に留めなくても、外国人にとっては、混乱を招くのでは? 気になりそうな列車種別の英語表記を探ってみた。



■列車種別の一般的な英語表記

 まずは列車種別の一般的な英語表記を取り上げてみよう。

●特急と急行
 特急は「Limited Express」、もしくは「Ltd. Exp」と略すのが一般的だ。Limitedは「限定された」などの意味を持ち、Expressを付加することで「停車駅が限定された列車」、すなわち特急となる。

 Express(「Exp」と略すこともある)のみは一般的に急行となるが、JR東日本・西日本・四国は、特急の列車愛称に「エクスプレス」を冠す列車もある(「成田エクスプレス」「びわこエクスプレス」「ミッドナイトEXP高松」など)。

●快速
 快速は「Rapid」(JR西日本は「Rapid Service」)で、鉄道の快速列車のほか、「素早い」「急激な」などの意味を持つ。普通車指定席などの有料座席を除き、運賃のみで乗車できる。特急や急行に比べ停車駅が多い列車が主流だが、臨時快速「ムーンライトながら」などの長距離列車は特急並みに停車駅を品川、横浜、小田原(下りのみ)、沼津、静岡、浜松、豊橋(上りのみ)、名古屋、豊橋、岐阜に絞っている。

●準急
 準急は「Semi Express」(「Semi Exp」に略することもある)で、「Semi」は「半分」という意味を持つ。基本的に急行運転区間と各駅停車区間をセットにした列車である。かつては国鉄にも有料列車として存在していたが、現在は私鉄のみ設定され、運賃のみで乗車できる。

●区間快速・区間準急
 大手私鉄の一部には、基本的な種別に「区間」が付くものもある。区間快速、区間準急などが存在し、「部分」「一片」という意味の「Section」を先頭に配することで「Section Rapid」「Section Semi Express」と案内する。運転方式は先述の準急と同じ。ちなみに、区間準急は準急に比べ、急行運転区間が短く、各駅停車区間が長い。


■英語表記の独自見解を示したもの

 これらを踏まえ、下記の鉄道事業者が独自の見解を持つ列車種別の英語表記を紹介しよう。

●京王電鉄
 特急は「Special Express」、区間急行は「Semi−Express」と表記している。同社によると、翻訳会社の協力のもと、外国人の乗客が最も理解しやすい表記方を協議した上で決定したという。

 「Special」は「特別」という意味。特急自体も「特別急行」を略した列車種別なので、「特急=Special Express」のほうがわかりやすいと私も思う。このほか、特急より停車駅の多い準特急があり、「Semi− Special Express」と表記する。

●京浜急行電鉄
 羽田空港方面のエアポート快特、横浜・京急久里浜方面の快特、特急ともすべて「Limited Express」である。同社によると、列車種別に相当する適切な英語がないため、上記に統一したという。

 また、停車駅も異なるため、駅の時刻表ではエアポート快特を「※Limited Express(※KAITOKU)」(※は飛行機のマーク)、快特を「Limited Express(KAITOKU)」、特急を「Limited Express(TOKKYU)」とそれぞれ表記する。路線図でも列車種別による色分けを行うなどの差別化を図り、誤乗防止に努めている。

 なお、エアポート急行は「Express」である。“ただの急行”が存在しないので、シンプルな表記で充分のようだ。

●京成電鉄
 最高時速120キロの通勤形電車で運転されるアクセス特急は「Access Express」で、LimitedやSpecialを用いない。

 同社によると通勤形電車の特急は、2010年7月17日から従前の京成本線経由のほか、成田空港線(成田スカイアクセス)経由も加わった。下り列車と上り列車の始発駅は成田空港ながら、経路や運賃が異なるため、乗客の案内を明確にするために、京成本線経由の特急「Limited Express」に対し、成田空港線経由の特急はアクセス特急という新たな列車種別にし、英語表記も「Access Express」と区別させたという。

 駅での放送についても「成田スカイアクセス経由のアクセス特急」「京成本線経由の特急」とそれぞれ日本語と外国語で案内しているという。

 なお、通勤特急の英語表記は「Commuter Express」と案内している。この表記は東急電鉄でも使用されている。

●東京モノレール
 羽田空港アクセス鉄道の老舗として名高い東京モノレールは、看板列車の空港快速を「HANEDA EXPRESS」、区間快速を「RAPID」と表記する。

 同社によると、空港快速を「HANEDA EXPRESS」にしたのは、「モノレール浜松町〜羽田空港を最短時間で到達する列車である」ことを海外の乗客にわかりやすく伝えたいという意図での意訳だという。

 区間快速の「RAPID」は、速達性においてEXPRESSの次点となるものであり、「RAPID一語でも区間快速の意味が伝わる」と判断し、決定したという。なお、空港快速、区間快速は日中のみの運転である。

●近畿日本鉄道
 区間急行は「Suburban Express」、区間準急は「Suburban Semi−express」と表記する。「Suburban」は「郊外」という意味である。

 同社によると、区間急行の英語表記に関する由来、資料がないという。一方、区間準急はあり、同社の英会話講習を担当するイギリス人講師の発案だという。例えば、大阪線の区間準急は近鉄八尾以遠、各駅に停まる。線路は高架から地平に変わり、沿線は住宅地や商店など、のどかな雰囲気に包まれるので、まさに大阪郊外といえよう。列車種別の英語表記に合点がゆく。

●JR九州
 鹿児島本線の福岡エリアに準快速(Semi Rapid)を設定していたが、2018年3月17日ダイヤ改正で区間快速に変更。併せて鹿児島本線鳥栖〜八代間にも区間快速が設定されることになった。

 同社によると、区間快速の英語表記について、快速運転区間の停車駅は快速と同じため、「Semi Rapid」ではなく、JR西日本がすでに用いていた「Regional Rapid」が適切であると考え、整合性をとったという。ちなみに「Regional」は「地域」「地方」を意味する。

■鉄道事業者により見解が異なるもの

●JR西日本とJR東海で見解が分かれる新快速
 新快速は国鉄時代に京阪神地区で誕生し、分割民営化後はJR西日本に引き継がれたほか、JR東海も追随するかたちをとった。英語表記については、JR西日本は「Special Rapid Service」だが、JR東海は「New Rapid」と異なる。

 JR西日本の新快速は、最高時速130キロという特急並みのスピード、車内に転換クロスシートを並べることで国鉄急行以上の快適性を誇る。途中駅で快速を追い抜くことから、“特別感のある快速列車”といえる。

 一方、JR東海は新快速の上に特別快速があり、「Special Rapid」と表記。種別の背景色は黄色、文字は黒色で、新幹線「のぞみ」を彷彿させる。

●阪急電鉄の通勤特急
 京都線の通勤特急は「Commuter Limited Exp」なのに対し、神戸線の通勤特急は「Limited Exp」、通勤急行(京都線には設定されていない)は「Express」と異なる。同社によると、神戸線については、京都線と同じ英語表記への更新を進めているという。したがって近い将来は、列車種別の英語表記も統一され、わかりやすくなる。

■英訳の由来が不明なものも

●阪神電気鉄道と山陽電気鉄道
 阪神電鉄の特急系については、大阪梅田〜山陽姫路の直通特急を中心に、自社線内の特急、ラッシュ時運転の区間特急が設定され、英語表記はすべて「Limited Express」に統一されている。同社によると、英語表記設定当時の社員がいないため、詳細は不明だという。

 相互直通運転を行う山陽電鉄も、自社線内の特急、S特急もすべて「Limited Express」である。それを鑑みると、特急系の英語種別を統一させることで、外国人にわかりやすくする狙いがあるものと考えられる。

●京阪電気鉄道
 準急を「Sub−exp」、区間急行を「Semi−exp」と表記している。こちらもいきさつについては不明だという。面白いのは準急の下が区間急行であること。京阪本線(淀屋橋〜三条)内、準急は萱島(かやしま)以遠各駅に停まるのに対し、区間急行は5つ手前の守口市以遠各駅に停車する。

●神戸電鉄
 1995年11月26日ダイヤ改正で、最上位の特快速が登場。現在も上り三田(さんだ)〜新開地に限り運転されている。英語表記は「Special Rapid Express」である。同社によると、他社の列車種別を参考にし、社内で協議した結果のようだという。正式な記録はなく、真相は謎に包まれた模様だ。

 列車種別は日本語、英語も含め、様々な思いを込めて命名し、世に送り出している。たとえ、それが和製英語だとしても、利便性の高い列車と自負する以上、次の世代にも受け継がれてゆくことだろう。

 今回、鉄道事業者10社にご協力いただき、列車種別と英訳の由来について調べてみると、観光による訪日、転勤などの在住も含め、“外国人にも使いやすい鉄道、住みやすい沿線を目指している”ことが感じられた。日本語も英語も奥が深そうである。

取材協力/京王電鉄、京浜急行電鉄、京成電鉄、東京モノレール、近畿日本鉄道、九州旅客鉄道、阪急電鉄、阪神電気鉄道、京阪電気鉄道、神戸電鉄

(文・岸田法眼)

岸田法眼(きしだ・ほうがん)/『Yahoo! セカンドライフ』(ヤフー刊)の選抜サポーターに抜擢され、2007年にライターデビュー。以降、フリーのレイルウェイ・ライターとして、『鉄道まるわかり』シリーズ(天夢人刊)、『論座』(朝日新聞社刊)、『bizSPA! フレッシュ』(扶桑社刊)などに執筆。著書に『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)がある。また、好角家でもある。引き続き旅や鉄道などを中心に著作を続ける。