忠臣蔵と言えば赤穂浪士が雪中を凱旋行進する映画などのイメージから冬の風物詩とも言えるが、きっかけとなった江戸城松の廊下の刃傷沙汰は3月に起きたものだ。ただ、このような刃傷沙汰は浅野内匠頭が起こしたものだけではない。しかも、多くの刃傷沙汰は夏に起きていて、いつの時代も暑いとムシャクシャしてしまい暴挙に出てしまいがちなのではないかと勘ぐったりもするのである。

 浅野内匠頭の起こした事件は、江戸城で最初の刃傷沙汰でもなければ最後でもない。唯一といえば、斬りつけたとはいえ殺害には至らなかった未遂事件でお家断絶にまでなったことだろう。なのにこの件のみが有名になってしまったのは、ひとえに歌舞伎や浄瑠璃といった演目となり人気を博したためでもあろうか。

●江戸城内の刃傷沙汰は1回ではない

 江戸時代に江戸城内で起こった抜刀の記録は、浅野内匠頭の件を含めて11件ほどあったと言われている。将軍警護の当番どうしの喧嘩や、バカ殿として名高かった藩主が逆ギレして襲いかかったものの鞘で受け流された事件など、解説するのもバカバカしいものもあるが、中には今でも歴史の謎として語られる事件もある。今回はそのような話をしてみたい。

●大老が若年寄に刺殺された事件

 忠臣蔵は、5代将軍・綱吉の治世に起きたが、綱吉亡き後、6代将軍・家宣によって浅野家は浅野大学によるお家再興が許されている。浅野家の処遇において綱吉の意向が強く働いていたのかがわかる話だ。

 ところがこれより17年前、貞享元年8月28日、本丸表御殿において大老・堀田正俊が若年寄・稲葉正休に殺害される事件が起きていた。稲葉はその場で周りの人間によって斬り殺され、襲われた堀田は即死は免れたが目覚めることなく自宅で死去している。

●犯人はその場で成敗され

 実は堀田正俊と稲葉正休は親戚筋にあたる。年は年少だが、正休は正俊のいとこの父にあたるので従叔父という呼ばれ方をしている。事件の前日の夜、2人は酒を酌み交わしながら雑談をしている。殺された正俊は、家光の死去に伴い殉死した父のあとをつぎ、当時の大老・酒井忠清と対立してまで綱吉の将軍就任を後押しした人物である。その後、失脚した酒井に代わり大老に就任するのである。

 一方、殺害した正休はその場で成敗されたが、ほぼ無抵抗だったとされ、「将軍家へのご恩に報いるため」という遺書が残されていたようだ。事件直後から、正休に対する同情の声が多くあがり、「傲慢だった正俊が悪い」といった空気が流れたらしい。稲葉正休は改易となるが浅野家のお家断絶に比べれば軽い処分である。もっとも正休に後継がいなかったので結果は同じではあるけれども。

●黄門さまも激怒した後処理

 被害者と加害者がどちらも何も口にしないまま亡くなってしまっているので、本当の理由はわかる由もない。前年に行われた「淀川治水策」で堀田正俊から予算額があまりにも高すぎると、担当から外された稲葉正休が恨みに思っていた、という理由もあげられているが、これは治水策の方法の違いでの予算差であり、中抜きを疑われたというものでもない。調べてみたら、稲葉策を支持するという署名のようなものも集まっていたようだ。

 この事件に関し、水戸光圀が「犯人をその場で成敗してしまったのでは、原因がわからぬではないか」と激怒したという記録も残っている。

●この事件がなければ「生類憐れみの令」はない?

 当時から陰でささやかれていた話として、堀田正俊が優秀で真面目なため付け入る隙のなかった将軍が、だんだん彼を疎ましく思うようになり、排除する方法を探していて結局は暗殺を選んだ、というものがあった。近年研究がすすみ、これが正解ではないかという説に傾きつつある。

 堀田正俊は「生類憐れみの令」に反対していたとも言われる。この令はひとつの法令ではなく、いくつかの触書きの総称である。最初はいつからかは諸説があるが、堀田正俊が殺害された前年、犬を殺した人物を極刑にした事例があり、これらに対して苦言を呈していたようだ。

●堀田家につきまとう怨霊

 堀田正俊暗殺事件の黒幕が、将軍・綱吉かどうかはすでに推測でしかない。だが、堀田家には実はつきまとう怨霊伝説が残っている。堀田正俊は下総佐倉藩主である堀田氏宗家の家系ではなく、家光の近習だった堀田正盛の長男・正信があとをつぎ、三男だった正俊は別途領地を与えられ大名となったのだ。

 兄である正信は、別の意味でも有名だ。芝居の題材ともなっている「義民・佐倉宗吾」の話は、正信の重税に苦しんだ佐倉藩領民を代表して名主・木内惣五郎が将軍への直訴を行ったものである。寛永寺にて将軍・家綱へ無事訴状は届けられたが、本人だけでなく妻と4人の子供も打ち首にされたこの事件は、のちの時代福沢諭吉にも義民として語られている。

●千葉に残る「将門神社」の不思議

 惣五郎の処刑後、正信の周りでは不審が続く。懐妊中の妻の狂死、城内での幽霊目撃、翌年には突然自領の「将門神社」に社殿と鳥居を寄進、惣五郎の慰霊の祠も奉納した。そして3年後には本人も乱心、子も正信が自殺するまで蟄居の身となっている。

 堀田正俊の暗殺事件は、この正信の死去から4年後に起きた。もちろん正信の自殺は将軍・家綱が亡くなったことが原因で、将軍となった綱吉の治世となったことが要因なのだろう。

 余談だが、幕末の老中・堀田正睦は正俊の子孫である。彼もまた手腕がありながら大老・井伊直弼によって幕閣から追放された人物だ。正俊・正睦のお墓は、佐倉藩の菩提寺である甚大寺に仲良く並び祀られている。惣五郎が祀られている「宗吾霊廟」は、ここからからわずか6キロほどのところにある。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)