今年で漫画家生活、34年目を迎えた伊藤潤二さん、近年は海外で注目を集めている。作品のほぼすべてが20を超える国・地域で翻訳出版され、さらに今年はもっとも権威のある漫画賞、アメリカのアイズナー賞で2部門受賞の快挙を遂げた。世界中のファンを魅了する伊藤潤二さんの新作「幻怪地帯 Season2」のAERA.dotでの連載を記念して、仕事場や作業道具をご紹介いただきながら、作品の魅力について初の自撮り動画を通して語ってもらった。

*  *  *
 伊藤潤二作品といえば、奇想天外なストーリーにまず目を魅かれるが、リアリティーを感じさせる緻密な絵、美しいキャラクターたちも評価が高い。

「絵にはデビュー時からこだわりがあるので、そう言っていただけると大変有り難いですね。現在すべての作画作業はパソコンを使ってフルデジタルで描いています。ネームといわれる絵コンテもパソコンで行っています。またアシスタントは頼まずに、最初から最後までひとりで作業しています。昔から仕事の効率を上げるために、いかに快適に作業できるかを考えていて、例えば漫画の絵を描く液晶タブレットに自作の台を設置して、角度を変えられるようにしたり、画面にアクリル板を貼って、熱を防げるかどうか試したりしています。また、液晶用のペンも使いやすくするために、指先が当たる部分にパテを塗って、手に馴染みやすいように加工しています。元々はボタンが付いていたんですが、パテで埋めてしまいました。メーカーさんは推奨していないと思いますが……。仕事の合間にホームセンターに行って、さまざまなDIYをして、自分にとってベストな仕事場、環境作りをしていくことが息抜きでもありますね」

 前作「幻怪地帯」では、東北のある村の葬式で「泣き女」に出会ったカップルに異変が起こったり、青木ケ原樹海を訪れた男女が不可思議な現象に巻き込まれていったりと、独創的なストーリー展開と緻密な絵の魅力は変わらず、圧倒的な伊藤潤二ワールドで読者を魅了した。



「2019年に発表した『センサー』は、当初、一種の紀行物として描こうとしていたんですが、うまく成立させられませんでした。その雰囲気を受け継いで『幻怪地帯』という異郷で起こる怪異のようなものを意識したタイトルにしました。また読み切り短編集ということで、さまざまな場所で起こる怪異、見たことのない世界を描ければと思います」

 伊藤潤二作品は「富江」や「うずまき」などの連作シリーズが有名だが、「首吊り気球」や「阿彌殻断層の怪」などの秀逸な短編が多いことでも知られている。

「自分としては読み切り短編作品が一番のびのびとできる仕事だなと実感しています。ある意味、自分が得意とする分野で読者の皆様に驚いていただいたり、できるだけ満足していただける作品を作っていきたいです」

「幻怪地帯 Season2」は、オムニバスシリーズということで、1話完結の短編を週1回公開していく。第1回の魅力は?

「第1回は『塵埃(じんあい)の魔王』というタイトルの作品です。舞台となる古い旅館が次第に不気味な埃にまみれていく様や、埃が登場人物の心に及ぼす負の影響、家政婦の美魔女ぶりなどに注目してもらえたらと思います。元旅館の屋敷の屋根裏の秘密も楽しんでいただきたいですね」

>>『幻怪地帯 Season2』第1話 塵埃の魔王(1)はこちら


(書籍編集部・原真紀子)

<著者プロフィール>
伊藤潤二(いとうじゅんじ)/1963年生まれ。1987年、「富江」でデビュー、後の代表作となる。他にも「双一」シリーズ、「死びとの恋わずらい」「うずまき」「ギョ」など代表作多数。現在も精力的に活動し、名作を生み続けている。2019年に「フランケンシュタイン」、2021年に「地獄星レミナ」と「伊藤潤二短編集 BEST OF BEST」でアメリカのアイズナー賞を受賞。





■この動画の記事を読む