少し前に、五芒星のシールが貼ってあるアルコール容器の写真が、「消毒効果がより高そう!」というコメントとともにバズっているのを見て、「今も昔も変わんないんだなぁ」と変に感心したのを覚えている。

 五芒星は、子どもの頃、一筆書きのひとつとしてよく書いた図形だが、世界中で魔術の象徴として知られ、日本では特に安倍晴明につながる魔除けの印として使われてきたものだ。

●修学旅行生に人気の「晴明神社」

 京都を訪れる修学旅行生に人気の場所でもある「晴明神社」は、この安倍晴明を神として祀る神社である。先ほどのアルコール容器の写真はこの神社で撮られたもので、晴明神社は安倍晴明の住居跡に、晴明が没した2年後に一条天皇の命により創建されたと伝わる。正確には、この地よりももっと南東に500メートルほど行った先の土御門町と呼ばれる付近らしいのだが。

●晴明の活躍は老人になってから

 安倍晴明の活躍が始まるのは50歳を過ぎた頃で、以降、当時としては長寿である80を超える歳まで生きた。映画などでは若い晴明のイメージがあるが、怨霊退治などで知られていくのはすでに老人の域に達してのちのことである。

 晴明の師でもあった賀茂忠行・保憲父子が陰陽家として高い評価を得ていて、晴明が出世の道を歩み出せたのは賀茂保憲が没した以降といえる。また、花山天皇との交流も深く、ともに熊野に似通った由縁を持ったことで陰陽師として朝廷での力をためていく。その後も、当時最大の権力者であった藤原道長や次代の一条天皇からの後ろ盾を得たのち、陰陽師としての高い評価を受けていくのである。

●晴明の超人伝説とは

 晴明伝説は数多く残されていて、すべてを紹介するのは難しいため、ここではいくつかの超人的な話を取り上げてみよう。晴明の生まれについてははっきりしない。生まれた土地も大阪、奈良、香川などに生誕の地とされる寺社などが存在しているくらいなのだが、のちに発揮する超人的な能力のためか、歌舞伎や落語の題材として語られる「葛の葉」伝説が晴明の生誕話として史実のような扱いをされているのだ。



●伝説その1・母は白狐

「葛の葉」伝説とは、和泉国・信太(しだ)の森で傷ついた白狐を助けた男の元に葛の葉という女性がやってきて、やがて夫婦となり子をもうけるのだが、実はこの女性が白狐だった、というものである。この時生まれた子が安倍晴明、つまり晴明は人間と狐のハーフという言い伝えとなっている。

 現在も信太の森には、白狐の姿を映したといわれる鏡池が残り、父と母が出会ったとされる信太森神社(葛葉稲荷神社)は、今も同じ場所に鎮座している。もちろんこの社は縁結びのご利益で有名である。

 余談だが、関西では狐の好物と言われる油揚のことを「信太(しのだ)」と言う。たとえば、きつねうどんは信太うどん、いなりずしは信太ずし、おでんだねなどにも使われる信太巻は油揚で食材を巻いたもの、などだが、この名は「葛の葉伝説」に所以があるのだとか。

●伝説その2・閻魔大王の代理

 安倍晴明は、死者を蘇らせる陰陽師の秘術「泰山府君(たいざんふくん)の祭」を得意としたと言われているが、この話につながる逸話が、京都の真如堂(真正極楽寺)に残っている。

晴明は、不慮の死により地獄の閻魔大王の前に引き出されたが、この時、念持仏であった不動明王が命乞いをした。閻魔大王は「生き死にを決定する私の秘印を授けるので、これから娑婆へ帰り、この印を使って諸人を導きなさい」と言い晴明をこの世へ返したとか。泰山府君は閻魔大王の眷属(部下)の一人とされていて、上記の逸話はまさに晴明自身が閻魔大王の代わりに働いていたとも取れる話である。

 真如堂にはこの印が今も伝わり、印紋は復活の護符として授与されている。

●晴明と花山天皇と熊野

 この他、「今昔物語」や「宇治拾遺物語」「大鏡」などの書物に晴明の超人的な逸話がいくつも残されているが、呪詛された人を助けるものが多い。前世がともに熊野で修行をする行者だったということで親しくしていた花山天皇との話の中には、この前世話も登場する。頭痛に悩まされる天皇の話を聞いた晴明は、「前世の行者の髑髏が、山中の岩の間にはまり頭を締め付けている」と答えた。言われた場所でみつけた髑髏を岩から外したところ、頭痛が治ったという。

 ほかにも晴明伝説は、熊野一帯に多く残っている。

●東京にある晴明伝説の神社

 このせいでもないだろうが、東京には唯一と思われる安倍晴明由縁の場所がある。それが、霊石があったことで知られる葛飾区立石にある熊野神社である。この地を訪れた晴明が、蛇行する中川によってできた土地が正五角形(五芒星の点を結んだ形)となっていたことにパワーを感じ、熊野権現を勧請して創建したと伝わっている。五角形に囲まれた八咫烏(熊野の象徴)が熊野神社の社紋としてお守りなどに登場する。都内では晴明・八咫烏とどちらも貴重なモチーフのためか、人気を博している。

●晴明のお墓はいくつある?

 生誕地とされる大阪の「安倍晴明神社」(「阿倍王子神社」境外社)や安倍一族の氏寺である奈良「安倍文殊院」などはよく知られた場所であるが、晴明の名声ゆえか、全国には多くの「晴明神社」が存在している。また、お墓も嵯峨野にあるものを含めて長野や岡山など各地に点在している。一説には、死後、晴明の力を利用されないために本当の墓所をわからなくしたとも言われる。

 安倍一族が陰陽家として有名になったのは、晴明以後の話で、彼が住んだ場所の名から、以後は「土御門家」と呼ばれるようになった。この中から晴明を超える名声を得た陰陽師は、未だ誕生していない。旧暦9月26日はそんな安倍晴明の命日である。