飼い主さんの目線で猫のストーリーを紡ぐ連載「猫をたずねて三千里」。今回、お話を聞かせてくれたのは首都圏に住む主婦、エミさん。結婚後、長女が生まれてしばらくはペットのいない生活でした。しかし長女が小学5年の時、保護猫を迎えることに。そのころ、ある事情から家族は大変な時期でしたが、猫が魔法のように家の雰囲気を変えたそうです。そして夏に2匹目の子猫を迎えました。猫の持つ不思議な力についてお話を。

*     *  *
 わが家には今、2匹の猫がいます。主人、私、中1の娘の3人家族のもとに雪ちゃん(2歳)が仲間入りしたのは2年前。さらに今年の夏、弟分の海君(4か月)も増えて、にぎやかな生活です。

 雪ちゃんは娘のナナが大好き。学校から帰ると、大急ぎで居間から娘の部屋に移動します。海君と雪ちゃんの仲良しぶりもほほえましく、家族みんなが猫に癒されています。

 でも、じつは我が家では2年前にちょっと大変な時期があり、猫はまさに家族の救世主なのです。

◆ペットを飼う余裕も発想もなかった

 私は動物が大好きなのですが、2年前まで、わが家は、ペットを飼う余裕も発想もありませんでした。

 娘が5歳の時、競技スポーツを始めたのです。週1、2日のちょっとした習い事のつもりが、3か月後には週5日の練習になりました。小1の時に初めての試合に出て、さらに練習に明け暮れる毎日となりました。

 登校前の朝練、下校後は夜まで練習で、私は離れた練習場までの車の送迎を2往復、毎日しました。娘は車で宿題、着替え、夜ごはんのお弁当も食べて、といった生活。本人は好きで夢中になって、私も娘が上達していくのがうれしくて、主人はスポーツ選手だったこともあり目標にむかって努力する娘を応援していました。

 小学4年の夏には、全国から選考会を突破した子が集まる合宿に参加。秋に初めて全国大会にも出場できました。

 なかなか猫の話にならないのですが……とにかく留守にする時間が多く、ペットと暮らすことは考えられなかったのです。

 そして、5年生の夏。選考会を突破して合宿に参加できたのですが、娘が身を置く環境の中で、本人の気持ちが消化できないことが重なってしまい、そのまま秋の大会の予選は棄権することに。それまで一度も辞めたいと自分から言い出したことがなかったし、これからも続けていくと思っていた私も主人も心底驚きました。娘は競技から遠ざかりました。

 スポーツを辞めた娘の顔からは、「笑顔」が消えていました。懸命に取り組んでいた故、娘の葛藤はとてつもなく大きかったはずです……。

 家のムードも、沈みました。私もなんだか心にぽっかり穴が空いてしまったように感じていました。順風満帆だった競技をなぜ辞めたのかと周囲に声をかけられることもありました。なにより元気のない娘の姿をみるのが、あの時は本当につらかった。

◆「猫ちゃん飼いたい」ペットショップじゃなくても

 そんな家族の沈んだ空気を吹き飛ばしてくれたのが猫でした。娘の希望で保護猫を迎え入れたのです。

 競技を辞めてしばらくたってからある日、娘が突然、「猫ちゃん、飼いたい」と言いだしたんです。

 娘とペットショップを覗いては、猫を抱いて写真を撮ったりして……その時は、保護猫のことをよく知らなかったのです。

 そんな私に、主人が「猫が欲しいなら別にペットショップでなくていいんじゃない?どこかでもらえる猫ちゃんもいるんじゃないかな」と言いだしたのです。確かにネットで「保護猫」の検索をしてみると、“猫オンリーの参加型SNSサイト”があり、掲示板を覗くとたくさんの猫が出てきてびっくり。私が子どもの頃に飼っていた頃と、猫の状況も変わって、驚いたものでした。

 11月、掲示板を見ていたら、豆大福の妖精と紹介された白い猫の写真がありました。納屋で生まれた兄弟と映っていたのですが、模様もおもしろいし、自分だけぐーっと前面に出ていて、家族みなで見て「可愛いね」と気にいりました。応募件数がたくさんあったのですが、人生初の「応募」をすると、すぐに保護主の方から「お見合いしませんか」とお返事をいただきました。

 後日、家族3人で会いにいき、子猫と対面したのですが、娘は「可愛い!」といって、ちゅーるをあげたり、抱っこしたり。それが、雪ちゃんです。主人は猫を飼ったことがなかったので、まだ不安が残ったようで。一度家に帰り、気持ちを固めて迎える準備をしました。

 そうして12月後半、雪ちゃんが家にやってきたのです。競技から離れ、ちょうど4か月経っていました。

 はじめ、雪ちゃんは環境変化で緊張したのか、保護主さんが帰った後にみゃあみゃあ鳴いていました。私も子猫を飼うのは久しぶりで、こんなにふわふわなんだ、と新鮮でした。ごはんは食べても、おしっこをしてくれなくて心配でしたが、翌々日、耐えられない感じでトイレの前でじゃー。ほっとしました。

 そこから家に慣れるのは、早かったですね。

◆雪ちゃんはセラピスト、娘に寄り添い受験を支える

 娘は最初こそ、おっかなびっくりの抱っこでしたが、雪ちゃんがすぐに娘に懐いたんです。ごはんやトイレの世話は私がするのに、雪ちゃんが好きなのはなぜか娘のようで。必ず娘の傍らにいるのです。勉強中に問題を解く腕の上に乗っていたかと思えば、寝る時は枕元に座り、寝かしつけるように見守っています。

 そんなふうに猫と過ごすうちに、いつしか娘に笑顔が戻ってきたんです。

「重たい」なんて言いながらも自然と笑って。あんなに猫に甘えられ、絆を結ぶというのは、私自身の子ども時代を振り返っても経験がありません。

 実は、話が前後しますが、競技を辞めてからすぐに娘から「中学受験がしたい」と言われ、チャレンジすることになりました。そこに雪ちゃんがやってきたのです。娘は自分の意志で競技の場から塾に場所を変え、大会から受験に目標をチェンジしたわけです。

 娘が目指したいと言ったのは、親戚も卒業した私立の女子中学。中学受験は小3の2月から塾に通って準備を始めるのが多い中では、小5の秋からのスタートは遅めでした。

 そして、翌年はコロナ禍です。そんな状態で受験を控えた最終学年がスタートしたわけですが、昨春からは一斉休校で塾も休みという落ち着かない事態になりました。その間、とにかく雪ちゃんは娘に寄り添い続けたのです。塾のオンライン授業の時に、割りこんで姿が映ったこともありましたが。

 競技スポーツも結果が見える厳しい世界でしたが、中学受験も過酷だったと思います。今、放映されている『二月の勝者』という中学受験のドラマを家族で観ていますけど、まさにあんな感じ。親子で熱が入りました。娘は勉強も目標に向かって、集中して頑張りました。

 元々負けず嫌いでしたが、スタートの遅れを取り戻し、娘は今年の2月、無事に志望校に合格することができました。

 精神面では雪ちゃんの存在が大きかったですね。娘を、ずっと雪ちゃんが支えたんです。雪ちゃんはまるで、自分の役目をわかって家に来てくれたみたい。言葉を超えた触れ合いで。誰にもできないセラピーをしてくれた感じがします。

「雪ちゃんがいなかったら、競技での喪失感も癒えなかったし、受験時期の癒やしも無かったかもしれない」と思っています。

 気づけば、猫を飼うことに不安を覚えた主人も「猫ってこんなに可愛いかったの?雪ちゃーーん」と。その猫撫で声に、娘と顔を見合わせて笑ったりして。雪ちゃんの一挙手一投足に家族中で夢中になり、家も明るくなっていきました。

◆2匹目の猫と、軽井沢でお見合い

 受験が終わると、娘と「雪ちゃんに妹か弟がほしいね」と話すようになりました。

 そのころ、保護活動をしているmaiさんのインスタグラムをチェックするのが日課になっていました。保護された猫が随時紹介されるのですが、7月、1匹の茶トラ猫が載りました。推定2カ月の男の子。ビビビときたというか、なぜか他の猫を見た時とは違う思いになり、<暑い中一人でよく頑張ったね……>という文に涙もこぼれて。その子の写真を何度も何度も見返しました。可愛いので、すぐ家族が決まるのだろうなと思いながら。

 夏休み、私は軽井沢に行く用事がありました。すると、たまたまその二日前にmaiさんが軽井沢の別宅からインスタライブをし、茶トラ君の紹介をしたんです。

「まだ家族が決まっていないんだ」

 背中を押される気分で、maiさんにメッセージを送ってみました。うちには先住猫がいることと、簡単な家族紹介と、軽井沢に行く予定であることを記すと、「ぜひ会いにいきてください」とすぐにお返事がきました。ご縁があったのか、とんとん拍子でした。

 そうして無事に猫とお見合いして、9月に家に来たのが海君です。 

◆無邪気な海君を包む雪ちゃんの母性

 海君は天真爛漫で人懐こいとは思っていたけれど、雪ちゃんとの相性は気になりました。それも杞憂に終わり、2日後には雪ちゃんはケージで寝ている海君に自分から近づき、3日目にはすぐ傍でお昼寝をしました。

「お姉ちゃんになるんだね」と雪ちゃんに話していたのですが、ママになってくれたんです。

 海くんは子猫なので食べるのが早く、雪ちゃんは食べるのが遅い。そうするとごはんを譲るんです。大好きなちゅーるも、毛布も「どうぞ」。うちの主人が猫の遊び担当なんですが、猫じゃらしを振ると、雪ちゃんは海君に「最初に遊んでいいよ」と促すようにして。いつ海くんを生んだの?というくらい雪ちゃんに母性が溢れだしました。

 maiさんに「2匹目を迎えると、今まで知らなかった先住さんの姿が見られます」と聞いていたのですが、まさにその通り。雪ちゃんの姿が、毎日、更新されている感じです。

 でも不思議なことに、今もたったひとつだけ、海君に対し雪ちゃんが譲らないものがあるのです。

 それは、娘の“膝の上”です。

「お膝は私の」と雪ちゃんが教えたのか、幼い海君にも「ふたりの絆は本物」とわかっているように割り込みません。そういうシーンを見るにつけ、あらためて雪ちゃんに「ありがとう」という思いが溢れます。娘のことも、母性で包んでくれている気がしています。

 よき保護主さんと出会い、2匹との暮らしを通し、私も多くの方に「保護猫」のことを知ってほしいと思うようになりました。

 雪ちゃんと海君を迎えて家族の暮らしは変わりましたが、何より私自身が変わった気がします。視野が広がったというか、心に余裕ができたというか……。この先、猫の保護活動で、私にもできることで何かお手伝いがしたいなと考えるようになりました

 過酷な環境にいたうちの雪ちゃんと海君には、わが家で幸せを感じてほしいし、安心してずっと元気に暮らしてほしいです。

 (水野マルコ)

【猫と飼い主さん募集】
「猫をたずねて三千里」は猫好きの読者とともに作り上げる連載です。編集部と一緒にあなたの飼い猫のストーリーを紡ぎませんか? 2匹の猫のお母さんでもある、ペット取材歴25年のベテラン・水野マルコ記者が飼い主さんから話を聞いて、飼い主さんの目で、猫との出会いから今までの物語をつづります。虹の橋を渡った子のお話も大歓迎です。ぜひ、あなたと猫の物語を教えてください。記事中、飼い主さんの名前は仮名でもOKす。飼い猫の簡単な紹介、お住まいの地域(都道府県)とともにこちらに連絡ください。nekosanzenri@asahi.com