所ジョージさんがYouTubeチャンネルを終了することが大きな話題になりました。所さんは10年前からYouTubeにチャンネルを開設し、動画の投稿をしていました。10年前は、今ほどYouTubeというプラットフォームがメジャーになっていなかった頃です。YouTuberを目指すというよりは、「動画を制作するのが純粋に好きな人」が主に動画を投稿していた時代です。おそらく、所さんもそのような趣旨でチャンネルを開設したのだと思います。

 所さんのチャンネルは、もともと「世田谷一郎」という名前で開設され、現在は「SETAGAYA BASE工作部」という名前になっています。そのチャンネルは広告をつけない方針で運営されていました。ところが、YouTubeの規約が昨年から変更になりました。YouTubeパートナープログラムに参加していなくても(動画に広告をつける設定にしていなくても)、動画に広告がつくようになりました。この場合、Google側が”勝手に”広告を動画につけているため、YouTuberには収益が入りません。このような仕様変更により、所さんの意思に関わらず動画に広告がつくことになり、「お金のニオイがしないでやってきた10年は、広告がつくので、今日でおしまい」と締めくくりチャンネルを終了することになりました。所さんは、「所さんの97チャンネル」というオフィシャルチャンネルも運営しており、こちらは継続するみたいです。

 多くの方々は、YouTubeを視聴する際、広告も目にしているはずです。テレビを視聴する際にも、民間放送であれば必ずコマーシャルが挟まれます。広告やCMは、飛ばされたり、もしかしたら「視聴の邪魔だ」思われるかもしれません。しかしながら、動画を投稿しているクリエイターの立場だと少々考え方が異なります。

 YouTubeには、1分間で500時間以上の動画が投稿されています(2020年2月時点 YouTube公式ブログより)。今、この記事を読んでいる間にも膨大な量の動画データが、YouTubeにアップロードされています。アップロードされた動画が不適切な内容かどうかをチェックしたり、どんな人にオススメされるべきかを計算するアルゴリズムやその開発、膨大なデータを扱うサーバー等の費用が、すさまじいものになることは想像に難しくありません。

 我々は動画を投稿するためにYouTubeにお金を支払ったり、年会費を支払ったりすることはありません。YouTuberが「無料で」動画をアップロードできるのは、本来かかるべきお金を、広告主が支払っているからです。そのため、「YouTubeに動画を投稿する」のに、「広告をつけない」というのは、YouTube側から見ると、「場所代を支払わずに店舗を構えている」ようなもので、そうしたクリエイターが増えると困るのです。そのため、規約が変更され、収益化設定をしていなかったり、収益化基準(登録者1000人以上、直近1年間での総再生時間4000時間以上)に満たない規模のチャンネルや動画にも、YouTubeは広告をつけるようになりました。

「広告をつけるなんて、お金儲けが目的なのか」「好きでやってたんじゃないのか」という意見も理解できますが、「無料で動画を視聴する」と「広告をつけない」は、YouTubeのビジネスモデルでは本来両立しないのです。YouTuberはYouTubeというプラットフォーム(場所)を借りて、動画を投稿させてもらっている立場です。フリーズせずに画質も落とさずに、何本も無料で動画を投稿することができること、視聴者も安全に、快適に動画を視聴できるサービスは、素晴らしいものです。このサービスの「無料」の部分を支えているのは、広告主であり、広告です。YouTubeで「広告をつけるのにふさわしくない動画」が排斥されるのも合理的なことで、YouTuberは基本的には「広告をつけるのにふさわしい動画」を投稿します。広告はなぜか嫌われがちですが、YouTubeのサービスを支える根幹ともいえます。

 とはいえ最近は、YouTubeの広告として品性のないものが散見されるようになりました。目先の数字を追うためなのか、過激な内容や、下衆な言葉遣いや、下品な画像やイラストが出てくることもあります。YouTuberが投稿する動画の内容には厳重に何重にもチェックが入るのに、広告の内容には適切な規制がないのか、という意見も頻出するようになりました。広告の質は、サービスの質にも直結すると考えます。広告が良くないと、視聴者はYouTubeから離れてしまいます。広告のイメージが下がることで、「収益化しない」を善とするYouTuberがいたり、「広告を見たくない」から視聴をやめる視聴者も出てくるかもしれません。広告に対するイメージや認識を、正しく伝えられるような広告が増えることを願っています。