筆者が神社仏閣の記事を書くようになってから、毎年欠かさずお参りする祭事がある。それが、上野寛永寺の不忍池辯天堂の大祭である「巳成金」だ。筆者が神社仏閣ライターとしてのスタートが、このお堂であったことが最大の理由で、そのお礼と毎年のご報告という意味も兼ねて、毎年参拝するようになった。

●才能の神から財宝の神へ

 不忍池辯天堂の本尊は「八臂辯才天(はっぴべんざいてん)」で、巷で言う弁天さまである。弁天さまとは仏教発祥の地・インドにおいては、聖なる河が神格化された神さまで、河の流れる音の美しさから音楽や芸術、その才能を育てる神さまとして信仰されている。この神が日本へ渡り、「弁才天」がやがて「弁財天」と表記されるようになると、才能だけでなく「財宝」の神さまとしても広く知れ渡るようになっていった。

●江戸城守護のお寺のパワー

 このような根本を持つことから、弁天さまは今でも手に楽器を持つことも多く、また水と関わり合いが深い。不忍池辯天堂の弁天像も手に琵琶を持ち、上野の不忍池の上に鎮座することとなっている。以前にも何度か紹介をしているが、寛永寺は徳川家康が参謀でもあった僧侶・天海によって造られた江戸城守護のための徳川のお寺である。鬼門・裏鬼門などに江戸城の守護を配して、京都のような堅牢な都市を造りたいと願って、鬼門に配されたお寺である。京都の鬼門に位置する延暦寺を模して創建された寛永寺。琵琶湖に浮かぶ竹生島・宝厳寺に見立てられたのが不忍池辯天堂なのだ。

●暦から生まれた幸運の風習

 弁天さまの祭事、「巳成金」とは十二支の「巳」、十二直(暦に12個の吉凶などが記された)の「成=物事が成就する日」、そして五行(万物を組成する気。木・火・土・金・水の5つ)の「金(ごん)=堅固な性質を表す」の重なる日に、金銀など財宝を紙に包んで封じることで将来の富を願った、という習わしが元となっている。暦の運行の中で生じる、ある「金運祈願」風習が「巳成金」の始まりであると考えられ、そのご利益の評判の高さから多くの弁天さまを祀る寺社で「巳成金」を催行するようになったのだろう。中でも不忍池辯天堂の弁天さまの評判はひときわ高かったようだ。

●「巳の日」は弁天さまの縁日

 日本では弁天さまはいつしか「巳(へび)」と習合し、「巳の日」は弁天さまの縁日とされるようになった。有名な弁天さまを祀る寺社の近隣は、巳の日渋滞が起こるとして知られているほどである。鎌倉の銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)などは特に有名である。「巳成金」の行事は、弁天さまと深くつながるものとなったのである。日本へ渡来すると、神も仏も変化・進化しつづけ原型もとどめなくなっていくの典型が弁天さまと言えるかもしれない。

●9月の「巳の日」が巳成金に

 そんな「巳成金大祭」を不忍池辯天堂では9月の「巳の日」に行うとしている。わりと多くの弁天さまを祀る寺社では9月巳の日を祭日としているところが多いようだが、9月の「巳」と「成」の日に催行しているところ、9月の決まった日に決めているところなど様々である。不忍池辯天堂は特に9月に「己巳の日」がある年はその日と定めているが、毎年9月に「己巳」があるとは限らない。

●弁天さまに大黒さまが加わる弁天島

 それから、辯天堂そばには「大黒天堂」が建っている。不思議な話だが、この大黒さまは豊臣秀吉の念持仏だったという伝説が残っている。関東に秀吉由来の仏像が博物館以外で残っているものだろうか。私が参拝を始めた十数年前はお参りする人を見かけることも少なかったお堂だが、今ではちょっとした参拝の列ができているほどとなった。弁天さまと大黒さまと言えば、どちらも財と出世の神さまである。密かにどなたかの成功体験でも広まっているのだろうか、とちょっと疑っているほどだ。

 というわけで、今年の不忍池辯天堂の「巳成金大祭」は来週9月13日(火)である。毎年出向く私は知っているが、必ず1日のどこかで雨が降る。台風が直撃した年もあった。ところが幸いなことに、土砂降りだった年も傘はお堂の橋を渡る前までに不要になり、ある年は雨が止んだとたんに陽が射してくることもあった。きっと今年もどこかの時間に雨が降るだろう。やっぱり弁天さまは「水」の神であることを毎年強く感じることのできる「巳成金大祭」なのである。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)