「成績がいいだけで、地方の医学部を受験しにくる子がけっこういるんだよ」。受験をテーマにしたマンガ『ドラゴン桜』でもおなじみの作者・三田紀房さんは、そんな友人の医学部教授の言葉をきっかけにマンガ『Dr. Eggs』(「グランドジャンプ」で連載中)を描き始めた。とくに医師になりたいわけではないが、担任の先生に勧められるまま地方の国立大学の医学部へ入った主人公の医大生ライフを描く。好評発売中の週刊朝日ムック『医学部に入る2023』では、作者・三田紀房さんに制作の裏話を聞きました。

*  *  *

 とくに医師になりたいわけではないが、担任の先生に勧められるまま地方の国立大学の医学部へ。

 そんな主人公・円千森くんの医大生ライフを描いたマンガ『ドクターエッグス』には、医大生ならではの喜びや葛藤がたっぷりと詰まっている。医学部を目指す人なら、ぜひ読んでおきたい作品だ。

■成績がいいだけで医学部を選ぶ?

「医療系マンガを描こうと思ったときに、医学部の教授をしている友人が、『成績がいいだけで、地方の医学部を受験しにくる子がけっこういるんだよ』と話していたことを思い出したんです。実際に医師になるかは置いておいて、勉強が得意だから、とりあえず安定の医師免許を取っておこうという考え方。医学部って医師になりたい人が行くところだと思っていたので、少し意外に感じました」

 そう話すのは、受験をテーマにしたマンガ『ドラゴン桜』でもおなじみの作者・三田紀房さんだ。

■医師になるためには何を学ぶのか

 改めて友人のところに取材に行くと、医学部ならではの面白い話がわんさか出てきたという。

「例えば、地方の医学部に入ったら、勉強よりもまずは一人ぼっちにならないことが大事なんだそうです。サークルなどに属して周囲と会話を交わして、大学という場に溶け込むことが第一。そうしないと学びが充実していかないし、医師は人と関わって成り立つ仕事だから、人間関係を構築できる力が重要なんだそうです」

 一方、勉強についても、1年次には人の骨を正しく並べる「骨学」という授業がある。2年次になると解剖実習がスタートするが、その具体的な中身を一般の人が知ることはあまりない。

「6年間でどんな勉強をして医師になるかなんて、そういえばほとんど情報がないですよね。だからそのプロセスや、医大生にとって大事だという日常生活についても、丁寧に描いてみたいと思うようになりました」

 そんな作品を支えているのが、現役の医大生たちだ。とくに解剖実習ともなると資料がほとんどないため、「彼らがモデルとなって説明したり、教えてくれたりしているんです」と三田さん。その圧倒的な協力があるからこその“リアル”が実現しているが、この作品を通して、三田さんはどんなことを伝えていきたいのだろう。

「医師になるのは何か特殊な能力を持った人だと思いがちですが、そんなことはないんですよね。解剖実習をやるまでメスなんて握ったことはないし、どう切ったらいいかもわからない。ときには失敗もしながら、地道な努力を重ねてスキルを身につけていく。ただ、一人で勉強だけしていてもだめで、周囲との関わりからコミュニケーション力も高めながら、徐々に医師になっていく。その過程はほかの職業とも変わらないわけで、そこを伝えていけたらいいですね」

■大学に入ってから興味を深めてもいい

 とはいえ医学部受験には面接があり、志望動機を問われる。大学を選ぶ段階から、将来のイメージを持つことが求められている。

「僕が大学受験したときは、『商学部でも経済学部でも、どこかに合格できたらいいな』というくらいでした。もちろん10代で明確な人生の目標があれば素晴らしいけれど、ひとつの可能性として医学部に挑戦したっていいし、入学後に医学の面白さに気づくのもありだと思います」

 あえて実家から離れた大学を選んでみるのも選択肢の一つとして勧めたい、と三田さんは続ける。

「円くんは民謡同好会の活動を通じて、自分の意外な面に気づきます。これまでと異なる環境に身を置くことは、自分を見つめ直すきっかけになるし、医師にとって重要なコミュニケーション能力も鍛えられるでしょう。まずは本作品で医学部の予備知識を得ながら、受験へのモチベーションを高めてもらえたらうれしいですね」

(文・竹倉玲子)

三田紀房/1958 年生まれ。一般企業に就職したのち、漫画家へ転身。代表作に『ドラゴン桜』(第29 回講談社漫画賞、平成17 年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞)、『インベスターZ』『クロカン』『砂の栄冠』など。

※週刊朝日ムック『医学部に入る2023』より