トウカイテイオーといえば、1991年に無敗で皐月賞とダービーを制覇した伝説の馬だ。その後は故障に泣いたが、93年の引退レース・有馬記念で奇跡の優勝し、多くのファンが感動の涙を流した。近年はゲーム&アニメの「ウマ娘」の大ヒットで、当時を知らない世代からも注目を集めている。その名馬の産駒に跨れる乗馬クラブが群馬にあるという。しかも未経験者でも乗れるというのだ。競馬好き、ウマ娘好きには、耳寄りな話ではないか。

 前橋市からほど近い赤城乗馬クラブを訪れた。

 このクラブにはトウカイテイオーの産駒が4頭もおり、会員以外のビジターでも乗れる。とはいえ、あの名馬の子だ。引退後も闘争心に溢れ、未経験者などは振り落とされるのでは?

「いえいえ。4頭とも人に従順で温厚。乗馬に適した性格です」

 と語るのは、このクラブの石井計人社長。

 ここにいる産駒は、ヤマニンバッスル、ゴールドショット、リラン(競走馬時代の名はダッキ)、トウカイフェスタ。いずれもJRAや地方競馬で走ったうえ、引退後の“第2の馬生”を乗馬として送っているのだ。

 乗馬クラブで会員やビジターが乗るだけでなく、馬術大会に出場することもある。9月10日に行われた群馬県馬事公苑乗馬大会には、トウカイフェスタとリランが出場。2種目に出たフェスタは1位と3位と活躍。大会初出場だったリランも2位に入賞した。

 記者が取材で訪れた日は、都内から来たという初心者2人が、ヤマニンバッスルとリランで外乗(森の中などを先導馬についてゆっくり進む)をしていた。

 帰ってきた2人に、トウカイテイオー産駒に乗った感想を聞いてみたところ、

「えっ、テイオーの子だったんですか? 知りませんでした。リランは草が大好きで、途中で立ち止まっては食べていました。牧場の方に『止めさせないと舐められてしまいますよ』と指導されたので、止めさせるようにしました。こちらの言うことをちゃんと聞いてくれましたし、とても素直な馬でした」

 実は赤城乗馬クラブは、トウカイテイオー産駒がいることをアピールしていない。ホームページでも触れていないのだ。ビジターの多くは、まさか自分が乗った馬がテイオーの子であるとも知らずに帰っていく。

 石井社長は「僕は競馬の方はそんなに興味がないから。宣伝しようとは思いませんでした」と説明する。

 そんな石井社長がテイオー産駒を引き受けるきっかけを作ったのは、「トウカイテイオー産駒の会」の早川代表だ。

 91年のダービーでトウカイテイオーの虜となった早川さん。引退の1週間後には、北海道の放牧地に見学に行ったほど。早川さんは、テイオーの父である「皇帝」ことシンボリルドルフが2011年10月に亡くなった時に危機感を覚えた。

「いつかはテイオーも亡くなる日がくる……。なんとも言えない焦燥感に襲われました。そこで産駒を応援することで、テイオーのことをPRしようと思ったんです。決して忘れられないように。有志と『皇帝 帝王 伝説』という文字とテイオーのイラストを入れた横断幕を作って、産駒が走る競馬場のパドックに掲げました。JRA、地方、全ての競馬場を協力して回りました」(早川さん)

 テイオーの子も次々に引退していく。早川さんらは、産駒たちに幸せな“第2の馬生”を送ってほしいと願った。特に気になったのは、川崎競馬で走っていたヤマニンバッスル。

「テイオーに顔がよく似ているんです。流星がそっくり。これからもそばにいて欲しいと思い、親しい厩務員さんに間に入ってもらって、厩舎を訪問し想いを伝えました。『そんなに好きで引退後のことを考えてくれているのなら』と、引き取りの話が進んだんです」(早川さん)

 13年6月のレースを最後に引退したヤマニンバッスルを引き取り、乗馬のトレーニングを開始。ゴールを目指してひたすら走る競走馬と違い、乗馬では動かないことも要求されるなど、動きがまったく違う。そのため入念なリトレーニングが必要なのだ。引き取って2カ月後にトウカイテイオーが亡くなったこともあり、早川さんはバッスルをテイオーの忘れ形見のように感じたという。

 十分にリトレーニングを積み、乗馬として活躍できるようになった17年のこと。

「ちょうど赤城乗馬クラブさんが新しい馬を必要としていると聞きまして、お願いしたんです」(早川さん)

 一方、赤城乗馬クラブは、

「うちにとってもありがたかったですよ。バッスルはよく訓練されていましたので」(石井社長)

 こうしてトウカイテイオー産駒の会と赤城乗馬クラブの間に縁ができ、翌年にゴールドショットが、20年春にリラン、同年夏にトウカイフェスタがやってきた。

 さてテイオー産駒の乗り心地はどうか? 乗馬経験が1度しかない記者が、トウカイフェスタに乗ってみることに。

 跨ってみて驚いたのは、フェスタの背の高さ。というのも馬格がとても良いのだ。20年に走った最後のレースでは、馬体重502キログラムという堂々とした体躯(ちなみにトウカイテイオー最後のレースは474キログラム)。また、馬は乗り手の未熟さを感じ取ると、舐めてかかることもあるというが、フェスタはこちらが初心者であることを見抜いただろうに、ちゃんと命じた通りに動くのである。

 石井社長が言う。

「テイオー産駒に乗りたいのであれば、乗馬予約の際に伝えて下さい。3日前くらいまでに相談していただければ、よほど込み合っていない限り、4頭のどれかを用意いたします。ゴールドショットはちょっと神経質なところがあるので、中級以上の方が良いと思いますが、他の3頭は初心者でも大丈夫です」

 秋の後楽シーズン、天下のトウカイテイオーの産駒に乗るのもお勧めだ。ちょうど30年前の秋、テイオーがジャパンカップで差し切ったシーンを想いつつ。

【赤城乗馬クラブ】

群馬県吉岡町漆原1590の1

電話0279・54・0481

体験乗馬+パカパカ散歩=約40分。平日8800円、土日祝9900円。場内で基本的な馬の動作を練習。

ビジター外乗=約40分。平日9900円、土日祝11000円。森の中や川の中を先導馬についていく。

※月曜休み 

【トウカイテイオーの産駒たち】

ヤマニンバッスル=騙馬。鹿毛。06年生まれ。母ヤマニンドルチェ、母父サンデーサイレンス。29戦4勝。

ゴールドショット=騙馬。栗毛。06年生まれ。母イシノルージュ、母父アフリート。68戦9勝。

リラン(ダッキ)=牝馬。鹿毛。10年生まれ。母キクノジョリー、母父ジョリーズヘイロー。47戦7勝。

トウカイフェスタ=騙馬。鹿毛。10年生まれ。母トウカイデンヒル、母父デインヒル。116戦7勝。

(本誌・菊地武顕)

※週刊朝日オリジナル記事