ダイアナ元妃がパリで非業の死を遂げてから今年で20年。相変わらず人気は衰えない。常に比較されるキャサリン妃がダイアナ元妃に絶対負けないこととは──。

 ダイアナ元妃(享年36)の没後20年の追悼記念として、元妃の住まいだったケンジントン宮殿では衣装展覧会が2月から始まった。展示された25着には、ホワイトハウスでダンスの名手、ジョン・トラボルタと踊ったイブニングドレスや「エルビス」と名づけられた香港公式訪問の際の豪華な一着などが含まれる。初日には宮殿前に長い列ができ、元妃の変わらぬ人気と関心の高さを見せつけた。

●結婚を機にタブー解禁

 追悼イベントの中で特に注目されているのが、ケンジントン宮殿に建てられる元妃の像だ。これはウィリアム王子(34)とヘンリー王子(32)が中心になって計画しており、一般からの寄付を主な財源にする。母を突然に失ったとき、ウィリアム王子は15歳、ヘンリー王子は12歳だった。二人は長く母について語らなかった。王室による謀殺説が完全には消えていない状況にあって、ダイアナの名前を口にすることは王室内では一種のタブーだったのだ。

 それが、ウィリアム王子はキャサリン妃(35)と結婚すると、亡き母を頻繁に登場させるようになった。まず、婚約指輪は母の形見の品だった。子どもが誕生すると、さらに元妃一色に。ジョージ王子(3)の洗礼の場所は、歴代の王位継承者にならってバッキンガム宮殿と予測されたが、実際は地味で小ぶりなセント・ジェームズ宮殿だった。そこはパリから運ばれた元妃の棺が葬儀まで安置されていた場所だ。シャーロット王女(2)が生まれると、ミドルネームに「ダイアナ」が刻みつけられた。洗礼の場所は元妃自身が洗礼を受けた教会だった。ウィリアム王子は、「母に一緒に立ち会ってもらいたかったから」と選択の理由を話し、「母のことを思い出さない日は一日もない」と言い切った。子どもたちの育児は、当然ダイアナ流を踏襲した。

 一方で、メディアはキャサリン妃をことあるごとに元妃と比較してきた。昨年、妃はファッション誌「ヴォーグ」(イギリス版)の100周年記念号の表紙を飾った。カジュアルでシンプルなスタイルが美しさを際立たせていると称賛されたが、さっそく持ち出されたのは、1991年の元妃による同じ雑誌の表紙。「自信に満ちあふれた新しいダイアナがここにいる」と大評判だったものだ。「キャサリン妃は元妃と比べるとかなり退屈」「ダイアナさんのカリスマ性には、しょせんかなわない」と書きたてられた。

●元妃との最大の違いは

 何を着ても、何をしても元妃と比べられる。キャサリン妃が一般の人たちと握手をしたり子どもたちと言葉を交わしたりすると決まって「ダイアナさんはもっと自然に触れ合った」「キャサリン妃はわざとらしい」と言われる。

 しかしキャサリン妃は、元妃と競わない。むしろ夫の母への思いを一心にサポートする。ジョージ王子を出産して退院する時は水玉模様のワンピースをまとって、元妃のウィリアム王子出産後の退院時の服装とそっくりにした。義母に敬意を示して「永遠に勝てない嫁」「夫と共に追慕する嫁」の姿勢を貫き、間違っても夫のマザコンぶりを非難するような言動はしない。

 3月半ばにウィリアム王子は男友だちとスイスにスキー旅行に行き、昼間からモデルらと酒を飲んだり、ナイトクラブで上手とは言えないダンスを披露したりした。動画が出回った直後に公務でパリを訪問した夫妻に好奇の目が集まった。王子はバツの悪そうな表情を浮かべたが、キャサリン妃はいつも以上に笑顔を夫に向け、窮地を救った。

 元妃との最大の違いは夫との仲の良さだ。これだけは元妃に絶対に負けない。ここさえ押さえれば、他は瑣末なこととキャサリン妃は心得る。王室で生き抜く妃のしたたかで賢明な覚悟は、もうとっくにできているのだ。

(フリージャーナリスト・多賀幹子)

※AERA 2017年5月22日号