ダイアナ元妃没後20年を迎え、英王室で若き王族たちの「告白」が続いている。3人のオープンな姿勢に英国民は好意的だが、エリザベス女王は苦々しい顔を見せる。

 ウィリアム王子(35)は男性ファッション誌「GQ」英国版7月号のインタビューで、母親ダイアナ元妃(享年36)について赤裸々に心情を吐露した。

「ずっと母のアドバイスをもらいたかった」

「妻子を母に会わせることができないのが残念だ。しかもこれから絶対に会うことがないと思うと、悲しい」

「ダイアナ」の名前を口にし、母を慕う気持ちを話せるようになるまで20年かかったとも付け加える。キャサリン妃(35)も負けてはいない。ジョージ王子(3)とシャーロット王女(2)の育児について話す。

「もう、どうしようもない時があります」

「子育てはとても孤独です」

●王室離脱も考えた王子

 しかしなんといってもヘンリー王子(32)の告白は衝撃的だった。アメリカの「ニューズウィーク」(電子版、6月21日付)のインタビューに、「英王室で、国王や女王になりたい人がいるでしょうか。僕はいるとは思わない」と率直だ。さらにイギリスの大衆紙「メール・オン・サンデー」(6月25日付)で、「王室を離脱したいと思ったこともあった」とも発言。「まるで金魚鉢の中で暮らしているようだと感じるときがあるが、最近はうまくやりこなせるようになった。王室を離れて普通の人になりたいとも思ったが、自分の立場を良いことに使っていきたい」と話す。20年前、ダイアナさんの葬列の際に棺の後ろを歩いたのは嫌だったとも言い、「子どもにそういうことをさせるべきではない」と、指示した祖父エジンバラ公を批判さえした。

 ウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子の3人はメンタルヘルスの向上に尽くすため「ヘッズ・トゥゲザー」というチャリティー団体を立ち上げた。ダイアナさんの行っていた活動の継承を具体化したもので、身近な人の死やいじめの被害など、つらく悲しい体験は心にしまいこまないで言葉に出そうというもの。3人は親などを亡くした子どもを支える会などを頻繁に訪ねている。

 メンタルヘルスは、これまでロイヤルが手を付けなかった領域だけに国民には「地味すぎる」「暗すぎる」との意見もあるが、評価は高い。自分の感情を表に出さないのがロイヤルの掟とされてきたが、3人のオープンな姿勢には「王室の人が身近に感じられる」と好意的だ。

●発言に釘刺す女王

 ただ、エリザベス女王(91)は、ロイヤルは軽々しく自分の感情を国民の前で口にするべきではないと釘を刺す。「度を越さないように」「トーンダウンを」と指導する。チャールズ皇太子(68)は、自分が立ち上げた慈善団体を2人の王子が継がないことに失望を隠しきれない。「プリンスズ・トラスト」は経済的に恵まれない若者たちに起業を促す慈善団体で、おかげでこれまで多くの青年が成功を手にしてきた。しかし、王子たちはダイアナさんの遺志を継ぐと決め、国民がそれを支援するのを感じて黙ってしまった。

 現在のイギリスは前代未聞の苦境にある。各地で悲惨なテロ事件が起き、続いて高層住宅で大火災が発生した。総選挙の結果は、地滑り的勝利が予想された与党・保守党は半数を割り、ハングパーラメント(宙ぶらりん)状態。メイ首相の危うい綱渡りが続く。EU離脱交渉はさっそく難局を迎えている。こうした深刻な不安が重なる状況の中で、王室だけは唯一信頼を寄せられる心のよりどころのはずだった。しかしその中で特に人気者3人がそろって「つらい」「悲しい」「王室から離脱したい」と告白合戦を続ける。国民からは「私たちは日々の暮らしから離脱できない」「今こそ王室は揺るぎない安定感で安心を与え、分断された国を一つにまとめて」との声が上がっている。

(フリージャーナリスト・多賀幹子)

※AERA 2017年7月24日号