イスラエルは8月、UAE(アラブ首長国連邦)との国交正常化を発表しました。イスラエルでは誰も予想しておらず、相当な驚きをもってこのニュースは迎えられました。最近、イスラエル政府はコロナ対策に関心を奪われており、パレスチナを含むアラブ諸国との関係は膠着状態でした。

 国交正常化はトランプ米大統領による仲介で実現しました。米国とイスラエルの政治評論家は、コロナ対策にてこずっているトランプ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相には、その批判をそらすために何らかの政治的な成果が必要だったと指摘しています。トランプ大統領は11月に大統領選を迎えるために「得点稼ぎ」が必要です。一方で、コロナ対策での失態に対して頻発する市街地デモに直面しているネタニヤフ首相も同じです。

 21カ国・1機構のアラブ諸国で、UAEはイスラエルと和平調印する4番目の国・機構となりました。1979年のエジプト、1993年のパレスチナ(注:和平プロセス)、1994年のヨルダンに続きます。

 イスラエルとシリアの間には確かに国境をめぐる紛争がありますが、他のアラブ諸国はアラブ人としてのパレスチナ連帯でイスラエルに対立を表明しています。またマレーシア、インドネシア、パキスタンといったイスラム諸国も同様にイスラムとしてのパレスチナ連帯で、イスラエルと外交関係を樹立していません。

 国交正常化の声明が出されるやいなや、翌日にはイスラエルの報道関係者はUAEに飛び(3時間半)、イスラエルの旅行者が休日に利用できる豪華ホテルやビジネスの可能性について報道していました。UAEの市民はイスラエルのテレビ取材にヘブライ語で「とても楽しみにしている」と答えていました。

 UAEは中東世界でもっともリッチな国のひとつです。国民一人当たりのGDPは4万3千米ドル。イスラエルは4万1700米ドル、日本は3万9千米ドル、エジプトは2500米ドルです。UAEのリーダーであるビン・ザーイドは伝えられるところによると、前任者よりも野心家で、ビジネススタイルは米国に近く、UAEの国際的な地位をもっと上げたいと考えています。

 イスラエルにおいて国交正常化への期待はとても高く、UAEとの国交正常化が、カタール、サウジアラビア、スーダンを含むアラブ世界のほかの国へもつながるのではないかと期待しています。政治的な良い話である一方で、秘密の取り決めがあるという話も出ています。イスラエルとUAEの平和条約は、米国にUAEに対して米国製F35戦闘機を売るという道を開いたのです。イスラエルは自国に使われるかもしれない最新兵器のアラブ諸国への売却に強く反対し、自国に対する脅威を取り除いてきたのです。イスラエルとユダヤ人ロビイストたちの同意なくして、F35の売却は米国議会では承認されないでしょう。しかし今では大量のF35売却が可能になりました。

 イスラエルとUAEの国交正常化は、紛争という大海における一滴にすぎないのかもしれません。中東には解決すべき多くの敵対する問題があります。イスラエルとパレスチナの領土問題、トルコとクルドなどの民族問題、シリアとレバノンの民族対立、イランの核開発疑惑、イエメンの内戦、テロなどいずれも中東における人権と民主主義の欠如が問題なのです。とはいえ、今回の正常化は平和への長い道程の小さな一歩になるかもしれません(そう期待しています)。

〇Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。