世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。
■水面下で高まる大麻需要



 俳優の伊勢谷友介被告が大麻所持で逮捕されるなど、日本では「麻薬」とされる指定薬物をめぐる問題が、連日のワイドショーなどで世間の耳目を集めている。その薬物に関連して、ここ最近の日本では、思いもよらない現象が起きている。それは「麻薬不足」である。

 裏社会で特に深刻とされているのが、ケミカルドラッグに分類されるコカインやMDMAといった各種ハードドラッグ。原材料を国内でまかなえる中南米ならいざしらず、アメリカでも密輸される量に影響が出ており、コロナ禍がこれ以上長期化すれば、価格に影響が出てくるとも予想されている。コロナ禍によって人とモノの移動が制限されてしまったため、それに比例してドラッグの移動(密売買)も難しくなってしまったという構図である。

 とりわけ四方を海に囲まれている日本では、麻薬不足が顕著である。海外からの人、モノの移動が減れば、それだけ密輸も露見しやすく、麻薬の「越境」は困難を極めている。

「コカイン、タマ(MDMAの隠語)なんかはまったく手に入らないよ。あったとしても値上がりしているから、今までのようには手を出しづらいね」

 その筋の友人からは、ここ最近でよく聞く話だ。
そんな中、彼らがいま注目しているのが、マリファナ(大麻)である。先日、伊勢谷被告が逮捕された際に所持していたものである。

 日本におけるマリファナは、インポート(密輸)ものと、国内産のものの両方が流通している。ひと昔前だと、国産は海外産に比べて品質的に下に見られることもあった。ところが近年では、そのクオリティも徐々に高まっていき、海外産にも引けを取らなくなったという。そして国産であれば、コロナ禍においても一定量の供給を賄うことができる。そうした流れもあって、国内のマリファナ市場は今まさに追い風で、ニーズが高まり活況なのだという。

 実はコロナ禍の影響から、ステイホームのお供にしやすいという理由で、アメリカなどでもマリファナのニーズは高まっているそうだ。マリファナ人気は日本だけの状況ではないのである。そこには少なからず、不安から逃避したいという理由があるのだろう。だが、昨今の厳しい状況下では、現実逃避してばかりはいられない。

 コロナ禍に順応するべく、いまや地球規模で人々の「再始動」が進んでいる。ニューヨーク在住の友人は、早々に別の州に移動して仕事を開始。「コロナね。気にしてても仕方なくない?」すでにこのような感じである。他にも、いまだ感染拡大が続くブラジルの友人からは、「いろんな連中が撤退しているから、逆にビジネスチャンスにしか見えないよ」というたくましい返答があった。野心むき出しで、現在は積極的に商売を始めているようだ。

 マリファナに逃避しても始まらない。我々もコロナと共に生きることに対して、いさぎよく腹をくくることが必要なのかもしれない。(文/丸山ゴンザレス)