米国のドナルド・トランプ大統領が、いよいよ「土俵際」に追いやられている。11月14日現在も大統領選の敗北を認めず法廷闘争に闘志を燃やしているが、メラニア夫人や娘婿のクシュナー上級顧問はすでにトランプ氏に敗北を受け入れるように助言したと報じられている。

 そんな中、メラニア夫人がトランプ氏との離婚を考えているという驚きのニュースも飛び込んできた。

 英タブロイド紙「ザ・サン」は、トランプ大統領の元補佐官で、2018年に暴露本を出版したオマロサ・マニゴールト氏の証言として、「メラニア夫人は大統領の任期が終了し、離婚できるようになるのを指折り数えて待っている」と報じた。 

 また、英タブロイド紙「デイリー・メール」は、メラニア夫人の元顧問であるステファニー・ウォルコフ氏の話として、メラニア夫人がトランプ氏との間の唯一の実子であるバロン君への財産分与を平等にするよう交渉していたことや、ホワイトハウスでの寝室をトランプ氏と別にしていたことなどを報じた。

 トランプ大統領の3番目の妻で、ユーゴスラビア(現・スロベニア)出身の元モデルという経歴からも注目されてきたメラニア夫人。夫婦の間で、何が起きているのだろうか。海外王室や要人外交に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏は言う。

「メラニア夫人はトランプ氏よりも24歳年下。元モデルという華々しい経歴からも、トランプ氏にとっては男性が社会的成功を成しえた証として欲しがる『トロフィーワイフ』的な存在ではないかと言われてきました。実際、夫にアドバイスをするような場面はあまり見られず、美しい姿でそばに立っていることだけが期待されているようでしたし、彼女自身、その役割を忠実に果たしてきたように見えます」

 ファーストレディという役割への意識を問われたこともあった。2018年6月、米テキサス州にある子どもの移民の収容施設を訪れた際、着用していたジャケットに「私には本当にどうでもいい。あなたは?」との文字があり、誰に向けたメッセージなのか波紋が広がった。

「歴代ファーストレディは、社会的な活動やメッセージを発信するのですが、メラニア夫人にはこれと言った功績がなかった。彼女にとっては、自分を失った4年間だったのかもしれません」(多賀氏)

 過去には、トランプ氏が手をつなごうとしたのを払いのけ、嫌悪感を抱いていると受け取られる場面も話題になった。

「トランプ氏は『アメリカファースト』を掲げて移民を排除する政策を推進していましたが、スロベニア出身のメラニア夫人も移民ですから、内心、不満や葛藤があったのではないでしょうか」(同)

 大統領ではなくなった夫を見捨てるようにも見られるが、自らをトランプ氏から「解放」されることで、メラニア夫人は自由を手に入れることになるのかもしれない。

 一方、トランプ氏が失うことを本当に恐れているのは、妻よりも敗北後の訴追ではないかという見方もある。国際ジャーナリストの春名幹男氏が解説する。

「16年の米大統領選をめぐる『ロシア疑惑』に絡み、捜査を中断させようとした司法妨害の疑いが濃厚とされており、大統領を辞めると逮捕される可能性があります」

 この窮地を避けるためには大統領であり続けるしかないため、「敗北宣言」に踏み切れないのではないかという見方もある。「ウルトラC」的な方法としてささやかれているのは、任期中にあえて辞任し、ペンス副大統領を大統領に昇格させることだ。

「大統領になったペンス氏がトランプ氏に対して刑事責任を問われない免責特権を約束すれば、訴追を逃れられるでしょう。過去には、ウォーターゲート事件で1974年8月にニクソン大統領が辞任した際、副大統領のフォードが大統領に昇格して免責を与えた例があります。これによってニクソン氏は罪に問われませんでしたが、フォードは2年後の大統領選で敗北しました」(春名氏)

 ピンチが続く中、トランプ氏の「逆襲」はあるのだろうか。

(本誌・岩下明日香)

※週刊朝日オンライン限定記事