新型コロナウイルスの影響で、世界中の経済活動が停滞し、二酸化炭素など「温室効果ガス」の排出量も一時的に減ったといわれる。しかし、地球温暖化は止まらず、異常気象が世界中で多発している。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」12月号では、コロナ禍でも忘れてはいけない地球温暖化について報じた。

*  *  *
 2020年夏(6〜8月)、地球の北半球は観測史上、最も暑かったと、アメリカ海洋大気局(NOAA)が9月14日に発表した。それによると6〜8月の北半球の陸地と海面の平均気温は、20世紀の同時期の北半球の平均気温を1・17度上回った。地球全体で見ても、この3カ月は、観測史上3番目に高温だった。

 日本でも20年8月の暑さは記録的だった。8月17日には静岡県浜松市で41・1度になり、18年7月23日に埼玉県熊谷市で観測された国内最高気温に並んだ。東京都心では8月の猛暑日(最高気温が35度を超える日)が11日を数えた。大阪市では7日連続で最高気温37度以上を記録した。どちらも観測史上最多だ。

 アメリカでは、西海岸のカリフォルニア州などで大規模な山火事(森林火災)が発生し、20年9月15日時点で焼失面積は合計2万平方キロメートル(東京都の約10倍)を超えた。10月初めになってもまだ収束していない。その原因の一つに異常な高温と乾燥が挙げられている。

■森林火災とバッタの大発生はつながっている

 実は19年から、世界中で記録を塗り替えるような異常気象や、それが招いたと考えられる災害が続いて起きている。

 19年9月から20年2月まで、オーストラリアで史上最悪といわれる森林火災が起きた。背景には異常気象がある。19年はオーストラリアの年間降水量が平年の約60%と観測史上最も少なく、空気が乾燥。年間平均気温も過去最高を記録し、同年12月には記録的な熱波に見舞われた。森林火災の起こる危険性が増大していた。

 ほぼ同じ時期の19年秋、ケニアやソマリアなどのアフリカ東部では、による深刻な農業被害が目立つようになった。被害はアラビア半島やイラン、パキスタンにも広がり、20年9月末になっても収束していない。乾燥した地域にすむサバクトビバッタは、生息地域に雨が降り、エサとなる草が生い茂ることで大発生する。世界気象機関(WMO)は、19年10月以降にアフリカ東部に降った大雨が、サバクトビバッタ大発生の一因になったと分析している。

 日本では19年12月〜20年2月、観測史上、最も暖かい冬となった。

 これら三つの異常気象は、それぞれ遠く離れているが、インド洋ダイポールモード現象という海水温の異常現象の影響を受けていると考えられている。17、18、19年と3年連続で正のインド洋ダイポールモード現象が発生。特に19年は通常より強力で、長く続いた。その結果、オーストラリアには乾燥と高温、アフリカ東部には大雨、日本には暖冬をもたらしたと考えられている。

 さらに20年8月ごろからは太平洋でラニーニャ現象が発生。これは秋から冬にかけてアメリカ西部に乾燥をもたらし、森林火災のリスクをより高めるのではないかと心配されている。

■地球温暖化が異常気象に拍車をかける

 世界各地で頻発する異常気象には、インド洋ダイポールモード現象や、太平洋のラニーニャ現象、エルニーニョ現象が関わっていることが、近年の研究で明らかになってきている。これらの現象の発生頻度を高めたり、より激しいものにしたりしているのが地球温暖化だと、多くの気象学者が考えている。日本も毎年のように大雨や台風による災害が起きている。これからも異常気象や地球温暖化のニュースに注目し続けよう。

【地球温暖化が原因で起きている現象】

●アメリカで森林火災 2020年8月〜継続中
西海岸・カリフォルニア州のサンフランシスコ市から見た森林火災。煙が市内に流れ込んで空がオレンジ色に染まった。異常な高温と乾燥で、森林火災が発生しやすくなっていた

●オーストラリアで森林火災 2019年9月〜20年2月
日本の国土面積の半分に相当する約19万平方キロメートルが焼失(世界自然保護基金の試算)。記録的な乾燥と高温が続き、森林火災の危険性が増大していた。

●日本で観測史上、もっとも暖かい冬 2019年12月〜20年2月
東日本(北海道・東北は含まない)と西日本(奄美・沖縄は含まない)の昨冬の平均気温は、平年に比べてそれぞれ2.2度、2.0度も高かった。雪の量も少なく、北日本(北海道・東北)や東日本の日本海側では記録的な少雪となった。

●バッタの大発生 アフリカ東部 2019年秋〜継続中
ケニアやソマリアなどに深刻な農業被害をもたらした。2019年10月以降、アフリカ東部に降った大雨が、バッタの大発生の一因になったと考えられている。

【インド洋ダイポールモード現象】

インド洋ダイポールモード現象には、正と負がある。通常は、インド洋熱帯域の海水温は東部で高いが、正のときは海水温の高い海域が西に移る。これが起こると、アフリカ近海に積乱雲が発生し、アフリカ東部に大雨を、インドネシアやオーストラリア西部に乾燥を、日本を含む極東地域に高温をもたらす傾向があるとされる。負のときは海水温の高い海域が東に移り、インドネシアの周辺地域に雨が多くなる傾向があるとされる。

【ラニーニャ現象】

ペルー沖から太平洋中部までの広い海域で海面水温が低い状態が続く現象。アメリカ西部で乾燥による森林火災が発生しやすくなるほか、オーストラリアなどで洪水が起きることが多い。この現象が発生すると、日本の夏は猛暑、冬は気温が低くなる傾向がある。

【エルニーニョ現象】

ペルー沖から太平洋中部までの広い海域で海面水温が高い状態が続く現象。この現象が発生すると、日本の夏は低温で多雨、日照不足となりやすく、冬は暖冬になる傾向がある。

(サイエンスライター・上浪春海)

※月刊ジュニアエラ 2020年12月号より