2020年はコロナ禍の巣ごもりが追い風となって、『愛の不時着』『梨泰院クラス』『サイコだけど大丈夫』など、Netflixで配信された韓流ドラマにドハマリする人が続出した。ヒョンビンやパク・ソジュン、キム・スヒョンら出演俳優たちの過去作をさかのぼるほど「韓流沼」にどっぷりハマった人もいたのでは?



 次に何を見ればいいのか迷子になっている人にオススメしたいのが、「ウェブトゥーン(WEBTOON)」の人気作である。ウェブトゥーンとは、スマホで読める韓国発の縦スクロール式のカラーウェブ漫画のことで、詳しくは別記事(「『鬼滅の刃』に迫る勢い!急成長する韓国発のスマホ漫画『ウェブトゥーン』」)にて説明するとして、人気作から触れていきたい。

 まずは、ドラマも大ヒットした『梨泰院クラス』。原作は同名のウェブトゥーン漫画だが、日本版は『六本木クラス』というタイトルになっていて、漫画配信サービス「ピッコマ」で読むことができる。

 ところで、なぜ「梨泰院」でなく「六本木」なのだろうか?

「ピッコマ」ビジネス戦略室長の杉山由紀子さんは、『梨泰院クラス』が日本向けにローカライズされた経緯をこう話す。

「『六本木クラス』は、2017年12月の配信開始当初からの人気作です。当時、いかに日本の読者に楽しんでもらえるかを考えた際、まだ『梨泰院(イテウォン)』は、韓国通の人にはわかっても、現在ほど一般的には知られていなかったことが考慮されました。亡き父のため、逆境を乗り越えて大手飲食企業に挑むという復讐劇の中で、主人公が梨泰院に飲食店を出すのですが、梨泰院の外国人が多く飲み場も多い特徴から、日本における舞台としては六本木がふさわしいだろうということからこのタイトルにしました。原作は19年3月に完結。一般的に連載が終了すると読者も減りますが、20年に実写ドラマが話題になったことで、原作が再ブレイクする現象が起きています」

 登場人物の名前も、主人公のパク・セロイは宮部新、といった具合に、日本人読者が感情移入しやすいように日本名があてられている。また、登場人物の心の声が吹き出しに現れる漫画ならではの演出も多用。実写ドラマでは描き切れなかった細部まで楽しめることから、ドラマをきっかけに作品のファンになった層にも読み応えがある。

 ちなみに、『梨泰院クラス』では、恋愛に奥手なイガグリ頭の主人公セロイを演じた俳優パク・ソジュンは、2018年のドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』では、180度キャラが違う超ナルシシストの副会長役を熱演していた。この作品の原作であるウェブトゥーン『もう秘書はやめます』を読んでいたファンからは、漫画に登場するキャラクターと“シンクロ率200%″と絶賛されていた。

 12月25日に発表された「LINEマンガ」の「2020年間ランキング」では、社会現象にもなっている大ヒット作『鬼滅の刃』が1位だったが、続く2位と3位は「LINEマンガ」オリジナルのウェブトゥーン作品で韓国発の『女神降臨』と『外見至上主義』がランクインした。

『女神降臨』は、メイクをしている姿は女神のように美しく周囲からもてはやされるものの、家に帰ってメイクを落とすとさえない素の姿に様変わりする女性を描いた痛快コメディ。もちろんロマンス要素もたっぷりで、ヒロインの相手にはK−POPアイドルのようなイケメンが登場する。韓国で12月より放送が開始された実写ドラマでは、そのイケメン役をアイドルグループASTROのチャ・ウヌが演じている。原作を読みながら日本上陸を待ちたいところだ。

『外見至上主義』は、いじめを受けて転校を決意し、一人暮らしを始めた主人公がある日、目が覚めるとイケメンになり、元の姿とイケメンの姿とを行き来するファンタジー。人間の欲望や卑しさを大胆に描いた作品だ。

 12月18日よりNetflixのオリジナルシリーズとして配信され、ランキングでも総合トップ10入りしている『Sweet Home −俺と世界の絶望−』(ソン・ガン主演)は、「LINEマンガ」の人気作『Sweet Home』が原作だ。ひきこもりの高校生が事故で家族を失い、古いアパートに移り住んだ日から、奇妙なバケモノが次々と出現するホラーミステリー。実写化を手がけたのは、『愛の不時着』を制作した「スタジオドラゴン」と『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』のイ・ウンボク監督で、躍動感あるリアルな描写が目を引くドラマである。

 13年よりいち早くウェブトゥーンを配信してきた「comico(コミコ)」のイチオシ作は『復讐の皇后』。ヒロインの姉が皇帝と結婚して皇后となるが、ある出来事により皇后一族が滅ぼされることに。この悲劇の運命を変えるためにヒロインが時をさかのぼり、姉に変わって自分が皇后候補として皇宮に入るファンタジーだ。

「ピッコマ」では、実写映画をウェブトゥーン化する試みも始めた。韓国で2016年に公開されたゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(コン・ユ主演)の続編として、その4年後を描いた最新作『新感染半島 ファイナル・ステージ』(カン・ドンウォン主演)が21年1月1日から全国で上映される。「ピッコマ」は新作公開に合わせ、『新感染半島』の1年前を描いたアナザーストーリーをウェブトゥーンにして配信している。

 さて、早速ウェブトゥーンを読んでみたくなったあなたのために、以下、この冬の巣ごもり中に読みたい作品を一挙紹介する。数話無料なので、試しに読んでみてはいかがだろうか。

   *
◆「ピッコマ」 公式サイト:http://piccoma.com/web/redir/853
『俺だけレベルアップな件』(DUBU<REDICE STUDIO>/Chugong/h−goon)…ファンタジーアクション
『六本木クラス〜信念を貫いた一発逆転物語〜』(Kwang jin)…復讐劇
『もう秘書はやめます』(漫画 : 金明美/原作:鄭景允)…ロマンスコメディ
『ミセン−未生−』(ユン・テホ)…サラリーマンものヒューマンドラマ
『月光彫刻師』(原作:ナム・ヒソン/脚色 イ・ドギョン/作画:キム・テヒョン)…ファンタジーロマンス
『RUGAL〜ルーガル〜』(Rel.mae)…裏社会ものSFサスペンス
『公爵夫人の50のお茶レシピ』(原作:Lee Jiha/作画:Ant studio)…お茶オタクファンタジー
『お見合い相手はうちのボス』(原作:Haehwa/漫画:NARAK/脚色: Egoma)…オフィスラブ
『新感染半島 ファイナル・ステージ アナザーストーリー』(文:Yeon Sang−ho / RYU YONGJAE/作画:STUDIO DADASHOW)…ホラーミステリー

◆「LINEマンガ」 公式サイト:https://manga.line.me/
『女神降臨』(yaongyi)…学園ロマンスコメディ
『外見至上主義』(T.Jun)…二重生活ファンタジー
『喧嘩独学』(原作:T.Jun/作画:金正賢)…喧嘩アクション
『神之塔』(SIU)…冒険ファンタジー。2020年「大韓民国コンテンツ大賞」マンガ部門の大統領賞受賞作
『Sweet Home』(Carnby / Okome)…ゾンビものホラーミステリー
『私は整形美人』(メンギ)…ヒューマンドラマ&ロマンス。ドラマ『私のIDはカンナム美人』の原作
『女優失格』(メンギ)…転落からの復帰劇
『成功したヲタク』(jungmin)…アイドル推しのコメディ
『だから俺はアンチと結婚した』(Jaerim/Kim Eun Jeong/Nam Ji Yeon)…同居ものロマンス
『チーズ・イン・ザ・トラップ』(soonkki)…成長ラブストーリー
『リベンジ・ラブ』(ちーにょ)…幼馴染との復縁ラブストーリー
『あまい悪魔のKiss』(いばらアオ)…ロマンス

◆「comico」 公式サイト:https://www.comico.jp/
『復讐の皇后』(Kim So Hyun/MUSO)…復讐ファンタジー
『傷だらけの悪魔』(澄川ボルボックス)…学園もの社会派ドラマ
『非モテの王子様』(安堂さわの)…非モテ男のラブストーリー
『ブルーハーツ』(夜宵草)…学園もの青春群像劇
『水蜜桃は少女にかじられる』(甘咲イロハ)…アラサー女子初体験物語
『パステル家族』(セイ)…日常コメディ
『キミのとなり。〜年の差恋愛の事情〜』(ゴリ)…アラサー女子婚活物語

   *
 最後に問題です!
『梨泰院クラス』でセロイがオープンした居酒屋名は「タンバム」ですが、『六本木クラス』では何という店名になっているでしょうか? 答えは、巣ごもり中にゆっくり探してくださいね。甘いお年を――。

(本誌・岩下明日香)
※週刊朝日オンライン限定記事