ダイアナ妃が生きていれば7月1日で60歳。1997年1997年8月31日、パリでの自動車事故で36歳で急逝し、ウエストミンスター寺院で行われたダイアナ妃の葬儀のテレビ中継の視聴者数は3210万人に達し、イギリス史上最多を記録した。世界中で推定25億人が葬儀の中継を視聴したと言われている。これほどまでに愛されたダイアナ妃の遺志は長男・ウイリアム王子とキャサリン妃に受け継がれている。



*   *  *
「王室のおくるみにくるまれた赤ちゃんを抱っこして、“水玉模様のドレス”でキャサリン妃がウイリアム王子と産院から出てきた時は、どよめきが起きましたよ」

 とは、現地で“水玉模様のドレス”を目撃した英国王室評論家でジャーナリストの多賀幹子さん。2013年7月22日(現地時間)、ウイリアム王子とキャサリン妃の第1子となる長男が誕生し、翌23日、出産で滞在したセント・メアリー病院からのキャサリン妃のお出ましを報道陣、現地の王室ファンが見守った。ロンドンで取材していた多賀さんによると、

「ダイアナ妃が長男・ウイリアム王子を出産し、産院を出る時のドレスも水玉模様。そのドレスに対するオマージュでキャサリン妃も水玉模様のドレスで出てこられて、その時、“おぉ〜”という声があがり、感動のあまり泣いている人もいました」

 当時の取材は過熱していて、世界各国から報道陣が集まった。もちろん、日本のテレビ局も現地のの記者を派遣していた。

「王室の広報官が“あと1時間は出て来られません”とか教えてくれるんですよ(笑)。親切なんですね。1週間前から報道陣が産院を取り囲んでいましたから、一時的に現場から離れることもあるためお知らせしてくれて。“あと15分で出て来られます”と広報官から発表があって、報道陣が再結集しました。生放送のアナウンサーが発声の準備をしたり、各国の言語が聞こえてきましたね。そこまで待って、出て来られたキャサリン妃のドレスが水玉模様だったのでみんな感動したのでしょう」(多賀さん)

 8年程前の事を鮮明に多賀さんは語ってくれたが、まさに、ダイアナ妃からキャサリン妃への目には見えないバトンタッチの瞬間でもあったのだろう。

「ウイリアム王子は自分の子どもを抱いてもらいたいのは母・ダイアナ妃だと語っていたので、そのお気持ちをキャサリン妃も大事にされたのではないでしょうか。ウイリアム王子は“母のことを1日たりとも忘れたことはありません”と話していたことがあります。ウイリアム王子の母を思う気持ちをキャサリン妃は大切にされている」(多賀さん)

 2018年4月23日(現地時間)、第3子の退院の時にはキャサリン妃愛用のブランド「ジェニー・バッツカム」の白い襟にアクセントのあるレッドドレス。1984年9月15日(現地時間)に誕生したハリー王子を抱いて産院を出て来たダイアナ妃も真っ赤なロングドレスだった。

 キャサリン妃のダイアナ妃への思いもさることながら、出産という大仕事のあと、ドレスなど準備は大変そうではある。

「“チーム・ケイト”(※ケイトはキャサリン妃の愛称)と呼ばれるサポートグループができていて、キャサリン妃の出産のためなら1カ月くらい前から他の仕事を入れないで待機している人たちがたくさんいるんですよね。ヘアドレッサー、洋服をデザインしている人やメイクの人、ネイルの人など大変献身的な協力体制ができている。出産は予定日はあるものの、いつご出産されるかわからないですから。それでも協力してあげたい、協力できることが名誉なことだと話していた。そういう人たちが出産したとなれば馳せ参じるわけですよ。それで、きれいな退院姿になったわけですが、愛されている証拠ですよね」(多賀さん)

 母・ダイアナ妃を思うウイリアム王子に寄り添うキャサリンにはダイアナ妃の形見の品も受け渡されている。

「キャサリン妃がいつも身に着けていらっしゃるダイアナ妃の婚約指輪は有名ですよね。いくつかの形見がキャサリン妃に渡っていますが、ダイアナ妃への思いが言動全てに現れているからこそのことなのでしょう」(多賀さん)

 ここへきて、どうしても引き合いに出されてしまう次男の嫁・メ―ガン夫人。多賀さんいわく「キャサリン妃の評価が上がれば、メ―ガン夫人の評価が下がる」。それは、過去のエピソードに色濃く表れている。

「結婚前に一度別れた時、キャサリン妃の元にマスコミが殺到したんですけれども、ひと言も王室の内部に関することを話さなかったんですよね。ウイリアム王子とは6〜7年同棲状態でしたからしょっちゅう王室にも行き来していたわけです。“チャールズ皇太子はは冷たい人だ”とか暴露しようと思えば、マスコミに話してしまうこともできた。ひと言も話さなかったことでエリザベス女王の絶大な信頼を得たと言われています。“この人なら王室を守ってくれる”と。インタビュー受けたり、暴露本だとか言っているメ―ガン夫人とだいぶ違うのでしょうね。人間性というか品格など全てが……」(多賀さん)

 7月1日(現地時間)、ダイアナ妃生誕60年を讃えた銅像の除幕式は、コロナ禍のため人数を押さえた開催でキャサリン妃は欠席。しかし、参加するウイリアム王子を通じてキャサリン妃の思いは届くであろう。

メ―ガン夫人の記事はこちら→【ダイアナ妃生誕60年】 ヘンリー王子の嘘と王室ビジネスをしまくるメ―ガン夫人の野望