1997年8月31日パリで起きた自動車事故により、36歳の若さで急逝したダイアナ妃。ファッションセンスや慈善事業などに対する姿勢など、イギリス国民だけでなく世界中の多くの人に愛された存在だった。1961年7月1日生まれのダイアナ妃は、生きていれば還暦を迎える。そんな折、ダイアナ妃の息子であるヘンリー王子がついた“ウソ”がまたひとつ発覚。



「チャールズ皇太子はヘンリー王子への資金を断ち切っていなかった」

 と、イギリスのタブロイドなど各誌が報じ、お父さんからお金の援助があったことがバレたのだ。ヘンリー王子は3月にメ―ガン夫人とともにアメリカの人気司会者のオプラ・ウインフリーのインタビューに答えた時に「税制的に遮断された」と主張していた。

 そのウソがバレたのは、6月23日にクラレンスハウス(チャールズ皇太子とカミラ夫人の住まい)の年次報告書が初公開されたため。年次報告にはチャールズ皇太子とカミラ夫人のお金の使い道が事細かに記載されている。ダブロイド紙「Dailymail」によると、

「ヘンリーが“断ち切られた”と主張しているにもかかわらず、チャールズが2020年夏までに資金を提供したことが年次報告で明らかになった。ヘンリーはオプラ・ウィンフリーに、家族からの経済的支援を受けるのをやめ、彼の家族はダイアナが残したお金で生活していると語っていた。そのお金はヘンリーがロサンゼルスに移住した後、家族を支援するために使用された。その金額は440万ポンド」

 と、年次報告を解説。440万ポンドといえば日本円に換算すると約6億7500万円。全てがハリー王子の援助に使われたわけではなく、兄のウイリアム王子とヘンリー王子への資金として記されているため、その内訳は明らかにされていない。

「相当な金額ですよね。ヘンリー王子は“もらっていない”とか言っていたのに、どうしてこうウソばっかりつくのでしょうか。イギリス国民からも不快との声が上がっています」

 とは、英国王室評論家でジャーナリストの多賀幹子さん。公務もしないでお金を受け取っている次男・ヘンリー王子を知ったらダイアナ妃も悲しむところだと思うが、多賀さんは続けてこう指摘する。

「とにかく、ヘンリー王子とメ―ガン夫人はダイアナ・スピリットというものを生かしていこうとするというより、とにかく利用する。イギリス現地では“ダイアナ・ビジネス”とささやかれています。経済的に成功するのが全てのような感じがしますね」(多賀さん)

 直近の“ダイアナ・ビジネス”は、ヘンリー王子とメ―ガンさんの第2子となる6月4日に生まれた長女の名前。

「リリベット・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザーちゃんですが、“リリベット”はエリザベス女王の愛称。そして、ヘンリー王子の亡き母“ダイアナ”もミドルネームに入れています。名前はともかく、それをドメイン登録していた。しかも、生まれる前からですよ。あまりにも用意周到。娘の誕生を喜ぶというよりは何かに利用できないかと考えているようでイギリス国民からも受け入れられていません」(多賀さん)

 イギリスの新聞「テレグラフ」によると、「生まれるよりも前に『LilibetDaiana.com』『LiliDaiana.com』の2つのドメインを取得していた」と報じている。ホームページなどはまだ存在していないが、メディア戦略にたけたヘンリー王子とメ―ガン夫人、今後何を打って出てくるか予想もできない。

「メ―ガン夫人の持つアメリカ的な価値観なんでしょうか。経済的にに成功するのが全てみたいなところが感じられ、とにかく、お金、お金、お金ですよね」(多賀さん)

 今回明らかになってしまったチャールズ皇太子からの資金援助だけでなく、ヘンリー王子とメーガン夫人はNetflixと複数年に渡る契約をし、その契約金は1.5億ドル(160億円)と報じられている。続けて音楽配信大手Spotifyとも契約。契約金は明らかになっていないが相当な額であることは確か。

 ヘンリー王子は「夫婦で最初にカナダに引っ越したときダイアナが残したもの(当時700万ポンド/現在のレートで約10億7500万円)しか持っていなかった」と主張。

「昨年、ヘンリー王子は講演で“ダイアナ妃が亡くなって、いかに自分は精神的に苦しかったか”を語りました。その時の講演料は日本円で5000万円程。イギリス国民からは“亡き母をウリにするな”と批判されました。そういう声が上がるのは当然でしょうね。母・ダイアナ妃があのような最期だったことは、家族に対してもお悔やみの気持ちはイギリス国民にありますが、それを繰り返しお金にするのは、もう止めた方がよいとの感情も出てきてしまいました」(多賀さん)

 亡き母・ダイアナ妃をなぜそこまで……と思ってしまうが、そこにはメ―ガン夫人のある野望が。

「もうすでにかなりのお金を手にしているのに、なぜさらにお金を欲しがるのかという問いに、メ―ガンさんが行き着くところはアメリカ大統領ではないかとも噂されています。B級の映画スターのレーガンさんや実業家のトランプさんが大統領になれる国ですから冗談とも言えない」(多賀さん)

 ダイアナ妃の誕生日である7月1日(現地時間)に生誕60年を讃える銅像の除幕式が行われる。イギリス国民へのアンケート調査では「メ―ガンには参加してほしくない:94%」という結果も。とはいえ、メ―ガン夫人のダイアナ・ビジネスには好機。次の手を打っているかもしれない。

キャサリン妃の記事はこちら→【ダイアナ妃生誕60年】キャサリン妃が受け継いだ「形見」 メーガン夫人と“品格”の差