世界に衝撃を与えた「9.11」から20年。アメリカの教育現場では、9.11を生徒にどう教えるか、教師たちが苦闘している。授業の裁量の多くが教師に任されているアメリカだが、9.11の授業はほとんど実現しないという。一方で「無視できない」と奮闘する教師らもいる。AERA 2021年9月20日号で取り上げた。

*  *  *

 シカゴの高校教師ディアナ・ダフィさんは、19年に同博物館で1週間、計40時間の「訓練」を受けるプロジェクトに参加した。遺族や生存者、消防士、米連邦捜査局(FBI)関係者などに次々とインタビューした。同時に博物館内の遺物に対面し、どうしたら授業に生かせるか、関係者と徹底的に議論を重ねた。

 今年もダフィさんは、高校1年生に対し、1回40分で2週分の9.11関連授業を準備した。筆者が電話インタビューをした9月7日は、崩壊寸前の世界貿易センターから飛び降りた人びとについての報道記事を読み、議論する授業を終えたばかりだった。

「彼らはなぜビルから飛び降りたのか、人が死亡するところを報道してもいいのか、などの疑問が相次いで生徒から湧いてきました。でも、こうした作業はとても重要。なぜなら生徒は、無視されたり、知らされていないことを嫌がるから、彼らの疑問には答えるべきです」とダフィさんは言う。

 9.11さえなければ、空港で靴を脱ぐような検査はなかった。イスラム教徒や中東の文化に対する偏見や差別も今日ほどではなかった。今では半ば世間で当たり前になってしまった状況が9.11以前にはなかったことを教えるためにも、そして今日の米社会が過去20年間にどう形成されてきたのかを知るためにも、9.11を理解することが重要だとダフィさんは言う。

■若者は大人より冷静

 米国の若い世代であるミレニアル/Z世代評論家でニューヨーク在住のジャーナリスト・シェリーめぐみさんは、若い人から「9.11について十分に教えられてこなかった」という声を過去に聞いてきた。ニューヨークに住む生徒らでさえ、授業でビデオを見た、あるいは前述の博物館に一度行っただけという証言を耳にしている。アフガニスタンからの米軍・同盟軍撤退やイスラム教徒に対するヘイトなど今日の複雑な問題につながるため、教えることが非常に困難になっていると分析する。

 一方、事実を知れば若い人は、9.11を体験した大人よりも冷静だと指摘する。

「9.11を知る大人はイラク戦争やアフガニスタン戦争をなかなか否定はできない。でも、若い人は感情的にならずに、なぜ戦争が始まったのか、その代償は何だったのかなど冷静に見ています」(シェリーさん)

「9.11は、内政、外交、米社会などに大きな影響を与え、米国の21世紀を形成してしまった。なぜこの出来事を無視できるのでしょうか」

 と中西部イリノイ州シカゴの高校教師アニー・ウィリアムズさんも言う。くしくも、米軍がアフガニスタンから撤退し、米史上最も長期の戦争が終わったばかり。しかも、9.11の実行犯である国際テロ組織アルカイダと協力関係にあった武装勢力タリバンがアフガニスタンを制覇し、時計の針は、9.11前に戻った。この関係を理解せずにいることは、さらなる大きな危機に目を瞑ることになるだろう。

「いつも犠牲になるのは、市民。それは新しい世代にも影響を及ぼす」

 ニューヨーク市内の高校生メラニー・クリオロ−ランディさん(17)はこう繰り返した。(ジャーナリスト・津山恵子(ニューヨーク))


※AERA 2021年9月20日号より抜粋