中国の農村で首を鎖につながれた女性が発見された。北京五輪の開催直前に発覚したその事件が中国社会に与えた衝撃は大きい。AERA 2022年5月23日号の記事から紹介する。

*  *  *

「一歩まちがえれば、鎖につながれていたのは自分だったかもしれない」

 同情と憤りと共に、中国の女性たちからそんな声が噴き出し、SNS上にあふれた。

 中国東部の江蘇省徐州市豊県で撮影された動画がネットに拡散し始めたのは、1月下旬のことだった。

 動画には、農村にある粗末な小屋で、女性が閉じ込められている姿が映っていた。

 真冬の寒々しく汚い場所で、女性は薄着のまま首に鎖を巻かれていた。歯はほとんど抜け落ち、話しかけられても相手とうまく意思疎通ができないようにも見える。女性は保護され、病院に収容された。

 中国の人びとは、この動画に大きなショックを受けた。女性が“夫”とされる男との間に8人の子どもを持ったあと、こうした境遇に置かれていたことも、衝撃に拍車をかけた。

 50代の“夫”は、動画アプリ「TikTok(ティックトック)」の中国国内版「抖音(トウイン)」で、子だくさんの父親として自らをアピールしていた。地元ではちょっとした有名人で、企業の宣伝にも起用されたことがある。

 動画は、そうして有名になった家庭の様子をSNSで公開しようと、この家を訪ねたとみられる男性が撮影したという。抖音に投稿されて広がり、誘拐や人身売買、性的暴行の被害者ではないか、という疑いの声が一斉にわき上がった。

「鉄鎖の女性」。女性はそう呼ばれるようになった。

■「一人っ子政策」の影

 中国では1980年代、女性の誘拐と人身売買が深刻な社会問題になった。

「一人っ子政策」の影響で男女のバランスが崩れ、女性より男性の数が多くなった農村部で、連れ去られた女性が貧困層の男性と結婚を強いられる事例などが伝えられてきた。

 事件の現場となった徐州とその周辺は、そんな誘拐の被害に遭った女性が少なくないと指摘されてきた地域でもあった。

 地元当局は1月28日、誘拐や人身売買を否定する調査結果を公表した。発表文には、女性には精神疾患があり、たびたび理由もなく子どもや老人を殴っていたというくだりもあった。

 こうした説明は「虐待を正当化するのか」という反発を招き、内容にも疑義が相次いだ。

 地元当局はその後、法律違反の疑いで“夫”を調べていると姿勢を一変させた。また、8人の子どもはDNA鑑定によって、女性と“夫”の実子であることが確認されたという。

 2月10日には事件に関する4回目の発表があり、監禁の疑いで“夫”を拘束したことが明らかにされた。DNA鑑定の結果、女性は雲南省出身であることが判明し、女性を誘拐して売った容疑で、40代の女と60代の男も拘束された。

 だが、世論はこの内容にも納得しなかった。鎖でつながれていた女性と、雲南省出身の女性とされる写真が、別人のものではないかといった指摘が一向にやまなかった。

■何度も売り飛ばされる

 ごまかしは許さないと市民らが目を光らせるなか、国営の中国中央テレビは2月17日、江蘇省が事件の調査に乗り出すと報じた。それまで調査にあたってきた県と市が一貫性のない説明を続け、県・市のレベルでは、真相を求める世論を沈静化させられないという判断があった模様だ。

 江蘇省が2月23日に発表した調査結果によると、女性は44歳で、人身売買の被害に繰り返し遭っていたことが判明したという。豊県トップの共産党委員会書記の更迭など、17人の処分もあわせて公表された。

 彼女はどのような経緯をたどって「鉄鎖の女性」にされてしまったのだろうか。発表では、おおむね次のような事情が明らかになった。

 雲南省の出身地とされる場所は豊県と約2千キロ離れている。10代で結婚し、2年ほどで離婚。1998年はじめに江蘇省に連れて行かれ、5千元(現在のレートで約9万7千円)で売られた。女性を妻にしたいと考えた男が買い手だったという。

 数カ月して行方不明になり、その後、河南省の食堂にいた女性を経営者夫婦が見つけ、1カ月後に近くの工事現場で仕事をしていた2人に売った。さらに別の人物を介して98年6月、女性は“夫”の父親に売り渡された。

 女性は99年7月に長男を出産し、2011年から20年にかけて7人の子どもを産んだ。12年に第3子を出産して以降、精神疾患が悪化したという。今回の動画がきっかけとなり、“夫”は虐待の疑いで逮捕された。

「鉄鎖の女性」は、中国にはびこる誘拐と人身売買の闇を改めてクローズアップさせ、政府も対応を迫られている。

■政府も対応に追われる

 全国人民代表大会(全人代、中国の国会に相当)では3月、李克強首相が政府活動報告で「女性・児童の人身売買を厳重に取り締まり、女性・児童の合法的な権利・利益を断固として守る」との方針を示した。公安省は3〜12月に、女性や子どもの誘拐、人身売買を集中的に取り締まるという。

「3年以下の懲役」と定められた人身売買の買い手に対する罰則は、軽すぎるのではないかという議論も起きている。売った側と同じく、買った側も最高刑を死刑にすべきだとの意見が聞かれる。

 女性権益保障法の改正作業も進んでいる。「地方政府の職員らが業務の過程で女性の誘拐・人身売買の疑いがあることを発見した際には、速やかに公安機関に報告しなければならない」といった内容のほか、学校でのセクハラ防止、結婚・出産を理由にした女性従業員の昇進制限の禁止──などが盛り込まれる見通しだ。

「鉄鎖の女性」の事件は、21世紀のいま、経済発展をとげた中国でこんなことが起きうるのかという驚きの一方で、自分の身に降りかかっていても不思議ではなかったという思いを呼び起こした。

 中国が威信をかけて2月に開催した北京冬季五輪と時期を同じくして、人権問題に焦点が当たる事態となった。

■女性との差はわずか

 筆者の印象では、五輪以上に社会の関心を集めたと言っても過言ではない。友人知人を含む中国の市民たちが、この事件に関してSNSに書き込んだ内容の真剣さと投稿量には、目を見張るものがあった。

 五輪で国民的スターになった女子フリースタイルスキーの谷愛凌(アイリーン・グー)選手と対比させる投稿も目についた。米サンフランシスコで生まれ育ち、中国代表になった谷選手は三つのメダルを獲得した。

「谷愛凌を照らし、鉄鎖の女性を照らさないのなら、それは偽物の太陽だ」

「谷愛凌と鉄鎖の女性はほぼ同時に注目され、激しい落差を浮き彫りにした。一人は万能で、一人は犬のような生活」

「谷愛凌のような優秀な人間にはなれないけれど、私、娘、孫娘と鉄鎖の女性の差はほんのわずかだ」

 いまも残る出産で女児より男児を好む傾向、男性の結婚難、女性の誘拐……。「一人っ子政策」などがもたらした社会の歪(ゆが)みは大きい。

 その象徴として、鎖につながれた女性の姿は人びとの記憶に深く刻まれた。女性が誘拐され、売買される対象であることへの強い憤りも広く共有された。

 中国共産党は昨年、結党100周年を迎え、みなが衣食住に困らず、まずまずの暮らしができる「小康社会」を実現したと宣言した。だがその足元には、「鉄鎖の女性」によって白日の下にさらされた農村の悲惨な現実が横たわっている。(朝日新聞瀋陽支局長・金順姫)

※AERA 2022年5月23日号