SF映画のようなレーザー兵器を投入したりミサイル防衛網の突破をもくろむ極超音速ミサイルの発射を行ったりしたかと思えば、半世紀前に製造された戦車をよみがえらせる――ロシア軍の兵器の運用は謎めいている。その裏には何があるのか、ロシア軍の兵器に詳しい軍事評論家の藤村純佳さんに聞いた。

*   *   *

「ロシアを抑え込もうとした取り組みは失敗した。現実を直視するがいい」

 ウクライナ侵攻からさかのぼることおよそ4年前。プーチン大統領は2018年3月、年次教書演説でこう言い放ち、アメリカを強くけん制するとともに、大型ICBMなど、6種類の新兵器を巨大なスクリーンに映し出した。

 その一つ、レーザー兵器がいま、ウクライナの戦場に投入されている。

 5月18日、ロシアのボリソフ副首相はレーザー兵器「ザディラ」をすでに前線に配置していることを明らかにし、「5キロ離れたドローンを5秒で破壊できる」と豪語した。

 まるでSF映画のようだが、レーザー兵器とはいかなるものか。藤村さんは、こう指摘する。

「高出力のレーザーでドローンやミサイル、偵察衛星などを狙い撃ちするものです」

 レーザー兵器を投入した理由について、「高価なミサイルを使い果たさないようにするため」とボリソフ副首相は語った。藤村さんは、その意図について、こう説明する。

「レーザー兵器の大きな利点は二つあります。一つはコストパフォーマンスのよさです。ウクライナ軍は安価なドローンを偵察に使い、ロシア軍を攻撃していますが、それを打ち落とすのに1発、数百万円以上もするミサイルを発射するのはまったく割が合いません。一方、レーザー兵器であれば、発射するのに『電気代』しかかかりません。二つ目の利点は『弾切れ』がないことです。ミサイルや砲弾と違って、レーザーは電力さえ確保できれば撃ち尽くすことはないですから」 

■「レーザー」に必要な電源

 デメリットもある。

「レーザー兵器は、ものすごく電力をくいます。当然、大量の燃料を消費します」と、藤村さんは指摘する。戦場には電源がない。そのため、発電機を回して自前で電気をつくり出さなければならない。

 いったい、レーザー兵器はどのくらい電気を使うのか。

 たとえば、防衛省がドローン対策などを目的に研究を進めているレーザーの出力は100キロワット(1000ワットの100倍)である。しかも電気をレーザーに変換する際、大半は熱になってしまう。そのため、100キロワットのレーザー出力を得るにはその3倍、300キロワットが必要といわれる。さらに装置の冷却ユニットやドローンを探知するレーダーにも電力がいる。それらをまかなうにはビル建設の現場などで使われる「超大型」クラスの発電機が必要となる。

「開戦当初、ロシア軍の電子戦装備や防空システムの活動がかなり低調だったのですが、その要因の一つとして、燃料不足で発電機を十分に動かせなかったことが指摘されています。ウクライナ軍は脆弱なロシア軍の補給路を断ったため、燃料が届かなかった。通常の電子戦装備以上に燃料を消費するであろうレーザー兵器を前線で使うのは、兵站(へいたん)上の負担が非常に大きい」

 基地などの拠点防衛用にレーザー兵器を使用するのであればまだ理解できるが、これを前線に投入するのは現実的ではないという。

「機動的な動きが要求される前線にレーザー兵器を持ち込んだところで、従来の防空システムさえまともに運用できないのに、本当に役に立つのか、かなり疑問です」

■「極超音速」の信憑性

 やはり4年前に公表された新兵器に極超音速ミサイル「キンジャール」がある。

 今年3月19日、ロシア国防省はウクライナ軍の弾薬庫を「キンジャール」を使って破壊したと発表した。

「ロシアだけでなく、日本のメディアも『極超音速ミサイルを使用した』と一部で報じていましたが、キンジャールが本当にそれに当たるのかというと微妙ですね」

 藤村さんによれば、キンジャールはロシア軍が開戦当初から使ってきた地上発射型の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の空中発射型にすぎないという。

「要するに、イスカンデルを航空機に搭載できるように少し形を変えただけです。一般的な極超音速ミサイルの定義は、極超音速で上下左右に機動するもので、それによってミサイル防衛網を突破することを目的とします。しかし、キンジャールの元となったイスカンデルはそれに当てはまりません」

 キンジャールはイスカンデルよりも射程を伸ばしただけの兵器であり、それによって戦局が大きく変化することは考えられないという。さらに、藤村さんはそれらがあまりに非効率であるがゆえに、別の意図が考えられると指摘する。

「そんな兵器をわざわざ戦闘機に積んで発射するのも効率が悪い。『極超音速ミサイル』をうたい、キンジャールを使用するのは、欧米に対するデモンストレーションの意図が強いと思われます」

 藤村さんいわく、ロシアが「新兵器」とアピールしてきたもののなかで、実際に効果を発揮したものはなきに等しいという。つまりは、ロシアのはったりだった、と。

■新兵器「心臓部」は欧米製

「ほかに目新しい兵器といえば、ロシアが以前から開発してきた攻撃型ドローン『オリオン』がありますが、あまり活動しているようには見えません」

ロシア側が「最新」や「高性能」であると標榜する新兵器の数々。だが、実態として開発が進んでいなかったり使われなかったりする背景には、半導体を中心とした部品不足が影響している。

「レーザー兵器やミサイルもそうですが、ロシアは心臓部に組み込む半導体を欧米に依存してきました。それが経済制裁で入手できなくなり、製造やメンテナンスが困難になっている。『新兵器』の使用はどんどん少なくなっていくと思われます」

 戦車にしても、新しいタイプはウクライナ軍との戦闘でほとんどが失われた。そんな中、英国防省は5月27日、ロシア軍が約50年前に製造されたT−62戦車をウクライナ南部に配備した可能性があると発表した。半世紀も前につくられた戦車、ということだ。

「正直、そこまできたか、という感じです。今後、ロシア軍の装備は古い兵器が中心になっていくでしょう。ただ、旧ソ連時代の遺産というか、昔、大量に製造した武器、弾薬がロシア国内にはたくさん眠っています。すぐには使用できないと思いますが、おそらく時間をかけて修理することで、湧き出るように現れるでしょう」

 加えて、いまロシア軍が直面しているのは、それを扱う兵士の不足という。

 ロシア軍は将校のほか、契約制の職業軍人と、徴兵による徴集兵で構成されている。

「ウクライナの戦場に職業軍人を根こそぎ投入して、既に1万5千人から2万人が戦死したといわれています。なので、武器はあっても、それを動かす兵士が足りないという事態に直面しているわけです」

 これまで、プーチン政権は「徴集兵は特殊軍事作戦には参加しない」と国民に繰り返し語ってきた。それを翻すのは作戦の失敗を認めることにほかならず、なんとしても避けたい事態だろう。

■イーロン・マスク“効果”

 一方、ウクライナは欧米諸国からさまざまな支援を受けてきた。

「ハードウェア、兵器については特に目新しいものはありませんが、ソフトウェアで注目されるのは歩兵や砲兵のネットワーク化です。それが急速に進んでいます」

 友軍の位置情報などをリンクしてAndroidタブレットやパソコンに表示し、リアルタイムで作戦行動を調整する。

「お互いに離れて行動できるので、ロシア軍の対応射撃を受けたとき、被害を低減できます。欧米からのミサイルや戦車などの供与が注目を集めがちですが、通信やネットワーク化といった目に見えにくい部分での支援は非常に大きいです」

 NATOはウクライナや黒海の上空に偵察機を飛ばし、絶えずロシア軍の動きをつかんでいる。その情報をウクライナに提供し、味方の部隊同士で共有する。

「通信の面ではウクライナ軍は圧倒的な優位に立っています。開戦当初、ロシア軍はウクライナ軍の衛星通信端末を妨害し、無力化を図りました。それに対して、アメリカのイーロン・マスク氏は『スターリンク』システムをウクライナに提供しました。スターリンクは多数の小型衛星を介して通信するので従来の方法では妨害を受けにくく、通信が途切れません。ウクライナ軍はいまも衛星通信と砲兵用アプリを使って効率よく攻撃目標と火砲をマッチングさせています。通信速度も速く、高解像度の画像も送れます。それらにより、ロシア軍に包囲されたマリウポリの様子もインパクトのある動画で伝えることができました。国際社会の目を引き、非常に大きな効果があったと思います」

■いまは双方が苦しい

 一方、ロシア側の通信網は非常に脆弱だという。

「ロシア軍も長年、データリンクシステムを構築しようとしてきましたが、うまくいきませんでした。さらに通信機器や部品を欧米から入手できなくなった。近代的な効率のよい戦い方をするのは困難で、旧ソ連軍が行ってきたような戦い方をするしかない状況になりつつあります」

 そのロシア軍がいま、ウクライナ東部ルハンスク州を完全掌握しようと、中心都市セベロドネツクで激しい攻撃をしかけている。

「ロシア軍は総攻撃を行っていますが、兵員数ではかなり苦しい状況に追い込まれている。その息がどれだけ続くのか、なんともいえない状況です。一方、ウクライナ軍は情報通信での優位性はありますが、ロシア軍を押し戻すには戦車などの重火器が不足しています。こちらもかなり苦しいでしょう」

(AERA dot.編集部・米倉昭仁)