哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

*  *  *

 ある大学で社会人対象の夜学を担当している。今期は「西部劇に見るアメリカの分断」がテーマ。第1回は「シェーン」を選んだ。映画の舞台は南北戦争後のワイオミング。1862年にリンカーンは「ホームステッド法」という法律を発令した。公有地に定住して5年間農業を営んだ者に無償で160エーカーの土地を与えるというまことに気前の良い法律である。おかげで、ヨーロッパから自営農をめざす移民が流入して、西部開拓が一気に進み、アメリカの資本主義はみごとテイクオフを果たした。

 流れ者のガンマン、シェーンが逗留(とうりゅう)することになった農夫スターレット一家とその仲間たちは「ホームステッダー」である(映画の中でもそう呼ばれている)。彼らと敵対するのは、久しくこの土地で牛の放牧をしてきたライカー一家である。原野を切り拓(ひら)き、過酷な環境に耐え、ようやく人間が暮らせる場所にしたという自負を持つカウボーイのところに、ある日移民たちがやってきて、土地を囲い込んで、「私の土地に牛を入れるな」と言い出した。

 土地は誰のものなのか。共有すべきものなのか、分割して私有すべきものなのか。これは19世紀資本主義の抱えた根源的な問題だった。答えは決まっていた。公有地を私有地に分割すれば人々は自分の土地からできるだけ多くの価値を引き出そうと必死に働く。だから、資本主義はホームステッダーの増殖を求めたのである。

 農場で働くことになったシェーンが最初に雑貨屋に買いに行ったのは有刺鉄線だった。ワイオミングの緑の草原に杭を打ち、有刺鉄線を張って、猫の額ほどの私有地を「囲い込む」シェーンの労働は審美的には美しいものではない。だが、飛躍の時を迎えようとしていたアメリカ資本主義には、「土地は誰のものでもない。誰でも自由に往来する権利がある」と信じるカウボーイたちの所有観は許容することのできないものだった。

 シェーンの英雄的なガンファイトによって予定通りにカウボーイたちは歴史の彼方(かなた)に姿を消す。けれども、彼らを撃ち殺した銃弾は近代社会に居場所を持つはずもないシェーン自身の命をも奪うことになる。

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

※AERA 2022年6月27日号