ウィリアム王子が6月21日に40歳を迎えた。母ダイアナ妃は誕生日が夏至と重なったことから、将来は太陽のように強い国王になると喜んだものだった。その言葉通り、王子はこのところ急速に存在感を増している。

 誕生日に先駆けて発表されたのは、ウィリアム王子一家の引っ越しだ。行く先はウィンザー城の敷地内にあるアデレード・コテージである。ここは、エリザベス女王(96)の妹、故マーガレット王女の恋人だったピーター・タウンゼント大佐が女王の父ジョージ6世の侍従武官だった時、住まいとしていた。寝室が四つとやや小ぶりで質素であるが、ウィリアム王子夫妻は住み込みのスタッフは置いていないのでサイズに問題はなく、国民の税金を使うリフォームはいっさい必要ないと、早々に発表している。女王が住むウィンザー城には徒歩で数分の距離にあり、何かと便利である。ジョージ王子(8)とルイ王子(4)の将来の進学先が父の母校イートン校であるなら、これまた目と鼻の先だ。女王が亡くなった後は、チャールズ皇太子(73)とカミラ夫人(74)がバッキンガム宮殿に、ウィリアム王子一家はウィンザー城にと、それぞれの住居が確定する予定だ。

 ロイヤルの中で距離的に女王に最も近いポジションが決定したウィリアム王子だが、さらに彼の発言は王室内で力を持ち始めている。6月13日、イングランドの最高勲章、ガーター勲章の叙勲式がウィンザー城で行われた。式典後のパレード参加者リストに、女王の次男アンドルー王子(62)の名前が記されていた。しかし、それを知ったウィリアム王子が急遽、止めに入った。今年3月、フィリップ殿下の一周忌の追悼式典でアンドルー王子が女王に腕を貸して、ウェストミンスター寺院内の正面まで歩き、世界に顔を出した。それについては女王が「私がアンドルーに頼んだ」とかばったが、それがきっかけでアンドルー王子が強く望む公務復帰が本格的に始まることをウィリアム王子は懸念した。未成年の性的虐待疑惑で訴えられたアンドルー王子は「王室の恥」であって、示談金を支払えば解決とばかりに何食わぬ顔で戻ってはいけない。叙勲後にロイヤルらが行進するとき、一般国民も近くで見守る。プラチナ・ジュビリーでは、ヘンリー王子(37)とメーガンさん(40)がセントポール大聖堂の階段でブーイングを浴びせられた。このようなロイヤルへの痛烈な批判と揶揄は再現されるべきではない。ウィリアム王子は女王に待ったをかけ、アンドルー王子の除外を迫った。皇太子は、女王と長男の間で板挟みになったが、結局は「王室のため」と譲らない王子に同意した。今やウィリアム王子は、祖母と父を説き伏せる。

 かねて国民からは、次期国王はチャールズ皇太子ではなく、ウィリアム王子にすべきという「スキップ・ザ・ジェネレーション(一世代飛ばし)」の声が出ていた。ロイヤル人気ランキングでは、皇太子の順位がウィリアム王子の上に位置したことがなく、女王の次はウィリアム王子であることがほとんどだった。

 しかし、女王の亡き後、皇太子が戴冠し「チャールズ3世」を名乗る可能性が高い。国王の横には、「クイーン」としてやはり戴冠したカミラ夫人が寄り添うことになる。チャールズ皇太子は、英王室でもっとも長い皇太子時代を送った。環境問題や建築など、先見性のある批判や意義ある提言をしてきた。しかし、やはりダイアナ妃への国民の敬愛の気持ちは消えておらず、むしろカミラ夫人を伴う新国王誕生に嫌悪感さえ持つ国民もいると思われる。皇太子は今年秋で74歳だ。70代半ば近くといえば、一般的にはリタイアをしている人が多い。この年齢からの国王の激務は本人にも負担がかかり、90代から70代への代替わりには国民も新鮮な「世代交代」を感じにくいかもしれない。

 それで、チャールズ新国王はロンドンにとどまり、ウィリアム王子とキャサリン妃が外交を担う体制をとる可能性が高い。実質的には、皇太子とウィリアム王子の二人三脚の時代到来と言えるかもしれない。唯一の兄弟であるヘンリー王子のサポートが期待できない状況では、ウィリアム王子にはかなりの重圧がかかりそうだ。ゆるぎない家族愛を支えに、ウィリアム王子が王室の表舞台に出る日は近いだろう。(ジャーナリスト・多賀幹子)

※AERAオンライン限定記事