イギリスの伝記作家、トム・バウワーさん(75)の暴露本『Revenge:Meghan,Harry,and the war between the Windsors(復讐:メーガン、ハリー、そしてウィンザー家の戦争)』の中では、新証言によるいくつもの事実が明かされた。その中でも、エリザベス女王(96)の衝撃の一言を捉えた箇所に注目が集まる。それは、夫エディンバラ公フィリップ殿下の葬儀の際に思わず出た言葉だった。

 殿下は、2021年4月9日に99歳で、ウィンザー城で亡くなった。ロンドンの病院では、入院を続けるよう勧められたが、妻のもとに帰りたいとの意志を貫いてウィンザー城に戻った。治癒や回復からの退院ではなく、残された日々を慣れ親しんだ場所で過ごしたいとしたのだ。

 殿下の葬儀は4月17日にウィンザー城聖ジョージ教会で執り行われた。参列者はコロナ禍のためにごく少数に限られたが、棺の後ろを子どもや孫たちが歩く姿があった。米カリフォルニア州に住むヘンリー王子(37)とメーガンさん(41)の参列に注目が集まった。王子は祖父の葬儀に出席するが、メーガンさんは当時リリベットちゃんの妊娠7カ月だったので、医者から長時間のフライトを控えるようにアドバイスされたとして、参列は見送った。

 それを知った女王が、なんと、「ああよかった。メーガンは来ないのね」と側近らに漏らしたという。ほぼ1カ月前の3月7日に2人のオプラ・ウィンフリーさんのインタビュー番組が流れた。そこでメーガンさんは王室内で人種差別にあったとほのめかし、王室が守ってくれないので自死を考えたと衝撃的な暴露をした。女王はやんわり反論して諭したが、かなりのショックを受けたに違いない。

■「趣味が悪い」の声も

 思い返せば女王はいつもヘンリー王子夫妻にやさしく接した。離脱を言い出した時も、「私たちは家族ですから」と温かい言葉をかけた。しかしさすがの女王も夫の葬儀にメーガンさんが渡英して、注目を独り占めしてしまうことは絶対に避けたかったのだろう。初めて女王のメーガンさんに対するホンネが聞けたとして、早速、英国国旗の上に「Thank goodness. Meghan is not coming」と大書したTシャツが登場した。IS とNOTが強調されている。「趣味が悪い」との声も上がったが、女王の「名言」はそのままオンライン販売された。

 女王は、この夏、避暑先のスコットランドのバルモラル城にヘンリー一家4人で遊びに来るように招待した。自然豊かな場所で、釣りや乗馬など野外での活動が楽しめる。プラチナ・ジュビリーの際には15分ほどしか会えなかったことも女王の頭にはあったかもしれない。しかし王子夫妻は断った。

 バウワーさんの本について、王子夫妻はコメントをいっさい出さないとした。しかしその声明後すぐに「ハーパーズ バザー」誌の王室担当編集者で夫妻と親しい、オミド・スコービーさん(41)が続編を出版すると発表した。彼は暴露本『自由を求めて』を2020年にキャロリン・ドゥランドさんと出し、終始メーガンさんに同情的な話を並べた。当初王子夫妻は関わりがないと主張したが、メーガンさんが情報提供をしたことはその後判明している。バウワーさんに直接の抗議や反論はしない代わりに、スコービーさんに対抗本を出版させる。発売は来年だ。

(ジャーナリスト・多賀幹子)

※AERAオンライン限定記事