ジョンソン英首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選挙の結果が5日発表され、リズ・トラス外相(47)が新党首に選ばれた。6日にエリザベス女王に謁見し、次期首相に任命される。英国では3人目の女性首相となり、タカ派で英国経済の立て直しを主張する姿勢から、「サッチャー2.0」とも称される。相次ぐ不祥事で辞任に追い込まれたジョンソン氏に変わり、”強い意思”で英国を生まれ変わらせることができるか。

 党首選は7月に始まり、決選投票でトラス氏と、インド系のリシ・スナク前財務相(42)の一騎打ちとなった。当初はスナク氏が大本命で、トラス氏を大きく引き離していた。それが後半にかけて失速してしまった。

 首相になれば「アジア系初」となるはずだったスナク氏の誤算は、人気者のジョンソン氏を早々に「裏切った」からだろう。財務相に取り立てられた恩を捨てて真っ先に批判し、党員の不興を買った。妻は「インドのビル・ゲイツ」と呼ばれる富豪を父に持つスーパーセレブで、脱税疑惑まで持ち上がる始末。エネルギー価格の急騰を始めとする歴史的なインフレにあえぐ国民からは「金持ちには、この苦しみは理解できない」などと反発を招いた。

 また、トラス氏と1対1のテレビ討論では、彼女の発言を12分で20回も阻んだ。「聞く耳を持たないスナク氏は、首相にふさわしくない」との判断を下されてしまった。

 一方のトラス氏は「就任初日から減税政策を始める」と訴え、年300億ポンド(約4兆8500億円)規模の大型減税を掲げる。また、高級スーツを着こなすスナク氏に対し、4.5ポンドのイヤリングを身につけているという彼女の好感度は増すばかり。有力議員も雪崩をうってトラス氏支持に回った。

 そんな新首相の座を射止めたトラス氏とは、一体どんな人物なのか。

 1975年7月生まれ。父は数学者で名門リーズ大学の教授、母は看護師で教師でもある。トラスの姓は母方からとった。両親は左派的な考え方を持つといい、彼女が保守党から立候補した際は、激しく批判されたという。母は同意したものの、父は否定したままだ。

 オックスフォード大学に進んだ彼女は、多くの首相を輩出したことでも知られる看板学科のPPE(Philosophy, Politics and Economics:哲学・政治学・経済学)を卒業した。ロイヤル・ダッチ・シェルやケーブル・アンド・ワイヤレスで働き、管理会計士の資格を取得している。

 2010年に国会議員となり、4年後には環境・食糧・農村地域相、その2年後には司法相、大法官に任命された。女性・平等担当相や外相を務めるなど、輝かしいキャリアを駆けのぼってきた。

 夫は会計士のヒュー・オレアリー氏(48)。保守党の会議で知り合い、00年に結婚した。フランシスとリバティーという2人の娘がいる。

 絵に描いたようなエリートだが、タブロイド紙に不倫疑惑を報じられたこともある。相手の男性は離婚に至ったが、彼女は夫に生涯の愛を誓い、「不倫サバイバー」と呼ばれたりもした。

 トラス氏はすでに組閣の準備に取りかかっており、「チーム・リズ」のメンバーが決まり始めている。国内では景気浮揚策を矢継ぎ早に打ち出す一方で、ロシアに対しては強硬姿勢を一段と強める考えだ。「ロシア軍をウクライナ全土から押し出さなければならない」と発言するなど、基本的にジョンソン氏の姿勢を踏襲すると思われる。

 政策や政治スタイルから故サッチャー元首相と比較されることが多く、「鉄の女」の再来との呼び声が高い。だがトラス氏は「なぜ決まってサッチャー氏と比較されるのでしょう。私は私です」ときっぱり。そんな彼女は6日、スコットランドのバルモラル城に赴き、休暇で滞在中のエリザベス女王と謁見する。女王がバッキンガム宮殿以外で首相を任命するのは、在位70年で初めてだ。

 かつて19歳だったトラス氏は、王室廃止を力強くスピーチしたことがあった。その後、「後悔している」と話しているものの、女王と対面して組閣を委任されるのは、ことさら感慨深いかもしれない。

(ジャーナリスト・多賀幹子)

※週刊朝日オリジナル記事