死去したゴルバチョフ元ソ連大統領は、NATOの東方拡大を批判してきた。ロシアのウクライナ侵攻が続くなかで、同氏が残した問題提起を考える。AERA 2022年9月19日号の記事を紹介する。

*  *  *

 20世紀末に東西冷戦を終結させたミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が8月30日、91歳の生涯を閉じた。ロシアが軍事侵攻したウクライナを舞台に、ロシアと北大西洋条約機構(NATO)諸国が「東西新冷戦」ともいえる状態で対峙(たいじ)するさなかだった。彼は自らの死で身を賭して、人類への警鐘を鳴らそうとしたように思えてならない。

 ソ連という社会主義の全体主義国家から民主化改革(ペレストロイカ)と新思考外交を進めたゴルバチョフ氏が登場し、新生ロシアという曲がりなりにも民主主義体制の国家から強権的なプーチン大統領が生まれた。これをどう考えればいいのか。

 ソ連崩壊後に味わった「屈辱の90年代」の反動としてロシア国民が強いリーダーを求め、それがプーチンを生み出す土壌となり、今のウクライナ戦争につながった──との見方がある。

 だが、内政と外政は常にリンクしている。プーチン氏の政治は明らかに、対外環境に影響されて変化していった。もし最初から隣国を侵略するような思想の持ち主なら、トップ就任から20年超も待つだろうか。

■プーチン氏変えた要因

 当初はNATO加盟も検討していたプーチン氏を変えた最大の要因は、米国の有識者らも危険性を警告していたNATOの東方拡大である。ロシアのウクライナ侵略は国際法も国際人道法も踏みにじる暴挙であり、決して容認することはできない。だが、なぜここまでの行動に出たのかを突き詰めれば、ロシアが安全保障上の脅威だとするNATOの東方拡大に行き着く。米欧には不都合な真実であっても、目をそらしてはならない。

 西側を熱狂させたゴルバチョフ氏と、西側から嫌悪されるプーチン氏とは、政治思想も政治スタイルも正反対だ。だが、2人の意見が合致するのが、NATO東方拡大への批判なのだ。

 1989年の冷戦終結時に16カ国だったNATO加盟国は、旧東側陣営のワルシャワ条約機構加盟国などが順次加わり、30カ国まで拡大。旧ソ連のウクライナも親欧米政権がNATO加盟を希望し、米国などNATO側は2008年に将来的な加盟を認めることで合意していた。

 今回のウクライナ侵攻で論争が再燃したのが、統一ドイツのNATO加盟の交渉にあたり、ゴルバチョフ氏が「NATO不拡大を約束されたのか否か」という問題だった。プーチン氏は約束があったと主張している。

 論争の発信源は、90年2月9日のゴルバチョフ氏とベーカー米国務長官(当時)の会談でのベーカー氏の次の発言だ。

「もし米国がNATOの枠組みでドイツでのプレゼンスを維持するなら、NATOの管轄権もしくは軍事的プレゼンスは1インチたりとも東方に拡大しない」

 ゴルバチョフ氏は18年に出した回想録『ミハイル・ゴルバチョフ 変わりゆく世界の中で』(朝日新聞出版)で、「ベーカー氏の言葉は数多くの臆測や思惑の対象となった」と記し、「保証」はもっぱら統一ドイツに関するものだと説明している。

■約束はなかったと言及

 それは、90年9月12日署名のドイツ最終規定条約で具現化され、旧東ドイツ領への外国軍の配置や核兵器と核運搬手段の配備を禁止し、西ドイツの兵力を大幅に削減するものだったとして、こう問いかける。

「あの時、旧東ドイツ領だけでなく、東方全体へのNATO不拡大問題を提起すべきだったのか」

 そして、こう続ける。

「この問題を我々が提起するのは単に愚かなことだったであろう。なぜなら、当時はまだワルシャワ条約機構も存在していたからである。あの当時こんなことを言っていたら、我々はもっと非難されていただろう。我々自身が西側のパートナーにNATO拡大のアイデアをこっそり届け、ワルシャワ条約機構の崩壊そのものを早めてしまった、と」

 ゴルバチョフ氏は「約束はなかった」と述べている。これは今のプーチン大統領の主張と食い違う。だからといって、NATO拡大が免罪されるとは考えていなかった。ドイツ統一交渉時の東西融和の精神に反すると考え、厳しく批判したのだ。

■顔を突き合わせている

 17年に出した自叙伝『我が人生 ミハイル・ゴルバチョフ自伝』(東京堂出版)では、こんな懸念を示していた。

「新たな軍拡競争がすでに激化している地域もある。NATO軍とロシア軍はごく最近まで離れたところにいたが、今は顔を突き合わせているからだ」

「我々はかつてワルシャワ条約機構を解散した。当時、ロンドンでNATO理事会の会合が開かれ、軍事同盟ではなく、政治が軸となる同盟が必要との結論に至った。だが、忘れ去られた。NATOがこの問題に立ち戻ることを私は望んでいる」

 ゴルバチョフ氏は、レーガン米大統領(当時)と「核戦争に勝者はない」と合意して初の核軍縮を実現し、冷戦終結とドイツ統一につなげたことを東西諸国の共同作業だと考えていた。

 ゴルバチョフ氏が強調していたのは「相互の尊重」「対話と協調」という信頼の概念だ。それは「双方が互いを尊重し、互いの利益を考慮するときに生まれてくる」と述べる。そして西側が冷戦で「勝利」を表明し、信頼は損なわれたと指摘した。

「西側はソ連崩壊後にロシアが弱体化したことにつけ込み、我こそ冷戦の勝利者だと宣言した。国際関係での平等の原則は忘れ去られ、気がつくと、今のような状況に陥っていた」

■母も妻もウクライナ人

 自叙伝執筆時点でゴルバチョフ氏は、ウクライナ危機の解決策はウクライナ政府と親ロシア派の停戦協定「ミンスク合意」の達成に尽きるとしていた。だが、ロシアはウクライナが合意を履行していないと主張し、軍事侵攻に踏み切ってしまう。

 自叙伝で「母も妻もウクライナ人だった」と記したゴルバチョフ氏は、「ウクライナ国民にとって利益となるのは、民主的で、ブロックには属さないウクライナであると私は確信している。そのような地位は、憲法と国際的な保障によって裏づけられなければならない」とし、第2次世界大戦時の連合国がオーストリアの主権回復を認めた条約を想定していると明かした。

「中立化」の議論を避け続ける限り、ウクライナの市民も兵士も、ロシアの兵士も、次々と人命が奪われ続けるだろう。

 冷戦終結後も人類は敵対意識と軍事思考を克服できずに今回の戦争を招いてしまった。東西冷戦が終結したのに、なぜ西側軍事同盟のNATOだけが残ったのか。ドイツ統一とそのNATO加盟は、独ソ戦で2700万人の犠牲を出したソ連国民も受け入れた「東西の共同作業」だったはずなのに、なぜ米国は「冷戦の勝者」として振る舞い、国際秩序を主導するのか。

 ゴルバチョフ氏はそうした問題提起によって、戦争の芽を摘むための教訓を残してくれたのかもしれない。ロシア側からはどう見えるのかを考えることは、ウクライナ戦争の今もその後も、ますます重要になってくる。戦争は人間の心から起きる。核の時代に、戦争を二度と起こさせてはならない。(朝日新聞編集委員、元モスクワ支局長・副島英樹)

※AERA 2022年9月19日号