バイデン大統領とトランプ前大統領の「代理戦争」という様相となった米中間選挙。 共和党は事前の予想よりも「苦戦」し、トランプ批判も飛び出している。2022年11月21日号の記事を紹介する。

*  *  *

「トランプの惨めな夜」(ニュースサイト「Axios(アクシオス)」)を誰が予想しただろうか。その半日前まで、「バイデン『厳しい戦いだ』」というメールが、民主党陣営から支持者に届いていた。

 4年に1度行われる中間選挙(上下院選と州知事選など)の投開票が11月8日(米東部時間)にあった。

 通常は夜中にも大勢が判明するが、一夜明けても激戦区の当確が出てこない。注目の上下院選は、12日に上院で民主党の多数派維持が決まったが、下院の過半数は民主党なのか共和党なのか不明な状況だ。

■上院は共和・民主拮抗

 下院は通常、大統領の所属政党が議席を減らす。しかも今回は共和党が圧勝で過半数を奪還すると予想されていたのに、競り合いが続く選挙区が少なくない。CNNなどの集計結果によると、上院は共和49議席、民主50議席。218議席が過半数の下院は、共和211議席、民主204議席と共和党がリードしている。

 選挙に先立ち、ドナルド・トランプ氏は全米で約200人の候補者を推薦すると発表。候補者らは、トランプ氏が住むフロリダ州の自宅に詣でた。引退してしかるべき前大統領が、米メディアでは共和党のリーダーであるかのように報道され、共和党は「トランプ党」との印象を受け入れた。

 対するジョー・バイデン大統領の民主党は、盤石とされた議席でさえ、投開票日直前の世論調査では共和党候補に追い上げられていた。

 例えば、ニューヨーク州知事候補のキャシー・ホークル氏。前州知事がセクハラ・スキャンダルで失脚した際に副知事から昇格し、今回の知事選で「選挙で選ばれた」同州初の女性知事を目指した現職だ。ところが、リベラルの牙城(がじょう)であるニューヨーク市内でも接戦となった。

 直前の3日には市内にヒラリー・クリントン元国務長官とカマラ・ハリス副大統領までが集会応援に駆けつけた。大統領選挙ではない中間選挙で、こんな大物が出動する異例のテコ入れぶりだった。ホークル氏は「私は勝ちます。勝つのです。全てのニューヨーカーを導きます」と強調したが、筆者の目から見て盛り上がりに欠ける異様な選挙集会だった。

 それでも、ホークル氏は52.8%の得票で共和党候補に勝利。8日夜中近くに勝利集会にこぎつけ、人種のるつぼでリベラル色が強い同州有権者が初めて選んだ女性リーダーとなった。

 同じ夜中ごろ、民主党の健闘ぶりを示す結果が出始めた。

■トランプ推薦候補破る

 米メディア注目の激戦州ペンシルベニア州の上院選で、民主党候補で同州副知事ジョン・フェターマン氏が、テレビ番組司会者のメフメト・オズ氏を破った。オズ氏はトランプ推薦候補で最も知名度があったセレブだ。

 ミシガン州の現職知事グレッチェン・ウィットマー氏も、トランプ推薦候補に大差をつけて勝利した。他にも、事前予想に反して苦戦している「トランプ・チルドレン」が目立った。

 一夜明けた9日の早朝、トランプ氏の「御用テレビ」とされる保守派のフォックス・ニュースがオンラインでこう報じた。

「多くの保守派コメンテーターが選挙結果を見て『トランプから離れる時が来た』としている」

 同じく保守派タブロイド紙、ニューヨーク・ポストは、

「不満タラタラなトランプを捨てて、デサンティス(フロリダ州知事)と戦っていく時期がきた」

 とする記事を載せた。デサンティス氏は2024年大統領選挙に立候補するとされ、予想外の大差で州知事選再選を果たしたからだ。

 どうしてトランプ氏は「大きな赤い波」(共和党が席巻する状況)を起こせなかったのか。トランプ氏は投開票日直前、15日にも「重要な発表をする」と明かし、24年大統領選挙に立候補することをほのめかしていた。支持者は歓迎したものの、逆に中間選挙への熱が薄れて足が遠のいたとする説が出ている。

■多様性を反映する勝者

 一方のバイデン大統領は9日、演説でこう表明した。

「力強い一夜だった!」

 全米では選挙の最大の焦点は「経済・インフレ」とされ、バイデン民主党の苦戦が予想された。しかし、争点は各州や自治体で異なる。ダイバーシティー(多様性)を強く反映する勝者も相次いで誕生し、各地で「歴史」の扉を開いた。多様性を重んじる多くの若い有権者が投票した表れだ。

 マサチューセッツ州では、同州司法長官モーラ・ヒーリー氏(民主)が州知事選で大勝し、全米初のレズビアン州知事、同州で初の女性知事となった。フロリダ州では、25歳のマクスウェル・アレハンドロ・フロスト氏(民主)が下院初のZ世代議員として当選。カリフォルニア州では、同州として初のヒスパニック系上院議員アレックス・パディーラ氏(民主)が勝利した。

 上院の最後の1議席は、12月にある南部ジョージア州の決選投票で決まる。2年前の上院選でも決選投票で勝利した現職ラファエル・ウォーノック氏(民主)が得票率49.4%だったのに対し、元アメリカンフットボール選手のハーシェル・ウォーカー氏(共和)が48.5%の僅差(きんさ)だったため、決選投票となった。

 ウォーカー氏は「トランプ・チルドレン」の一人。しかし、人工妊娠中絶を認めていない共和党候補でありながら、かつて交際していた女性に中絶手術を強制したというスキャンダルが浮上。さらに今回のトランプ氏への「逆風」という困難に立ち向かうことになる。

(ジャーナリスト・津山恵子=ニューヨーク)

※AERA 2022年11月21日号を一部改変