「五所川原立佞武多(ねぷた)」が4日夜、五所川原市で開幕した。青森県を代表する夏祭りの一つで、大型ねぷた3台を含む17団体が出陣した。囃子(はやし)方による勇ましい太鼓や笛の音に合わせて「ヤッテマレ、ヤッテマレ」と威勢の良い掛け声が祭りを盛り上げた。 大型ねぷたは、約70人よって引かれて練り歩く。高さ約23メートル、重さ約19トンの雄大な山車に沿道を埋め尽くした観客を魅了した。8日まで。【写真説明】津軽の夜に鮮やかに浮き上がる新作大型ねぷた「纏(まとい)」=4日午後7時半ごろ、五所川原市