青森県内は9日、台風5号から変わった温帯低気圧の接近に伴い、三八上北地方を中心に雨が降ったものの、風は弱く、同日午後9時現在で被害は確認されていない。青森地方気象台は引き続き波浪や濃霧、低温の注意報を出し、注意を呼び掛けている。 気象台によると、雨の降り始め(8日午後3時)から9日午前6時までの雨量は、六ケ所村で40・0ミリ、東通村小田野沢25・0ミリ、三沢市23・5ミリ、むつ市、野辺地町、七戸町で20・0ミリなど。 10日午前6時までに予想される24時間の雨量は、多い所で三八上北100ミリ、下北80ミリなど。 三陸沖で速度を弱めた低気圧により、同日の三八上北地方は曇りや雨が続く見込み。