13日午前8時55分ごろ、青森空港滑走路近くの誘導路にクマ1頭が現れ、滑走路が約10分間、閉鎖された。名古屋線1便の出発が約10分遅れた。 青森空港管理事務所によると、羽田発の便が同空港に着陸した際、パイロットが誘導路にクマを発見。管制塔の指示で直後に離着陸を停止した。 約10分後にクマは空港北側のフェンスを乗り越えて山林に入って行った。同空港では昨年7月にもクマが滑走路に出現している。【写真説明】青森空港内に現れたクマ=13日(青森空港管理事務所提供)