2016年にTBS「第49回日本有線大賞」、「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて大賞を受賞、さらにデビュー10年目となる2017年夏に平成生まれの女性アーティストとして初の東京・大阪2大ドームツアーが決定するなど、国民的アーティストとして幅広い世代から圧倒的な支持を集める西野カナ。

KN_Girls_JK_初回盤_SS

そんな西野カナが、7月26日にNewシングル『Girls』をリリースし、7月19日からはフル音源の先行配信を開始することが分かった。新曲『Girls』は、ときに華麗に、ときに泥臭くも、前に向かってがんばっている女性を応援する、儚くも力強い“ガールズ応援歌”となっており、がんばっている女の子の代表として、次世代を担う10代の女性アスリートを応援する「女の子は、強い。」という名のプロジェクトがスタート。各メディアや、SNSでも大きな話題を呼んでいる。

今回のスペシャルプロジェクトでは、クライマー 大場美和(19歳)、サーファー 松田詩野(14歳)、スケーター 西村碧莉(15歳)の3名とのコラボレーションが実現。西野カナ公式サイト内に立ち上がった「女の子は、強い。」特設サイトでは、各アスリートが出演し、世界を目指して頑張っている姿や、熱い想いを語ったスペシャルインタビューなどで構成された、新曲『Girls』のスペシャルバージョンのミュージックビデオが順次公開されるとのこと。本日公開された第2弾となるミュージックビデオは、世界最高峰スケートボードコンテストであるストリートリーグ最終戦「スーパークラウン世界選手権」に日本人女性として初めて出場し、5位に入る健闘を見せた、スケーター 西村碧莉が登場。西村は「この楽曲のテーマの通り、強い気持ちで撮影に臨みました。攻めた滑りを見てもらえたらと思います。」とコメントしている。

Newシングル『Girls』は、人気ゲーム「レイトン」シリーズの最新作のテーマ曲としても話題となっており、ついに7月19日(水)より先行配信が開始される。表題曲『Gilrs』だけではなく、カップリング楽曲も同時に先行配信されるとのこと。ぜひチェックしてほしい。