2017年7月20日に埼玉公演にて12枚目のアルバム『INVISIBLE』をひっさげた、全国ツアー「w-inds. LIVE TOUR 2017 “INVISIBLE”」初日を迎えた3人組ダンスボーカルユニットw-inds.。

即日SOLD OUT、満員御礼の会場にて緒方龍一(Chorus/Rap)の「梅雨明けとともに、w-inds.の夏がやって来た!」の声に、観客のボルテージは最高潮となった。更に9月27日に39枚目のシングルとして、リーダー千葉涼平(Chorus/Rap)から「ニューシングル『Time Has Gone』をリリースします!」と嬉しい発表も。

w-inds.0720ライブ写真

この『Time Has Gone』は7/14に突如YouTubeにアップされ、すぐさまTwitterトレンド入りを果たして話題を呼び、橘慶太(Vocal)による作詞・作曲・編曲・プロデュース、更にトラックダウンのエンジニアまで自身で手掛けた楽曲となっている。慶太が「実はMusic Video撮影の前夜に突然金髪にしようと思いついた」という裏話も披露。

iTunes Store・Apple Musicにて超先行配信もスタートし、合わせて新ビジュアルも公開された。10都府県全13公演となるツアーは『Time Has Gone』リリース日となる最終日9月27日に3年半ぶりの日本武道館公演でファイナルを迎える。リリース情報、ツアー詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

(C)久保永隆二