3歳から中学3年生までを募集対象とした、全国総合エンタメコンテスト「キラチャレ2017」が、7月22日(土)に中部予選(イオンモール岡崎)を皮切りにスタートした。「キラチャレ」とは「チャレンジすること。それが大事。」を合言葉に、子どもたちの夢への「チャレンジ」を応援するエイベックス・グループ主催の総合エンタメコンテスト。


募集部門は「モデル」「ダンス」「歌」「エンタメなんでも(楽器演奏、お笑い、大道芸など)」の4部門。グランプリ受賞者は、エイベックス・グループへの所属(モデル・歌部門)や1年間の無償レッスンでデビューに向けてのバックアップ。ほか入賞者には、新潮社「ニコ☆プチ」モデルになれるなど含め、計11種類の賞・特典が用意されている。これまでにキラチャレからは、集英社「Seventeen(セブンティーン)」専属モデルで女優として活躍中の飯豊まりえや、GEMの南口奈々や東京女子流のメンバー(山邊未夢、中江友梨)、声優アイドルユニットi☆Risの若井友希等が輩出されている。

初日の中部予選では、キラチャレ出身で新潮社「ニコ☆プチ」専属モデルとして活躍中の夏目璃乃、高田凛、安村真奈、前田優衣、中村紗亜也がゲストモデルとして登場。さらに、同じくキラチャレ出身で角川春樹事務所「Popteen」専属モデルの生見愛瑠もゲストとして登場。生見愛瑠は「私も初めて受けたキラチャレがここのイオンモール岡崎会場で、その時は2次審査が通過できなくて、後ろのベンチで泣いてました。でも、諦めないで「チャレンジすること」を続けていたから、今モデルとしてこのステージに立ててます!」と、憧れの眼差しを送る参加者たちにエールを送った。

キラチャレは書類選考なし。応募した全員が予選に参加できる。(各会場、対応人数の上限を超える場合は先着順によるエントリー締切となる。)