2015年3月より無期限の活動停止期間に入っているBerryz工房、そして2017年5月22日に横浜アリーナにてラストライブを行なったBuono!。日本国内のみならず世界的にも多くのファンを持つ両グループの中心的メンバーとして活躍した夏焼 雅が率いるガールズボーカルグループ・PINK CRES.(ピンククレス)が初めてのワンマンライブ「PINK CRES. 1st LIVE 〜crescendo〜」を7月23日、新宿ReNTYにて開催した。

オーディションで選ばれた小林ひかる、二瓶有加とともに結成されたPINK CRES.は、2016年8月に行なわれた夏焼のバースデーライブにて初パフォーマンスを披露。同月にBuono!が日本武道館で行なった「Buono! Festa 2016」にてグループ名が発表となり、本格的な活動を開始した。あれから約1年。6月には1stアルバム『crescendo』をリリースし、満を持しての初ライブの日を迎えていた。

BD6A0643

新宿ReNYは、700人のファンが詰めかけ超満員。DJセットが設置されたステージにはPINK CRES.のネオンロゴも掲げられ、開演の時を待つ。後世まで語り継がれることになるであろう、記念すべき初ライブ。その歴史的瞬間を共有せずにはいられない。そんなファンの熱気がフロアに一気に立ち込める。

アッパーなビートがフロアを揺らし、会場ではピンクのペンライトが揺れる。そしてこの公演のために用意された、東海地区で彼女たちのレギュラーラジオ番組「ハロドラ」の音源が流される。PINK CRES.の1stライブ終了後に収録されたという設定で番組が展開される中、夏焼の「Berryz工房時代からも経験したことがないくらい盛り上がった!」「曲がよかったってみんながアルバム買ってくれたらしいよ!」の発言に会場からも思わず笑いが起こる。

1曲目はミュージックビデオも公開されている『fun fun fun』。DJ JURIのトラックにダンサーを従えて、ついにステージへと姿を現した3人。おしゃれと恋愛、気まぐれとちょっとの自信。そんな3人の姿が浮かんできそうなガーリーチューンにオーディエンスは最初から大興奮だ。全身でPINK CRES.のサウンドを楽しんでいるファンの姿を目にして、夏焼もつい、はにかみが止まらない。

「ようこそー! 最高ですね!」と、ステージからピンクに染まったフロアを見渡す夏焼。「ピンクのペンライトが綺麗すぎて。」と二瓶。小林は「みなさん、今年一番の元気を出していってください。」とファンに呼びかける。そして「やっとワンマンライブができるということで、めちゃくちゃ嬉しくて、ドキドキが止まらなくて、昨日寝れなくて。楽しみな気持ちがすごくて。今日は最高の時間を過ごせたらいいなと思っています。夏焼 雅にしっかりついてきてください!」と、センターで意気込みを口にする夏焼だった。

今回のライブでは、1stワンマンにもふさわしく、ライブで初披露されたアルバム収録曲も多数用意されていた。まずはミドルチューン『片隅』。艶やかに、かつ、伸びやかな夏焼のボーカル、そして言葉を丁寧に歌い上げる小林と二瓶の歌声に身を委ねて、オーディエンスは心地よさそうに体を揺らす。

DJ JURIが回す強烈なEDMに乗って、二瓶が4人のダンサーとともにパワフルに、セクシーに魅せるダンスコーナー。挑発的な視線で会場を煽っていくその姿は、“PINK CRES.は夏焼 雅だけではない”と印象づけるのに十分過ぎたと言っても過言ではないだろう。

『Tell me why』『Warning〜未来警報〜』と、ソリッドなアルバム曲が次々に披露される中盤。3人は、序盤のガーリーテイストな衣装から、B系テイストを盛り込んだファッションにチェンジして、クールなPINK CRES.で会場を魅了していく。使いまわされた言葉で表現するなら「フロアがクラブと化す」という状態。ただただボルテージが高まるステージを目の当たりにして、オーディエンスは歓声を上げ、ジャンプでフロアが揺れる。一方、ゴールドのオーラを振りまくように長い髪に両手の指を通して、ダンサーからキャンディを受け取ってウインクを投げる夏焼の仕草から始まった『LOVE CANDY』(こちらもライブ初披露)では、椅子を使ったパフォーマンスで700人の視線を釘付けにする。

さらに小林と二瓶がステージに残り、カバー曲コーナーに。ここで披露されたのは、PINK CRES.に『fun fun fun』『Tell me why』『LOVE CANDY』『Summer wonderland』といった楽曲を提供し、グループのサウンドプロデューサー的な立場でもあるYUCCOが所属するPLATINUM楽曲の数々。PINK CRES.を最初から見てきたファンならわかるように、今回の1stワンマンライブで特徴的だったのは、小林と二瓶のスキルアップ。もちろんこれは本人の努力なしでは成し遂げることができないが、一方で、PINK CRES.のサウンド面をサポートするYUCCOの存在も決して小さくはないだろう。

なお、同コーナーでは、夏焼曰く「PINK CRES.の“お姉ちゃん”」でもあるキーパーソン、YUCCOもゲストとして登場。“『baby girl』へのこだわり”に加えて、レコーディング中に見せた夏焼の飽くなき探究心と向上心、本番では確実にリハーサルを超えてくる圧倒的プロ意識を紹介して会場を感心と感動に包み込む。本人は照れ隠しにYUCCOや観客から笑いを取ろうとするが、その長いまつげの奥、彼女の瞳がほのかに潤んでいるように見えたのは、ステージを照らすライトが反射していたから、ということにしておこう。

「今日ワンマンライブができたのは、みんなのおかげだよ! ありがとう!」

本編ラストナンバーは、アルバムでもラストを飾った『Summer wonderland』。PINK CRES.の夏をしっかりと感じさせるチューンに会場はタオルを振って大盛り上がり。この新しいグループが生み出したクリエイティブと眩いばかりの煌めきに、会場の誰もが心を奪われていた。

本編終了後、アンコールを求める「ピンク!(クレス!)」の声に背中を押されるように再びステージへと再び姿を見せたPINK CRES.。「20歳になるまでこの世界に入ってなかったので、歌って踊ったり、舞台に立つ人たちに憧れを抱いていた。」という二瓶は、夏焼、小林との出会いという名の奇跡から生まれたPINK CRES.への感謝の気持ちを語る。「なんでこんなポンコツ野郎が受かったのかなって思った人もいたと思うんです。」と自虐から挨拶を始めた小林もまた、「リーダーが本当にみやちゃんでよかったなって思うし、同期が、性格とかも真反対だけど、やっぱりにへでよかった。本当にメンバーに入れてよかった。みなさんに愛されるグループになりたいと思います。」と、これからの意気込みを述べる。

そして夏焼からは、サプライズで小林と二瓶に向けた手紙が読まれる。「歌もダンスもゼロからのスタートだったのに、1年でここまで成長できたのは本当にすごいことだし、大変だったと思う。“ひかる”の努力には感心させられています。天然で可愛い“ひかる”が大好きだよ。」「負けず嫌いなところが“みや”に似ているなって思います。強がりな“にへ”だけど、もっと“みや”に甘えていいぞ? いつも明るく元気で可愛い“にへ”が大好き。」と、涙まじりで夏焼が読めば、もちろん小林、二瓶からも涙が。そして夏焼は、「初めてメンバーに手紙を書いたかも……。」と、往年のファンをざわつかせるような発言で軽く笑いをとったのち、「これからも頑張ろうね。こんなリーダーですけど、ふたりにはカッコいい姿を見せたいなって思うし、いろんなところでワンマンライブができたらいいなって思いますので、これからも応援よろしくお願いします。……いやー、私、本当にふたりと出会えてよかったわ。」と挨拶を締めくくる。

そんな感動のシーンを経て披露されたのは、アルバムのリード曲であり、3人それぞれのこれまでの道のりをも歌詞に落とし込んだ『キレイ・カワイ・ミライ』。ポジティブにカラフルに歌い舞う3人にオーディエンスは大熱狂。これ以上ない熱狂の中でアンコールは終了する。

しかし、ここでさらに観客の、しかも女の子たちから再びPINK CRES.を求める「ピンク!(クレス!)」の声が。もう一度ステージに出てきた夏焼は、「ダブルアンコールありがとうございます。でもね、私たち、持ち曲がね……9曲なんですよ。」と、困った表情を浮かべてみせる。そして再び『fun fun fun』を披露。メンバーとオーディエンスによる、これ以上ないほどのハッピーなオーラに包まれて、70億分の1の奇跡とすら思えるとびきりの笑顔とともに、PINK CRES.は1stライブの幕を下ろした。