「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」が開催中の六本木ヒルズアリーナで、映画「トランスフォーマー/最後の騎士王」の公開を記念し、「公式応援アイドル決定SPライブ」が行われた。

4541_DAI_6940

今回のイベントには、テレビ朝日で毎週金曜 深夜2:55から放送中の「アイドルお宝くじ」に出演中のアップアップガールズ(仮)、PASSPO☆、SUPER☆GiRLSの3組がエントリー。映画「トランスフォーマー」にちなみ、もっとも 「トランスフォーマーらしい」ライブパフォーマンスを披露したアイドルとしてSUPER☆GiRLSが選ばれた。

「まさか自分たちが選ばれるなんて!!ただただ目の前のステージを精一杯やろう!と。目の前のお客さんと一緒に盛り上ろう!と、本番前はただそれだけしか考えていませんでした!」と話すのは、つい数ヶ月前にファンクラブの投票で選ばれた新リーダーの溝手るか。

「キラキラかわいい」に定評のあるSUPER☆GiRLSのライブパフォーマンスだが、今回は、映画「トランスフォーマー」にちなみ、「ヒーロー」「戦い」「変身」という3つのポイントが審査の基準ということで、「疾走感とかっこよさ」を意識し、『赤い情熱』『DREAM SEEKER』『ギラギラRevolution』『華麗なるV!CTORY』のメドレーで力強いステージを作り上げた。

審査を担当した東和ピクチャーズの大西氏は「それぞれが魅力的で甲乙つけ難い!」と大絶賛。SUPER☆GiRLSを公式応援アイドルに選んだ理由としては、「チームワーク、キレキレのアクション、ラストのポーズが素晴らしかった」とコメント。リーダー溝手るかの発案という、曲と曲の間にとり入れた『トランスフォーマー』の効果音、戦いを意識した歌詞や振り付け、そして最後のリフトアップが評価され、「今日のためにメドレーを作ってきてよかった!」と大喜び。副賞として進呈されたエステ券の目録を手にすると、まさかの内部分裂が勃発?の危機に。 なにを隠そう、SUPER☆GiRLSは、1期生〜3期生と加入時期がメンバー内で異なり、最年少はなんと13歳。「13歳にはエステはいらないでしょ!」「もしかして1期生で使い切っちゃうつもり?」とバチバチのトークが繰り広げられるも、最後は「SUPER☆GiRLS、綺麗に変身してきます!」と笑顔でコメントした。

舞台袖に戻ってきたメンバーは、「本当に信じられない!」「ここ最近で一番うれしい」と口々に喜んでいました。中には、「今年こそ紅白いけるのでは?」なんて発言も飛び出した。