7月に入りライブや今年初のテレビ出演など、いよいよニューアルバム『がらくた』(8/23リリース)の発売に向けて動きが本格化してきた桑田佳祐。先週金曜日にはアルバムからNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌『若い広場』が先行配信され、各配信サイトで軒並みランキング1位を記録し話題を呼んでいる。そんな『若い広場』のミュージックビデオが本日いよいよ公開された。
garakuta_shokaiA_BOX_sainyuko
今回公開されたのは、お茶の間を舞台に、時を経ても変わらぬ夫婦愛をコミカルに描く、ホームドラマ風ミュージックビデオ。

『若い広場』は、和製ドゥー・ワップのオリジナルとも評される”ザ・キングトーンズ”や「寺内貫太郎一家」などに代表される向田邦子作品からもインスピレーションを受け制作された楽曲という。そのため、今回のミュージックビデオで表現されたのはちょっと懐かしい匂いのする、昭和のホームドラマ風の世界。お茶の間を舞台に繰り広げられる人情あふれるドラマの雰囲気を感じさせ、桑田佳祐扮する“佳祐”と、その妻のありふれた日常の一場面が、回想シーンを織り交ぜながらコミカルかつダイナミックに描かれている。

物語の中で桑田が熱演したのは、昔は歌声喫茶で人気を博したほどの歌手だったものの、今はしがない労働者として晩酌のビールを楽しみに毎日を生きるオヤジ“佳祐”。主人公の過去と現実(いま)を一人二役で演じている。

そんな桑田の演じるドラマシーンは注目だが、やはり最大の見せ場は、回想シーンでの、人気歌手としてレトロな歌声喫茶にて歌唱するシーン。なんといっても歌声喫茶で50名にもおよぶお客さんたちと大合唱するシーンは必見だ。楽曲が持つ“肩寄せ合い 声合わせて”歌いだしたくなるパワーが存分に発揮されており、見ると思わず歌いたくなること間違い無し。そんな過去の輝かしい栄光の回想から現実へと引き戻され、お茶の間の世界に戻ってからクスッと笑える結末は見てのお楽しみ。長い時を経て、年をとっても、環境が変わっても、ふたりの愛だけは変わらない・・・。そんな心温まるドラマを『若い広場』の曲とともに感じてみてはいかがだろうか。

いよいよ発売まで1か月を切り、徐々にそのタイトルの真相をあらわにし始めている桑田佳祐のニューアルバム。今回公開されたミュージックビデオをはじめとし音楽ファンを喜ばせる楽しい『がらくた』な仕掛けがまだまだ用意されている模様。『若い広場』を楽しみつつ、続報に期待しよう。