アンファーが手掛ける食品ブランド「Dr.’s Natural recipe(ドクターズナチュラルレシピ)」が、TENOHA DAIKANYAMAとタッグを組み実施するイベント「Dr.’s Natural recipe × TENOHA DAIKANYAMA SPECIAL MENU COLLABORATION RECEPTION PARTY」が同所で開催され、モデルをはじめテレビなどで大活躍のマギーが登壇した。

IMG_6906

「Dr.’s Natural recipe」は “CLEANSE&EMPOWER”をコンセプトに、不要なものを排出し、必要な栄養はしっかり取り入れることで身体の内側からボディメイクできるクレンズフードを展開している。マギーが、ブランド名にちなみ、”Dr.マギー”として白衣をまとい登場。

女性としての体形について「細い女の子に憧れると思うのですが、ただ細いのは健康的でないし、食事だけ減らして栄養が足りない細さというのは全然キレイじゃないので、”心も体も健康的”を目指しています。(トレーニングは)ハードワークはしないんですけど、ストレッチ多めの運動しています。」と明かした。また最近脚光を浴び始めた腸を浄化することに言及したマギー、「ここ1,2年で”腸活”とか”腸マッサージ”とかすごい出てくるようになりますたね。ほんとうに腸って大事で、ここがダメだと全部ダメだというのを実感してます。私も毎日家で腸マッサージしてますよ。あとは冷やさないこと。夏だと毎日アイス食べたくなるんですけど、アイス食べたあとでも温かいもの飲んだりしてます(笑)。1日中水も常温ですし、2リットルくらい飲むようにしていますね。」と話した。

また、あす発売の雑誌「Numero TOKYO」(扶桑社)に掲載の”美しすぎるビジュアル”、芸術的な”くびれ美”ショットが公開され報道陣も釘付けに。「おなかを綺麗にするという、腸内環境を整えることで、くびれが目立つようなショットになってますね。それに腹筋もこだわってます。横に割れちゃうとちょっと私の中ではかっこよくなり過ぎちゃって女性らしさが減っちゃうイメージが有るので、縦にだけ(腹筋を)入れておきたいなというのと、あまり筋トレはしないで、立っている時に常におなかに力を入れておくように意識して筋肉を付けてますね。素敵に撮っていただいて、我ながら良い写真だと思います。ふふふ。」と笑顔と自信をみせた。

最後に「健康であるからこそ”美”が成り立つので、体の中を美しくすることが外側の美しさにも繋がってくるので、みなさんクレンズフードを取り入れて内側から美しくなってほしいと思います。」と「Dr.’s Natural recipe」をPRした。