NMB48が神戸ワールド記念ホールにて「NMB48 LIVE 2017 in Summer 〜いつまで山本彩に頼るのか?Revenge〜」を開催した。

_NYX3034

ニコニコ生放送でも生中継され多くのファンがライブを目撃した。今回の「いつまで山本彩に頼るのか?Revenge」は、昨年開催された山本彩を除くメンバーだけでチケット完売を目指したコンサート「いつまで山本彩に頼るのか?」が完売とならず、そのリベンジとして今回も山本彩抜きで開催するコンサートとなる。

今回、めでたくチケットは完売、晴れてリベンジを果たすことが出来たメンバーたち。MCでは、山本彩の倒し方などを議論する場面も(もちろん冗談で)あったが、誰よりもこの完売を喜んだのは山本彩だろう。

山本彩のいないコンサートは、NMB48の未来をしっかりと見せた素晴らしい出来だった。

太田夢莉は、センターやソロ曲含め様々な楽曲でその圧倒的なビジュアル力をみせつける。特にライブでキラキラと輝く笑顔は見ているものをひきつけていく。そのアイドル力の高さは日に日に覚醒していっている。

三田麻央、吉田朱里のMC力もAKB48グループの中で圧倒的なスキルを持つ。そこに、渋谷凪咲の天然を含んだMCが加わるようになり最強のスリートップとなりつつある。MCにおいてはこの3人の存在はすでに山本彩を越えていると感じるほどだ。

また、5期生の成長がしっかりと見られた。彼女たちには「山本彩に頼らない」という状況がいまいちピンとこないだろうが、それでも一人一人がパフォーマンススキルを上げ見せ場も多かった。特に山本彩加、小嶋花梨はダンススキルも高く期待ができる逸材だ。

そして何よりも白間美瑠の存在感はセンターを経験しグッと大きなものとなり、このコンサートでも大活躍。ビジュアル、パフォーマンススキル共に過去最高を更新し続ける白間には、「山本彩の後を継ぐ者」としての風格が出てきた。しかし、山本彩の焼き直しではなく、あくまで自分らしいセンターを見せてくれる予感がビシビシと感じた。初期メンバーとして着実に力をつけてきた白間には、安定した実力が備わっている。MCでも「NMB48はまだ終わらせへんで」と言い放った彼女には、しっかりとNMB48の未来を託すだけの覚悟を感じることが出来た。覚醒をした白間には、「山本彩を越える」ということよりも、新たなNMB48を作り出すことを期待したい。

最後に、卒業を発表したばかりの木下百花が「感動しました、NMB心の底から愛しているな…カッコイイなみんな。卒業したくないかも」と語り、その言葉に号泣し「なんでこんなに良いグループなんや!」と大絶叫した三田麻央、そしてその光景を微笑み、涙しながら見ているメンバーたちの姿を見て、NMB48の未来がハッキリと広がったように見えた。センター争い、総選挙と争うことが多いAKB48グループの中で、仲間たちとの絆をしっかりと再確認できたNMB48は更に結束力を高めるだろう。

この日「いつまで山本彩に頼るのか?」という前代未聞のタイトルのコンサートを見事リベンジしてみせたNMB48メンバー。ここからは、山本彩に頼るのではなく、山本彩と共に新たなNMB48を作っていくことが期待される。まだまだ、NMB48は面白くなっていきそうだ。写真(C)NMB48