男女混成ダンス&ヴォーカルグループのlol-エルオーエル-が、ファン人気投票ランキングで1位となった『hanauta』の世界観を表現したショートフィルムを公開し話題となっている。

ミュージックビデオでは、ふだんのダンスパフォーマンスを封印し、演技に挑戦。監督には、「カンヌ国際広告祭 2016」ゴールド受賞をはじめとして数々の賞を受賞している柳沢翔を起用し、「hanauta」の歌詞とリンクした感動ストーリーとなっており、幼馴染の5人がそれぞれの人生を歩む中で、道に迷い挫けた時に、ふとあの時の約束を思い出し、再会を果たすという内容になっている。

5591_hanauta1

SNSでは公開直後から、「涙が止まらない!」「感動して鳥肌がやばい」「自分も頑張ろうと思った!」など称賛の声が殺到。
ショートフィルムのストーリーに自分自身を重ねあわせて、涙を流す人が続出。すべて逆再生でストーリーが進む、前代未聞のショートムービーに注目だ。

『hanauta -short film ver.』は、テレビ朝日で展開される「シネマーシャル」(ショートフィルム(シネマ)とCMを掛け合わせた造語)のタイアップソングになっていて、8月7日からテレビ朝日で放送予定のCMにも起用されている。

ショートフィルムに数社の企業の商品をプロダクトプレイスメントし、ショートフィルムの世界観を活かした映像美と、音のクオリティを体験できる30秒のインフォマーシャルとなっている。前半15秒は各社共通の映像で、後半15秒はショートフィルムにプロダクトプレイスメントされた映像をさらに細かく展開させ、スポンサーのターゲットに対しより訴求効果を持たせる「みせるCM、楽しむCM」だ。

【hanauta(作品ストーリー 】
中学の同級生の佐藤友祐、小見山直人、hibiki、moca、honokaの仲良し5人グループ。今は、それぞれの夢を追いかけ社会人に。mocaカフェ店員、honoka中学校の先生、hibikiペンキ屋見習い。一方、夢を見つけられず、毎日混沌と過ごす引きこもりニートの佐藤友祐、喧嘩ばかりしているチンピラの小見山直人。それぞれが、仕事や夢を見つけられないことで、うまくいかない日々を過ごしている。ゲームばかりしている友祐、喧嘩に明け暮れる直人、失敗ばかり続けるhibikiとmoca、生徒に舐められているhonoka。何でこんなにうまくいかないことばかりなんだろうって思って過ごしている5人に突如奇跡が起こる。世界が逆再生して、タイムスリップしていき、中学生の自分たちに出会う。とっさに過去の自分を追いかけるうちに、忘れかけていた何かを思い出していくストーリー。夢は違えど、同じく強い想いを持った、あの頃の仲間と、みんなで歌っていた共通の歌を思い出す。過去の自分を追いかけるうちに、辿り着いたあの場所は!?1stワンマンライヴより歌い続けて、ファンと温めてきた『hanauta』に、新たなストーリーがつき生まれ変わる。感動のラストシーンを見逃すな!