東京お台場周辺で3日間にわたって開催された大型アイドルフェス「Tokyo Idol Festival 2017」と、同じくお台場で開催された日本最大級のウォーターフェス「MONSTER Slide the City」。この両フェスにCheeky Paradeが出演し、夏のお台場を熱く盛り上げた。

5791_IMG_1245

8月5日、TIF2日目の朝。メインステージでもあるHOT STAGEは「BUNBUN NINE9’」で目を覚ます。「TIFおはよー! チキパが朝から飛ばすからちゃんとついてきてね!」「HOT STAGEぶち上がっていくぞー!」と、冒頭から全力でオーディエンスと対峙する5人。もちろん、そんなチキパに応えるため、嵐のようなコールが客席側から巻き起こり、ライブというものが、ステージ上だけで出来上がるものではないことを再認識させる。そして両者が作り出した光景は、圧巻と呼ぶにふさわしい。

しかし「こんなもんじゃないでしょ? まだまだ上がっていくよ!」と、島﨑莉乃の喉が掻き切れるかのようなシャウトで『C.P.U !?』が目まぐるしく展開していく。ついてこれないファンは振り切る気満々なチキパと、むしろ振り落とすのはこっちのセリフだとばかりに、隙あらば追い抜いてやろうというファンの気迫の全面対決。夏の気温が生ぬるく感じるような熱く激しい衝突がHOT STAGEを包み込む。

その後も、『Let’s Party』『Hands up!』『カラフルスターライト』『M.O.N.ST@R』と、お台場・青海周辺エリアのどこを探しても盛り上がらない理由が見つからない楽曲ばかりを並べて、ただひたすらにチキパらしいチキパのライブを展開した。観客もこのステージには充足感で感無量だったようで、この段階で早くも「2日目の優勝は、HOT STAGEのチキパ」という声がSNSで散見できたほどだった。

一方、誰よりもメンバーが一番楽しんでいたのが「MONSTER Slide the City」のステージだった。ウォーターフェスという銘打っているとおり、このイベントでは、曲に合わせて巨大キャノンによるウォータースプラッシュ(放水)があるなど、夏を存分に感じられるようなダイナミックな演出を用意。これにはチキパもステージ裏でのスタンバイ時からテンションが上がりっぱなし。

ライブが始まると、濡れた地面の向こう側、涼しげなフェスエリアの様子を目にしながら、5人はステージをこれまで以上に声を上げて自由に暴れまわっていた。「モンスラのライブ、すごい楽しかった!!」とは、会場を後した移動車の中での渡辺亜紗美の感想である。

自分たちも楽しみ、そして観客も楽しませる。そんなエンターテインメントを展開するチキパは、8月13日には品川グランドホールにて「東京アイドル劇場プレミアム「Cheeky Parade公演」」を開催する。また定期公演は、9月16日に青山RizMで行なう。