毎年入場前後の待機列を捌く運営スタッフの案内から、キレッキレな「名言」が飛び出すコミケことコミックマーケット。過去には「あの、叶姉妹のように優雅に歩いて下さ〜い!」という名言が有名だったが、今回のコミケ92では本物の叶姉妹が初のサークル出展ということで大賑わいに。

IMG_5160

もちろんこのファビュラス&マーベラスな風が東京ビッグサイトの空気感を一変させたのは言うまでもないが、同様にコスプレイヤー文化の周辺にもいくつかの変化が確認されたためお伝えしたい。

撮影エリアで待機中の女性コスプレイヤーに撮影を依頼してみると「普段は声優として活動してるんです」「大丈夫ですよ。事務所にもOKもらってますんで」「実はこんな事務所に所属してたりします」「音楽が中心のタレント活動をしています」といった会話に繋がるケースが驚くほど増えてきたのだ。さらにそんな彼女らの何人かは、ハイクオリティな衣装に身を包みながらも、「今回が初めてのコスプレなんです」とまさかの初コスプレであることを明かしてくれた。

コミケのコスプレエリアがこのような場に変貌しつつあるのは、やはりその注目度の高さと、コミケに関しては恒例となっているコスプレイヤー画像のインターネット公開。これらの話題性を活動に繋げていこうという思いが大きくなりつつあるのだろう。

毎回海外メディアの取材クルーも多く駆けつけるコミケ、ひょっとするとこのコミケでのコスプレ活動がきっかけで世界的なブレイクというシンデレラレイヤーが誕生する日も遠くない!?